VF750加速不良について 当方現在、不動車のvf750

V60に関する質問

VF750加速不良について 当方現在、不動車のvf750マグナ(1982年式、走行6万キロ)を整備しています。
キャブをOHしエンジン始動、60キロまでは出るのですが、それ以上どのギアでも回転も上がらず、加速せず、体感としてガス欠時のような症状です。
また回転の落ちが悪く、逆に高回転からアクセルオフすると一気に回転が落ち、エンストしてしまいます。
以上より高速域で薄いと判断したのですが、プラグはすべて真っ黒、リアバンク1気筒に至っては濡れています。
当モデルは電磁ポンプによるガス吸い上げでの供給のため、その不良かと思いましたが(エンスト後、しばらくセルを回さないとクスンともこないため)上記プラグ状況のため、この線も薄い気がします。
OH時、パイロットエアスクリューのみ外すのを失念し、その経路の詰まりの可能性が濃厚ではありますが、正直高回転域に影響があるのか不明です。
自分自身、マルチエンジンは初でV4の整備知識も乏しいです。
お詳しい方、知恵をお貸しいただけませんでしょうか。
よろしくお願いいたします。

V60に関する回答

アクセル開度が少ない部分スロー系のセッティングから見直しましょう。
症状からして アクセル低開度部分のガスが濃すぎる→アイドリングが下がる症状が出る→無理やりアイドリングを上げている→すぐにカブル→点火不良で全域パワーダウン と考えます。
パイロットスクリューで混合気を薄い方に→アイドリングが上がる→アイドリング調整で回転を下げる→繰り返す 低開度の調整が合えば、中高開度部分のセッティングに移りますが、この時点で症状が治まる場合がほとんどです。

タグ  V60
回答日 2016-11-20 19:07:22
スポンサードリンク

V60に関するニュース

V60に関するQ&A

V60に関する他のよくある質問