【順位結果】2021年WRC第2戦アークティック SS10後

 2月28日、WRC世界ラリー選手権第2戦アークティックはデイ3のSS9、SS10が行われ、初日からラリーをリードしてきたオット・タナク(ヒュンダイi20クーペWRC)が最後まで首位の座を守り抜き今季初優勝を飾った。20歳のフィンランド人ドライバー、カッレ・ロバンペラ(トヨタ・ヤリスWRC)が2位。3位はティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC)となった。トヨタ育成の勝田貴元(トヨタ・ヤリスWRC)は自己ベストタイの総合6位でフィニッシュしている。

気になるニュースの詳細はこちら👇
詳しく記事の内容を見る

E-sports WRC2021 メキシコの関連記事まとめ

2021-02-28 22:05 128
AUTO SPORT webのニュースまとめ

ストーリー動画で見る

WRC
世界ラリー選手権