MotoGP第4戦スペインGP:初日総合トップはバニャイア。前戦で右鎖骨を痛めた中上は6番手につける

 MotoGP第4戦スペインGPのフリー走行1回目、2回目がヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエトで行われ、MotoGPクラスはフランセスコ・バニャイア(ドゥカティ・レノボ・チーム)が初日総合トップタイムをマーク。中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)は6番手、マルク・マルケスは16番手で初日を終えた。  スペインGPには、ホンダのテストライダー、ステファン・ブラドル(ホンダ・HRC)がワイルドカードとして参戦。そして前戦ポルトガルGPのフリー走行3回目で大クラッシュを喫したホルヘ・マルティン(プラマック・レーシング)の代役として、ティト・ラバットが参戦する。  フリー走行1回目は気温15度、路面温度19度のドライコンディションで始まった。序盤から上位につけていたのはアレイシ・エスパルガロ(アプリリア・レーシング・チーム・グレシーニ)。ファビオ・クアルタラロ(モンスターエナジー・ヤマハM

気になるニュースの詳細はこちら👇
詳しく記事の内容を見る

MotoGP第4戦スペインの関連記事まとめ
F1第4戦スペインGP(バルセロナ)の関連記事まとめ

2021-04-30 22:15 187
AUTO SPORT webのニュースまとめ

ストーリー動画で見る

MotoGP