スバリストの聖地東京三鷹にあるSTIギャラリーがリニューアルして1月6日からオープン。歴代のSTI車両をマジかに見ることができたり、STI車両の歴史が詰まったSTIギャラリーの魅力を説明します。

スバルSTIギャラリーとは?



スバルSTIギャラリーをご存知ですか?
スバルのモータースポーツ部門であるSTIによるスバルSTIショールーム。

スバル本社のショールームとは違い、STIショールームだけあって、スバリストの聖地ともされているショールームが
1月6日(日)にリニューアルされてオープンされるので、スバルの競技部門STIの魅力も合わせて、新しいショールームの情報をご紹介します。
営業時間は、10:00から18:00

スバルSITショールームの魅力とは?

車好きの中でも、スバリストと呼ばれるほど、スバルの車を愛している人がいるほど、熱狂的なファンの多いスバル。
そのSTIのショールームともなれば、スバリストにとってはまさに聖地と行っても良いでしょう。

リニューアルされたSTIショールームのコンセプトは、

スバリストと苦楽を共にして成長をしていく原点のような場所
としての意味合いをますます強くしたいとのこと。

スバルSTI公式ページ

STIショールームの見所



■STI車両が獲得してきた輝かしきモータースポーツ戦績のトロフィーが展示。
時代別に展示されているので、STIの30年の歴史を体験し、過去の思い出に浸ることができます。
しかも、一部のトロフィーは手に取ることができ、撮影することも可能です。

■歴代のSTI車両がみれる?
1/43スケールではあるものの、STIの歴代の市販車と競技車両のミニチュアが展示されています。

■実物のSTI車両の展示
ラリーで活躍した STI 555カラーのレガシー、インプレッサから、市販vesion のSTIまで多くの車両が展示されています。

 展示車(2019年1月5日現在)
  IMPREZA 22B STI version 1台
  IMPREZA WRC 2007 1台
  IMPREZA WRC 2008 1台
  SUBARU IMPREZA 555 1台
  SUBARU WRX STI NBRチャレンジ2016
 
 展示車両は、STIのホームページで確認できます。

こちらは、リニューアル後の見学会の様子を納めた映像です。
2019/1/6より一般公開!「STIギャラリー」リニューアル見学会


現在展示中の展示車両
映像で見るだけでもワクワクしてしまうSTIの競技車両が展示され、近くで見ることが出来るだけでも
スバルSTIショールームへ足を運ぶ価値は十分ある。

■IMPREZA 22B STI version

インプレッサWRX STi 22B & verⅣ


■IMPREZA WRC 2007

2007 WRC rd.13 FRANCE SUBARU IMPREZA


■IMPREZA WRC 2008

2008 WRC rd.12 ESPANA SUBARU IMPREZA


■SUBARU IMPREZA 555

[WRC] Subaru Impreza WRC 555 Colin Mcrae / Carlos Sainz 1995 compilation with pure sound HD


■SUBARU WRX STI NBRチャレンジ

SUBARU WRX STI NBR 2018(FUJI TEST)



STIショールームへの行き方



気になるスバルSTIショールームへの行き方

住所:〒181-0015 東京都三鷹市大沢3丁目9 大沢3丁目9−6
営業時間:9:30~17:00
休館日:第1、第2、第3火曜日、水曜日、土曜日、日曜日
GW(2018年4月28日~5月7日)、夏季(2018年8月11日~8月19日)、年末年始(2018年12月29日~2019年1月6日)

ホームページには、
”駐車場のご用意がありませんので、ご来場の際は公共交通機関をご利用ください。”

となっている。

主な最寄駅は、
・JR中央線「武蔵境駅」
・JR中央線「三鷹駅」
・京王線「調布駅」

いずれも駅からバスに乗って「富士重工前」に行く必要がある。

バスは、以下の通り

・「武蔵境」駅南口下車
 小田急バス(境93)「国際基督教大学行き」国際基督教大学入口 下車徒歩1分
 小田急バス(境91)「狛江営業所または狛江駅北口行き」富士重工前 下車すぐ
 小田急バス(吉01)「吉祥寺駅行き」富士重工前 下車すぐ

・「三鷹」駅南口下車
 小田急バス(鷹51)「国際基督大学行き」国際基督教大学入口 下車徒歩1分
 小田急バス(鷹51)「調布駅北口行き」富士重工前 下車すぐ
 小田急バス(鷹51)「武蔵小金井駅南口行き」富士重工前 下車すぐ

京王線でお越しの方
・「調布」駅北口下車(停留所番号11)
 小田急バス(境91)「武蔵境駅南口行き」富士重工前 下車すぐ
 小田急バス(鷹51)「三鷹駅行き」富士重工前 下車すぐ

車で直接行く場合は、近くのコインパーキングに止めることになる




STIとは?



STIの設立は、1988年4月。(今年で30周年)

設立のきっかけになった出来事は、
SUBARU(当時の富士重工業株式会社)が1972年のサザンクロスラリーへFFレオーネで初参戦した体験を元に
新世代モータースポーツへの対応の必要性からSTIが誕生することになりました。

STIとはスバルテクニカルインターナショナルです。

簡単にわかりやすく行ってしまうと、大手自動車メーカーの各社がもつ
モータースポーツに特化した競技車両を作成するメーカーの位置付けと思っていただくとわかりやすいのではないでしょうか。
注)厳密には各社各様の違いがあります。

TOYOTAのTRDやGazooRacing
NISSANのNISMO
HONDAの無限
三菱のラリーアート(閉鎖)


スバル
ラリー

2019-01-05 16:40 509
Go Autoのニュースまとめ
ストーリー動画で見る