【レースフォーカス】2020年を教訓に精神面を強化。クアルタラロは2連勝でも同じ轍は踏まず/MotoGP第3戦ポルトガルGP

 ファビオ・クアルタラロ(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)は第2戦ドーハGPと第3戦ポルトガルGPで続けざまに表彰台の頂点に立った。けれど、クアルタラロにとっては2連勝してシーズンを始めた2020年と同じではない。環境やバイクだけではなく、自身の進化があった。  ポルトガルGPの決勝レースで、クアルタラロはポールポジションからスタートした。しかしスタートでは一時後退。6番手から再び少しずつ追い上げ、9周目にはトップに浮上した。  そのペースは後半に入っても落ちず、クアルタラロと2番手のアレックス・リンス(チーム・スズキ・エクスター)はかわるがわるファステストラップを叩き出した。最終的にファステストラップはリンスが18周目にマークした1分39秒450。2020年最終戦でミゲール・オリベイラ(レッドブル・KTM・ファクトリーレーシング)が記録したタイムを、約0.4秒も更新するも

気になるニュースの詳細はこちら👇
詳しく記事の内容を見る

2021-04-20 08:05 100
AUTO SPORT webのニュースまとめ

ストーリー動画で見る

MotoGP
フォーカス