マイカーリースを料金比較|2021年版のおすすめマイカーリース9選

2021-05-09 21:29

マイカーリースを料金比較|2021年版のおすすめマイカーリース9選

新車を購入せずに月々一定金額を払うだけで車に乗ることができる「マイカーリース」。トヨタのKINTOを初め多くのマイカーリースが存在します。おすすめのマイカーリースやマイカーリースの比較、それぞれのマイカーリースの違いなどを徹底解明。マイカーリース選びにお役立てください。

マイカーリースを料金で徹底比較

GoAutoコメンター
車は所有する時代から、借りる時代になってきています😏
GoAutoコメンター
住宅と同じように購入するのか?賃貸にするのか?車にも車を定額で賃貸する「マイカーリース」のサービスが多く存在します🤓
GoAutoコメンター
今回は、実際に車を借りよう❗️と思っている人向けにカーリースの会社を料金を軸に比較していきます。兎に角カーリースのサービスが多くて選ぶのに困ってしまう・・そんなお悩みを解消するために料金を調べて比較してみました⭕️

車を定額で借りる「マイカーリース」の選び方。新車だけでなく中古車や輸入車を借りることができるカーリースなどさまざまなニーズに対応しているカーリースを厳選してご紹介します😉

マイカーリース比較一覧表

人気のマイカーリースを料金やリース期間、リースできる車種などわかりやすく比較表にまとめてみました😉
実際にどのマイカーがおすすめなのかは、比較表の後に各カーリース毎の特徴をまとめています。
注)マイカーリースは、プランやオプション、内容によって料金が変動するため、料金比較をする場合、乗りたい車種を決めてから、各カーリースのページでオンライン見積もりをしてから比較することになります。

カーリース 月額料金※1 支払い方法 リース期間 取扱車種 年式 サービス内容 提供元
KINTO33,000円〜毎月定額
ボーナス併用可
3年/5年/7年レクサス/トヨタ新車税金/車検/保険/メンテナンス費KINTO
コスモMyカーリース21,560円〜毎月定額3年/5年/7年国内メーカー(約170台)新車・中古車税金/車検/自賠責保険COSMO
定額カルモくん12,760円〜毎月定額1年〜11年国内メーカー(約130台)新車・中古車税金/自賠責保険ナイル
MOTAカーリース11,550円〜毎月定額
ボーナス併用可
5年/7年/11年国内メーカー(約150台)新車税金/自賠責保険MOTA
SOMPOで乗ーる20,900円〜毎月定額3年/5年/7年国内メーカー(約300台)新車税金/車検/メンテナンス費DeNA
リースナブル22,500円〜毎月定額
ボーナス併用可
3年/5年国内メーカー(約35台)新車税金/自賠責保険三和サービス
カーコンカーリース15,290円〜毎月定額
ボーナス併用可
7年/9年国内メーカー/輸入車(中古)新車/中古車税金/自賠責保険/車検代カーコンビニ倶楽部
ORIXカーリース20,570円〜毎月定額5年/7年/9年国内メーカー新車/中古車税金/自賠責保険/車検代/オイル交換ORIX
ニコニコマイカーリース22,770円〜毎月定額
ボーナス併用可
5年/9年国内メーカー新車/中古車税金/自賠責保険MIC

※1
月額料金は、リースする車種・期間・ボーナス併用払いの条件で変動します。
契約期間が長く、ボーナス併用なしの場合の料金で一番安い車種の場合の月額利用料金で記載しています。
料金やサービスの詳細については、内容を保証するものではございません。
最新の価格や情報については、公式サイトにてご確認ください🙇‍♂️

マイカーリースおすすめ人気ランキング9選

自動車を所有する時代から借りる時代になってきた中で人気と注目を集めている「マイカーリース」😉 車を購入しないで、毎月定額のお金を払うだけで新車や中古車を借りることができる便利なサービスです✌️
新車を買うためには多額のお金が必要なイメージがありますが、カーリースなら、毎月決まったお金を払うだけで新車に乗ることができるので若者を中心に車を借りる人が増えている今、人気のサービスです。

車を借りることができるカーリースは多くのサービスがあります。
それぞれのサービスは特徴があって、リースの条件が違っていた入り、サポートの内容に違いがあったりと、一見するとどのカーリースが自分にあっているのか分かりづらいです😭
各サービスも必死に特徴を出すために試行錯誤しているため仕方ないですが、ちょっぴりわかりずらかったりするので、その点も踏まえてご紹介していきます😉

カーリースのサービス内容は各サービスで特徴がありますが、毎月決まったお金を払うだけで、新車に乗ることができます。
初期費用がかかることはありません。 車が到着した月から毎月決まったお金を払えば車を持つことができます。

サービス内容の中には自動車を所有した場合に別途必要となる自動車税・車検代・自賠責保険・メンテナンス代など含まれている場合や、オプションで追加できる場合があり、
どのカーリースのサービスがお得なのか比較するにはめちゃくちゃ大変な感じがあります。

マイカーリースを決める際に重要なのは、サービスを比較する前に実際に手に入れたい車がどういったサービスで借りられるのかという点で考えた方がわかりやすいです☝️
なので、まずは乗りたい車種を決めてしまうことが重要です❗️ 予算的も考慮して新車なのか中古車なのか 新車が乗りたいのか、コスパ重視で中古車にするのか決めて、
軽自動車なのかミニバンなのか、メーカーや車種はどれかを先に決めておくと、比較検討する時に便利です😉

車の車種が決まってしまえば、あとは、複数のカーリースサービスでオンラインの見積もりを取ることで毎月の支払額やサービスを確定させることができます。

KINTO

💡 おすすめポイント
レクサス・トヨタ車に限定されていますが、
自賠責保険・保険料・メンテナンス・車検代が含まれています。
全国のトヨタ・レクサス系列の店舗で対応してもらえることも大きな特徴です😉
申し込みや審査まで全てWebで契約することができるのでご自宅から申し込むだけでトヨタ・レクサスの新車を手に入れることができます。

取扱車種 トヨタ・レクサス
リース期間 3年・5年・7年
支払い方法 毎月定額・ボーナス払い併用可
税金 自動車税・重量税・登録諸経費
保険 自賠責保険・任意保険・車両保険
メンテナンス 車検代・メンテナンス費
※最新のサービス内容は、公式サイトにてご確認ください。
気になるKINTOの評判

KINTO公式で詳細を見る

⚠️注意事項
納車までに1.5ヶ月から4ヶ月ほどかかる車種があるので、早めに決めて申し込みをすることをオススメします。

コスモMyカーリース

💡 おすすめポイント
テレビCMでもお馴染みのコスモMyカーリース
ガソリンスタンドのコスモが運営しているカーリースだけに近くのガソリンスタンドで申し込みからメンテナンスの相談など全て受けることができます。
さらにガソリンスタンドならでわのサービスでコスモ石油での割引サービスが受けられるのでガソリン代の節約にもなります。 料金やサービスプランも車の使用頻度に合わせて選びやすくなっています😉

取扱車種 国内メーカーの新車・中古車
リース期間 3年・5年・7年
支払い方法 毎月定額・ボーナス払い併用可
税金 自動車税・登録諸経費 ※(自動車重量税はパック内容に依存)
保険 なし(自賠責保険はパック内容に依存)
メンテナンス なし(車検代・メンテナンス費はパック内容に依存)
※最新のサービス内容は、公式サイトにてご確認ください。

コスモMyカーリース公式で詳細を見る

⚠️注意事項
契約するパックの内容によっては、保険やサービスのメンテナンスがつかないため、リース代とは別に自己負担で加入する必要があります。

定額カルモくん

💡 おすすめポイント
リース期間を1年から11年の間で設定することができます
実店舗を持たないネットサービスなので、24時間申し込みができます。
オペレーションは、専任のコンシェルジュが担当して申し込みから車の自宅宅配まで手配してくれます。

取扱車種 国内メーカーの新車・中古車
リース期間 1年から11年
支払い方法 毎月定額
税金 自動車税・自動車重量税・登録諸経費
保険 自賠責保険
メンテナンス 3種類のメンテプランから選択
※最新のサービス内容は、公式サイトにてご確認ください。

定額カルモくん公式で詳細を見る

⚠️注意事項
実店舗を持たないため、お近くの取次加盟店が納車やメンテナンスを担当してくれます

MOTAカーリース

💡 おすすめポイント
契約終了時にそのまま車が自分のものになります。 そのため、走行距離の制限がなく車を利用できることができます。
乗り慣れた愛車をそのままもらうことができるので、カスタムしていくことも可能です。

取扱車種 国内メーカーの新車・中古車
リース期間 5年・7年・11年
支払い方法 毎月定額・ボーナス払い併用可
税金 自動車税・自動車重量税・登録諸経費
保険 自賠責保険
メンテナンス オプションで選択ができます
※最新のサービス内容は、公式サイトにてご確認ください。

MOTAカーリース公式で詳細を見る

⚠️注意事項
契約期間中の乗り換えやキャンセルができません。

SOMPOで乗ーる

💡 おすすめポイント
車に乗る頻度に合わせたプランが選べる DeNAが行っているカーシェアサービス「AnyCa」でリース車両をシェアリングすることも可能です

取扱車種 国内メーカーの新車・中古車
リース期間 5年・7年・11年
支払い方法 毎月定額・ボーナス払い併用可
税金 自動車税・自動車重量税・登録諸経費
保険 自賠責保険・任意保険
メンテナンス オプションで選択ができます
※最新のサービス内容は、公式サイトにてご確認ください。

SOMPOで乗ーる公式で詳細を見る

⚠️注意事項
基本的に任意保険への加入分も月額費用に含まれます。

リースナブル

💡 おすすめポイント
納車スピードが圧倒的に早い 新車在庫があるので、比較的早い納車が可能です😉
ただし、在庫があるので細かなオプション設定をした場合は納車が遅くなります。

取扱車種 国内メーカーの新車・中古車
リース期間 3年・5年
支払い方法 毎月定額・ボーナス払い併用可
税金 自動車税・自動車重量税・登録諸経費
保険 自賠責保険
メンテナンス オプションで選択ができます
※最新のサービス内容は、公式サイトにてご確認ください。

リースナブル公式で詳細を見る

⚠️注意事項

カーコンカーリース

💡 おすすめポイント
契約満了時に車が自分のものになる 契約はWeb完結で申し込みから審査など行うことができます。国内メーカーの新車から中古の輸入車まで幅広い車のラインナップがあり、福祉車両のような特殊な車両の取扱もあります。

料金設定は、細かなオプションをつける・つけないで選択することができます。
車種やこだわりがなければ最短14日でスピード納車もできます。

取扱車種 新車・中古車
リース期間 7年・9年
支払い方法 毎月定額・ボーナス払い併用可
税金 自動車税・自動車重量税・登録諸経費
保険 自賠責保険
メンテナンス 車検代、オプションで選択ができます
※最新のサービス内容は、公式サイトにてご確認ください。

カーコンカーリース公式で詳細を見る

⚠️注意事項
7年以上の長期で車の所有したい人に向いています。

ORIXカーリース

💡 おすすめポイント
新車・中古車・商用車までさまざまな車種から選べる オリックス自動車は、カーリースが個人に普及する前から法人向けにカーリースを提供してきた会社です。
契約開始から2年経過で他の車種に乗り換えを行うこともできるので、家族構成の変化に応じて柔軟に車を変更することができます。

取扱車種 新車・中古車
リース期間 5年・7年・9年
支払い方法 毎月定額
税金 自動車税・自動車重量税・登録諸経費
保険 自賠責保険
メンテナンス 車検代、オプションで選択ができます
※最新のサービス内容は、公式サイトにてご確認ください。

ORIXカーリース公式で詳細を見る

⚠️注意事項

ニコニコマイカーリース

💡 おすすめポイント
軽自動車のリースがリーズナブル 契約終了時の車両の想定価格を値引きしておくことで低価格の月額費用を実現。
そのため、走行距離の制限や定期点検の費用が含まれます

取扱車種 新車・中古車
リース期間 5年・9年
支払い方法 毎月定額
税金 自動車税・自動車重量税・登録諸経費
保険 自賠責保険
メンテナンス 車検代、オプションで選択ができます
※最新のサービス内容は、公式サイトにてご確認ください。

ニコニコマイカーリース公式で詳細を見る

⚠️注意事項
契約終了時の車両の走行距離や状態などの条件があるので契約前に確認しておく必要があります。

マイカーリースのメリット

今人気のマイカーリース、さまざまなサービスが出ていて、利用者も増加している人気のサービスです😉 メリットもたくさんありますので、購入ではなくマイカーリースを選ぶ際のメリットについて確認していきましょう⭕️

料金

まとまった頭金や購入時の初期費用のための金額が月額費用になるため必要ありません。
月額料金を支払う能力さえあれば、車を借りることができます😉
毎月の料金が明確なので、1年を通して資金運用が楽です。
車を所有した場合、税金のタイミングに合わせて出費がかさんだり、車検のタイミングで費用やメンテナンス代などの費用がかかるケースがありますが、
リースの場合、月額料金に含んでしまうことで毎月いくら支払えば良いのか明確になります😉

車の維持費管理が面倒な人には最適

保険やメンテナンス

自賠責保険への加入や、場合によっては任意保険、車両保険への加入と費用も含まれるカーリースがあります。
この場合、保険選びや保険等級などカーリースとはいえ、個人で加入する任意保険の手配や支払いを気にする必要がなくなります。

メンテナンスはオプション設定されているケースが多いですが、車を維持する上で必要となる車検、オイル交換、定期検査など新車を購入した際に実施される内容と同じようなメンテナンスをあらかじめ申し込んでおくことで一定の金額を払うだけで車の状態を維持しておくことができます😉

特に新車を購入するとなると、資金が足りなくて購入に踏み切れずに中古車を選んでしまっていた時代でしたが、 現在では、若者を中心に、カーリース(月額費用)なら車を借りることができる人も増えています。
今まで若者の車離れの原因の1つに費用と維持費があげられていましたが、カーリースは車を手軽に乗る方法としては最適かもしれません。

マイカーリースのデメリット

マイカーリースにもデメリットがあります。各マイカーリースのサービスページや見積もり・申し込みの際に注意事項が記載されていますのでしっかりと確認しましょう。 ただ少し複雑なので、マイカーリースのデメリットについてまとめてみます😉

自動車の返却

マイカーリースには、利用期間が決まっています。
例えば、3年間契約の場合、契約期間が終了した場合に車を手放す必要があります。
手放すタイミングで次の車の手配や契約を済ませておく必要が出てきます。

カーリースのサービス内容によっては、契約期間終了とともに自分の車にすることができるサービスもあるので、
今回のカーリースでそのまま自動車を長期的に保有しておく意志がある場合は、申し込みのタイミングで確認しておきましょう

契約期間

マイカーリースには、契約期間が決まっていて、月額料金が決まっています。
契約期間の途中で解約・返却・乗り換えをすることができるようになっていますが、
途中解約の際に必要となる費用が別途発生するため、申し込みの際に途中で解約した場合や乗り換えの必要が出た場合の内容についても確認しておきましょう。

走行距離・返却時の車両状態

マイカーリースは、契約期間が終了するとリース会社に返却され、そのまま中古車として販売されたり、再びリース車両として活用されたりします。
そのため、リース契約が終了した際の車両の状態を想定してリースが行われています。
そのため、リース期間中の走行距離の上限が設定されており、上限をオーバーする場合には契約終了時に別途走行距離に応じて精算する必要があります。 契約時に実際の使用状況に合わせて走行距離の上限以内か確認しておきましょう
同様に契約返却時に車の状態が悪いと、請求されます。(賃貸アパートのように退去時にあまりにも状態が悪い場合に請求される事と同じことがあります)

自動車を購入した場合、走行距離や車両の状態がよければ、買取価格が上がる場合がありますが、リースの場合、全然乗らなくて状態が綺麗でもお金が戻ってくることはありません。

車両のカスタム

3年・5年と比較的長い期間、車を借りていることになります。
その感、車をカスタムすることはできますが、返却しなければならない車両の場合、車の状態を借りた時の状態に原状回復して戻す必要があります。

事故・全損・修理代

車につきものなのは事故です。
カーリースとはいえ、保険の加入状況と保険で適応される保証について確認が必要です。
各サービスのQ&Aページやサポートでも親切に教えてくれます。

基本的に、事故は万一発生した場合のことなので、基本的に全損してしまった場合は、途中解約となり、契約期間に合わせた請求や支払いが発生する場合もあれば
車両保険など自動車保険でまかなうこともできます。
ただし、事故を起こした場合、保険が適応された場合でも免責として5万円、10万円、15万円などの自己負担金が必要となります。

マイカーリースの選び方

マイカーリースのサービスを選ぶ前に目的を決めておきましょう☝️

マイカーの目的

使用目的:通勤(毎日)、土日のみ、仕事利用
年間の走行距離:1万km、2万km、3万km
乗りたい車種:ボディタイプ、車種
契約期間:2年・5年・7年
家族構成:家族の成長に合わせて車種変更の予定はないか?
駐車場:駐車スペースはあるのか?駐車スペースに希望の車は入るか?

このように、マイカーを利用するシーンを決めておきましょう😉
夏休みで旅行に行く時くらいしか使わない場合は、レンタカーや1ヶ月単位の短期リースを検討しましょう☝️

具体的に車種を決めていきます💨

最新の車種(新車)を希望する場合、どの車種が良いか決めます。
マイカーリースの場合、オンラインで申し込みをおこないますが、新車の場合は、グレードの選択、色の選択、オプションの選択など新車を購入する際と同じフローで付属品などを決めていきます。
そのため、サイトに出ている金額よりもオプションやグレードを追加した分、料金が上がっていきます。

マイカーリースならではのメリットとしては、車の色やグレード・オプションなどは、数年後に車を売却する際の査定に影響が出ますが、市場では不人気な色の車を選択しても、契約終了の際に影響が出ません。
そのため、ここぞとばかりに普段は無難な色の車しか選択できていなかった人も本当に好みの色の車を購入することができます😉

ワンランク上の車に乗りたい、短期間で乗り換えしながら新車を乗り続けたい❗️
そんな贅沢なニーズに答えられるのもマイカーリースの良いところです。

主に国内メーカーの新車が中心ですが、輸入車のリースを行っているディーラーやマイカーリースの会社もあるので探してみてください。
ただし、国産車よりも比較的料金が高く、メンテナンスの費用も高いケースが多いです。

予算的に厳しい場合は、同様の車種の中古車でカーリースをすることもできます。
中古車の場合は、新車の場合と違って、既に現車があるので、車の色やオプションなどを変更することはできません。

ここまでの項目を決めたら、
マイカーリースのサイトを検索して探し、オンラインで見積もりをとってみましょう。
新車の場合は、オプションや選択内容によって金額が変わるのでまずは見積もりをします。

計画的にマイカーリースを活用したい人は、月額定額制にしてボーナスの併用を組まない方が家賃のようにわかりやすく管理することができます。
現在の資産状況といついくら必要になるのか確認しておきましょう😉

車検や保険、税金が含まれていない場合、突如として費用が必要になってくるので、全てコミコミの価格で見積もると良いと思います。
目先の安さばかりに拘ってしまうと、都度必要となる資金繰りに困難になってくる場合もあるので注意が必要です。

月額定額制とはいえ、車を借りることは大金がかかるサービスになるので、わからないこと、不明なことはサポートセンターにしっかりと確認しておきましょう☝️

愛車の売却方法

マイカーリースは、申し込みから納車まで数ヶ月かかります。
そして、新車購入とは違い下取り下取り値引きのような精度はありません。
なので、今ある車は買取してもらう、買取されない年式の車両であれば廃車の買取をする必要があります。

▼ 業者に車の買取を希望の方はこちら







▼ 個人売買で車を高く売りたい人はこちら



▼ 廃車を希望する場合はこちら


まとめ

今回は、今若者を中心に人気が高まっている「マイカーリース」を比較形式でご紹介しました😉
最新の情報や、キャンペーンなどの開催によってはお得なサービスがある場合がありますので、各カーリースのページにて最新の情報をご確認の上、ご自身に一番あったカーリース会社を選んでみてください😉

気になるニュースの詳細はこちら👇

詳しく記事の内容を見る

2021-05-09 21:29 935 BestBuy GooAutoのニュースまとめ

全角30文字以上4000文字以内

関連ニュース

【動画】車・バイクニュース

【動画だから100倍楽しめる】YouTube車・バイク動画(すべて見る)

見て楽しむニュース

【動画だから100倍楽しめる】見て楽しむ車・バイクニュース(すべて見る)

【速報】車・バイクニュース

完全無料で話題の車・バイクニュースがすぐに読める(すべて見る)

【話題】今話題の動画

SNSで1000いいね!以上の話題の動画(すべて見る)

掲載依頼

ニュース掲載希望は、こちら

GooAutoのRSS配信はこちら

RSS