CarMeで配信中の自動車・バイクニュース

国産車で初めて車名に「GT」をつけた「いすゞ ベレット1600GT」

2018-04-19 81 CarMe 国産車で初めて車名に「GT」をつけた「いすゞ ベレット1600GT」 写真・画像

最近では古い車の価値が高まってプレミア価格が付くなど、近年まれにみる旧車ブームです。
そこで今回は旧車を語るには外せない、国産で初めてGTと名乗った「いすゞ ベレット1600GT」を紹介します。

いすゞ
続きを見る

パーキングメーターの規制時間外に駐車すると違反になる!?

2018-04-19 77 CarMe パーキングメーターの規制時間外に駐車すると違反になる!? 写真・画像

30分400〜500円が当たり前になっている都市部のコインパーキング事情。
そんななか、道路上に設置されたパーキングメーターは、ほとんどが60分300円(40分300円もあり)と、大変リーズナブルな料金設定になっています。
筆者もよく利用しますが、かねがね思うのが、規制時間が過ぎたらそこは駐車禁止になるのか?それとも、そのまま停めていても問題ないのかということです。
文・加藤久美子

続きを見る

なぜF1のタイヤ交換は2秒以内でできるのか?

2018-04-18 52 CarMe なぜF1のタイヤ交換は2秒以内でできるのか? 写真・画像

1,000分の1秒を競い合うF1レースの世界においては、ピットストップもレースの一部です。
F1のピットストップでタイヤ交換にかける時間は、たった2秒。
4本あるタイヤがたった2秒で交換できるのはなぜなのでしょうか?文・吉川賢一

F1
続きを見る

サスペンション形式でわかるSUVのキャラクター

2018-04-18 63 CarMe サスペンション形式でわかるSUVのキャラクター 写真・画像

SUVがもはや車のスタンダートと言っても過言ではないほど、その人気は高まる一方です。
コンパクトなクロスオーバーSUVから、オフロード走行を前提としたヘビーデューティSUVまで、さまざまなモデルが続々と各メーカーから市場に投入されています。
そんなSUVのキャラクターを判別したければ、サスペンションの形式を見ると良いかもしれません。
文・山崎友貴

キャラ
続きを見る

いまも多くのマニアに愛される「サニトラ」は魅力がいっぱい

2018-04-18 94 CarMe いまも多くのマニアに愛される「サニトラ」は魅力がいっぱい 写真・画像

“サニトラ”の愛称で、いまも多くのファンに愛されている日産サニートラック。
生産中止から20年以上経つ商用車なのに、一向に人気が衰えないのはなぜなのでしょうか?その人気の秘密に迫ります。
文・山崎友貴

続きを見る

もう車齢13年!? 今年、自動車税15%増しになるクルマは?

2018-04-17 73 CarMe もう車齢13年!? 今年、自動車税15%増しになるクルマは? 写真・画像

13年前といえば、クルマ業界ではレクサスが誕生し、カーオブザイヤーは『マツダ ロードスター』、RJCカーオブザイヤーは『日産 フーガ』がそれぞれ受賞するなど、華やかな時代でした。
しかし、新車登録から13年を過ぎると自動車税が15%増しになることをご存知でしょうか。
そこで今回は、13年前に登場したクルマを5台、ピックアップしてみました。
文・吉川賢一

続きを見る

各メーカーのフロントグリルの特徴は?

2018-04-17 83 CarMe 各メーカーのフロントグリルの特徴は? 写真・画像

BMWのキドニーグリル、ボルボのアタッチメントバーなど、プレミアムメーカーでは当たり前になったクルマのフロント部の意匠合わせ。
さらに最近では、レクサスのスピンドルグリルやアウディのシングルフレームグリルなど、同じコンセプトのグリルを装着するようになっています。
今回は、特徴的なグリルを付けているメーカーを、9社紹介します。
文・吉川賢一

続きを見る

フロントグリル内側にヘッドライト!? 「プジョー402」とはどんな車?

2018-04-17 5 CarMe フロントグリル内側にヘッドライト!? 「プジョー402」とはどんな車? 写真・画像

大胆な流線型のデザインが特徴的なプジョー402は、1935年にデビューしました。
オリジナリティあふれるデザインや機能は、80年の時を超えても強い個性を放っています。
そんなプジョー402とは、どのような車だったのでしょうか?文・加藤久美子

プジョー
続きを見る

中古60万円が今後値上がる!? 打算で始まった私のフィアット・バルケッタライフ

2018-04-17 76 CarMe 中古60万円が今後値上がる!? 打算で始まった私のフィアット・バルケッタライフ 写真・画像

今回は、イタリア製ライトウェイトスポーツカーを代表する車、フィアット・バルケッタを紹介。
親しい友人が突然海外赴任となり、所有していた車を引き継いでもらえないか?と依頼されたのをきっかけに私のバルケッタライフが始まりました。
文・山里真元|日本スーパーカー協会 事務局 ライティングGT代表ライター

フィアット ライフ バルケッタ
続きを見る

マイバッハG650ランドレー、メルセデス・ベンツGクラスとどう違う?

2018-04-17 34 CarMe マイバッハG650ランドレー、メルセデス・ベンツGクラスとどう違う? 写真・画像

2017年2月、人気のオフロード4WD「Gクラス」のバージョンのひとつとして登場した「メルセデス・マイバッハG650ランドレー」。
G63AMG 6×6を彷彿とさせるスタイリングで巷の話題を呼びました。
今回は、このモデルにスポットを当ててみたいと思います。
文・山崎友貴

メルセデス・ベンツ マイバッハ Gクラス
続きを見る

3点式シートベルトを世界で初めて採用した車「ボルボ PV544」

2018-04-17 48 CarMe 3点式シートベルトを世界で初めて採用した車「ボルボ PV544」 写真・画像

ボルボは高い安全性で知られる自動車メーカーで、世界に先駆けた先進の安全装備を長年にわたって世に送りだしてきました。
いまや自動車安全装備のスタンダードとなった3点式シートベルトを開発し、実用化したのもボルボです。
ここでは、3点式シートベルトが世界で初めて搭載されたボルボ PV544を紹介しましょう。
文・加藤久美子

ボルボ
続きを見る

トヨタではなく、"トヨダ"だった!トヨタ初の生産型乗用車「トヨダAA」とは?

2018-04-17 53 CarMe トヨタではなく、

豊田自動織機製作所(現在のトヨタ自動車)初の生産型乗用車が『トヨダ AA』です。
そう、発表時の社名(車名)はトヨタではなく、”トヨダ”でした。
お値段3,350円(名古屋店頭渡し)。
現在の価値に換算すると、およそ2,000万円という超高級車でした。
では、トヨダAA型とは、どんな車だったのでしょうか?文・加藤久美子

トヨタ
続きを見る

ホワイトリボンタイヤを最近見かけない理由

2018-04-16 6 CarMe ホワイトリボンタイヤを最近見かけない理由  写真・画像

タイヤの側面が白くなっている、または白いラインがぐるっと丸く入っているタイヤのことを「ホワイトウォールタイヤ」「ホワイトリボンタイヤ」と言います。
クラシックカーなどでは現在も見かけるホワイトリボンタイヤですが、これはドレスアップの一種なのでしょうか?それとも?文・加藤久美子

続きを見る

“足りない”がNA型の魅力。僕は初代ロードスターの中古車を自分好みに変えた

2018-04-16 61 CarMe “足りない”がNA型の魅力。僕は初代ロードスターの中古車を自分好みに変えた 写真・画像

マツダ・ロードスターと言えば、世界中の人々を魅了してきたオープン2シータースポーツです。
すでに4代目となっていますが、いまだ輝きを失っていないのが、初代NA型です。
そして、いまこのNA型はある話題で湧いている旬なクルマでもあるのです。
文・山崎友貴

ロードスター
続きを見る

開発車両をサーキットで走らせる。すべては「安全で良い車を作る」ために…

2018-04-16 92 CarMe 開発車両をサーキットで走らせる。すべては「安全で良い車を作る」ために… 写真・画像

覆面や渦巻き模様をペイントした開発車両が、サーキットでテスト走行している写真を、雑誌やインターネットで見かけること、ありますよね。
メーカーがわざわざサーキットで開発中の車を走らせるのには、どんな理由があるのでしょうか。
文・吉川賢一

続きを見る

8万キロ、価格50万円!コスパ最強の非日常を味わうートヨタ MR-Sの中古車を選択

2018-04-16 25 CarMe 8万キロ、価格50万円!コスパ最強の非日常を味わうートヨタ MR-Sの中古車を選択 写真・画像

私はずっと2シーターの車に憧れを抱いていました。
そこには、利便性を排除し、走りに特化された車へのロマンがあります。
そんな2シータースポーツカーの中で、私が最初に選んだのは、トヨタが打倒マツダ ロードスターを目指して開発したこのMR-Sです。
文・山里真元|日本スーパーカー協会 事務局 ライティングGT代表ライター

トヨタ mr-s
続きを見る

【高山正寛のテレマティクス Now!】キャデラックXT5クロスオーバー、初期とは比較にならない「CUE」の大幅な進化

2018-04-13 87 CarMe 【高山正寛のテレマティクス Now!】キャデラックXT5クロスオーバー、初期とは比較にならない「CUE」の大幅な進化 写真・画像

キャデラックXT5クロスオーバーは大ヒットモデルとなったSUV「SRX」の実質後継モデルである。
このSRX、2012年にキャデラックの新しいインフォテインメントシステムである「CUE(Cadillac User Experience)」が搭載されたが、続くATSにも搭載された日本仕様には本国仕様と比較しても機能がかなり限定されていたことを記憶している。
特にナビゲーションシステムに関しては汎用性

キャデラック XT5クロスオーバー
続きを見る

高速道路の看板で見かける「 i 」マーク。これってなに?

2018-04-13 67 CarMe 高速道路の看板で見かける「 i 」マーク。これってなに? 写真・画像

ピクトグラムという言葉をご存知でしょうか?馴染みのあるところだと、デパートや駅などのトイレの案内板に描かれてる人形のマークのことです。
文字よりも視覚的に表現することで、情報をわかりやすく誰にでも伝えるものです。
そのピクトグラムは、高速道路でも目にすることがあります。

続きを見る

小さいクルマの魅力がここにある。

2018-04-13 18 CarMe 小さいクルマの魅力がここにある。 写真・画像

大きなクルマはいいものだ。
これに関して、全く異論はありません。
例えばエンジンの排気量一つとっても、昨今のダウンサイジングエンジンもなかなかよく走りますが、フィーリングや、ゆとりの面ではどうしても埋めがたいものも感じています。
大きなエンジンを積んで、大きなボディのクルマで流す。
これは何にも代えがたい心地よさがあるものです。
しかしコン

続きを見る

今こそもう一度見つめたいオリジナル・ゲレンデ

2018-04-13 91 CarMe 今こそもう一度見つめたいオリジナル・ゲレンデ 写真・画像

メルセデス・ベンツ Gクラスが約40年ぶりにモデルチェンジというニュース。
ロングライフモデルがモデルチェンジするときに、嬉しさと共に寂しさも感じますが、「ついにその時が来たか」という気持ちの方が強かったというのが正直なところです。
文・中込健太郎

続きを見る

走行中、室内灯を点けたら違反になの?【CarMeクイズ動画】

2018-04-12 107 CarMe 走行中、室内灯を点けたら違反になの?【CarMeクイズ動画】 写真・画像

自動車を運行中、室内灯(ルームランプ)を消すのは一般的な常識になっていますが、物を落としたり、地図を見たいときなど、やむを得ず室内灯を点けたい時もあるでしょう。
走行中に室内灯を消すのは、どのような理由があるのでしょうか?また、違反になるのでしょうか?

続きを見る

マルチリンク式サスペンションのメリット・デメリット

2018-04-12 17 CarMe マルチリンク式サスペンションのメリット・デメリット 写真・画像

マルチリンク式サスペンション(以下マルチリンク)は、サスペンション形式のひとつです。
ダブルウィッシュボーン式に比べ、マルチリンクはアームの本数を増やし、それぞれのリンクへ機能を分担させた設計がなされています。
では、このマルチリンクにはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。
文・吉川賢一

続きを見る

キャンピングカーで走行中、ベッドで寝ていてもいいの?【CarMeクイズ動画】

2018-04-12 14 CarMe キャンピングカーで走行中、ベッドで寝ていてもいいの?【CarMeクイズ動画】 写真・画像

快適に車中泊を楽しめることが魅力のキャンピングカー。
小さなお子さんがいるご家庭では、深夜の移動などにはキャンピングカーで寝かせながら走りたい…という人もいるのではないでしょうか?でも、それって違反ではないのでしょうか。
今回は、キャンピングカーのベッドのお話です。

続きを見る

眠くなりがちな高速道路には、さまざまな工夫がされていた!

2018-04-11 47 CarMe 眠くなりがちな高速道路には、さまざまな工夫がされていた! 写真・画像

高速道路の良い点は、基本的に交差する道路がなく、一般道よりも速い速度で目的地まで移動できることです。
その反面、運転が単調になりがちで、ときには睡魔に襲われることがあります。
そんな万が一のために、日本の高速道路にはドライバーを眠気から覚ますある工夫が盛り込まれているのです。

続きを見る

ルームミラーの切り替えレバーってどう使うの?

2018-04-11 81 CarMe ルームミラーの切り替えレバーってどう使うの? 写真・画像

ルームミラー(バックミラー)は、運転時に後方確認で重宝する安全装備の一つです。
そのルームミラーをよく見ると、下に小さなレバーのようなものが付いています。
これは、なんのために付いているのでしょうか?

ミラ
続きを見る

ナンバープレートに「お・し・へ・ん」が使われない理由

2018-04-11 54 CarMe ナンバープレートに「お・し・へ・ん」が使われない理由 写真・画像

小型自動車や大型自動車(以下、普通自動車)、軽自動車のナンバープレートには4桁の数字が記載されていますが、その数字の前にひらがなが表示されています。
これは登録者の使用用途を表すもので、各用途ごとに使用できるひらがなが割り振られています。
しかし、使用されていないひらがながあることをご存知でしょうか?

続きを見る

なぜ昔はフロントガラスが2分割式だったのか

2018-04-11 75 CarMe なぜ昔はフロントガラスが2分割式だったのか 写真・画像

黎明期の自動車には、フロントガラスがありませんでした。
その後、ゴーグルを使用する時代を経て、1900年以降にフロントガラスが採用され始めます。
そんな古い時代の車のフロントガラスをみると、上下や左右に2分割されていますが、これはなぜでしょうか?

続きを見る

日本では見かけないけど、ヨーロッパではよく見るクルマ

2018-04-11 9 CarMe 日本では見かけないけど、ヨーロッパではよく見るクルマ 写真・画像

日本から遠く離れたヨーロッパには、たくさんの文化、価値観があります。
そのヨーロッパを走るクルマにも多様性があり、日本ではあまり見かけないクルマがたくさん走っています。
今回は、そんなクルマたちに注目してみます。
文・吉川賢一

ヨーロッパ
続きを見る

ブレーキを踏むと聞こえる「ガタガタ」「グワングワン」音について解説

2018-04-11 21 CarMe ブレーキを踏むと聞こえる「ガタガタ」「グワングワン」音について解説 写真・画像

クルマは、乗っていても乗っていなくても劣化は進み、いたるところにその影響が出てきます。
特に気を付けなければならないのが、ブレーキング時の異常振動や異音です。
一般にブレーキジャダーと呼ばれるこの現象が出ていたら、愛車はすでに危ない状況なのかもしれません。
文・吉川賢一

続きを見る

半世紀の歴史を持つハイラックス

2018-04-10 91 CarMe 半世紀の歴史を持つハイラックス 写真・画像

今年で誕生から50周年を迎えるピックアップトラック「ハイラックス」。
昨年には久しぶりに日本市場にも導入されて、各方面で話題を呼んでいます。
今回は、世界で活躍する名車ハイラックスの足跡を辿ってみましょう。
文・山崎友貴

ハイラックス
続きを見る