自動車ニュース

トヨタ「アルファード/ヴェルファイヤ/シエンタ」、レクサス「RX200t/RX450h」がリコール。駐車ブレーキ作動せず他

2018-05-23 19:50 閲覧数:90 トヨタ「アルファード/ヴェルファイヤ/シエンタ」、レクサス「RX200t/RX450h」がリコール。駐車ブレーキ作動せず他

自動車ニュースサイト・Responseより、トヨタ「アルファード/ヴェルファイヤ」にリコール。 リコールの内容としては、電動パーキングブレーキに不具合があるとして、電動パーキングブレーキにおいて、制御用コンピュータ電源回路の異常検出プログラムが不適切なためにバッテリが劣化しているとアイドリングストップから再始動する際の電圧低下を異常と判定することがあるとのこと。 そのため、警告灯が点灯して、電動パーキングブレーキが作動しないおそれがあるとしてリコールを発令。 リコールの対象となるのは、2014年12月8日~2018年2月26日に製造された「アルファード/ヴェルファイヤ」の2車種で計35,213台がリコールとなります。 改善措置としては、全車両、制御プログラムを修正、リコール作業を行うとのことです(不具合24件・事故0件)。 続いては、トヨタ「シエンタ」とレクサス「RX200t/RX450h」にもリコール。 リコールの内容としては、エアバッグセンサに不具合があるとして、エアバッグ制御システムにおいて、加速度センサ内ICチップの製造条件が不適切なためにIC内部で断線することがあるとのこと。 そのため、エアバッグ警告灯が点灯しエアバッグが正常に作動できないおそれがあるとしてリコールを発令。 リコールの対象となるのは、2015年9月12日~2015年10月29日に製造されたトヨタ「シエンタ」とレクサス「RX200t/RX450h」の3車種で計1,239台がリコールとなります。 改善措置としては、全車両、各センサの製造番号を点検し、該当する場合は良品と交換する、リコール作業を行うとのことです(不具合0件・事故0件)。 Reference:Response 【直近のリコール関連記事10選】 ・ジャガー「F-TYPE」等がリコール。燃料レール不具合で火災の恐れ有り(2018/5/22投稿) ・アストンマーティン「DB11」がリコール。エアバッグが意図せず展開する恐れ有り(2018/5/18投稿) ・VWの新型「ポロ(Polo)」が早くも全世界にてリコール。後席のシートベルトに不具合有り(2018/5/15投稿) ・フィアット「500」がリコール。警告・注意銘板を意味するコーションラベルの記載不具合により保安基準不適合に(2018/5/12投稿)

元の記事を読む  Creative Trendのニュースまとめ

#レクサス #トヨタ #アルファード #シエンタ

関連する自動車・バイクニュース 関連ニュース

新着の自動車・バイクニュース 新着ニュース

良く読まれている自動車・バイク記事 良く読まれている車・バイクニュース

SNSフォローお願いします!

GooAutoのFacebookページ Facebook

GooAutoのTwitterページ Twitter