以上がランボルギーニ・ウラカンEVOの内装における選択肢ですが、よりスポーティーに、そしてよりファッショナブルになったように思います。 ランボルギーニは他のスーパーカーに比べるとインテリアのチョイスが(これまで)貧弱であったと認識していますが、今回カラーコディネートの幅も大きくなったためにカスタマイズ性も広がり、より多くの人に訴求できるようになったと思います。

ランボルギーニ
ウラカン

2019-01-08 17:00 82
Life in the FAST LANEのニュースまとめ
詳しく記事を読む