自動車・バイクニュース

【新車スクープ】マイナス10度でも快適!ベントレーコンチネンタルGTC次期型、極寒でフルオープンの余裕|

2017-11-25 144 スクープ
【新車スクープ】マイナス10度でも快適!ベントレーコンチネンタルGTC次期型、極寒でフルオープンの余裕| 写真・画像

ベントレーの2ドアクーペ『コンチネンタルGT』のドロップトップバージョンとなる、「GTC」次期型が、豪雪のスカンジナビアでウィンターテストを開始した。

撮影時はマイナス10度の極寒状態であったが、開発車両はルーフをオープンにし、ボディの状態を確認していたと言う。

ベントレーコンチネンタルGTC次期型



ベントレーの2ドアクーペ『コンチネンタルGT』のドロップトップバージョンとなる、「GTC」次期型が、豪雪のスカンジナビアでウィンターテストを開始した。撮影時はマイナス10度の極寒状態であったが、開発車両はルーフをオープンにし、ボディの状態を確認していたと言う。

そんな過酷な状況でも快適性を保持できるのは、メルセデスベンツ『Eクラス カブリオレ』などにも見られる「エアスカーフ」システムを採用しているからだ。シートバックに内蔵した超小型セラミックヒーターにより首周りを温めてくれる。また空気の流れを上方に跳ね上げるエアキャップも搭載し、真冬でもオープンルーフを楽しめる。

次期型では、ポルシェと共同開発された「MSB」と呼ばれる新しいプラットフォームを採用、約150kgもの軽量化を図ると予想される。クーペの「GT」同様に、2015年のジュネーブモーターショーで公開された『EXP 10 スピード 6』の意匠を継承するグラマラスなボディは、オープンボディを引き立てている。

パワートレインは、『ベンテイガ』やGTと共有する新世代6リットルW12型ツインターボ「TSI」エンジンを搭載し、最高出力635ps、最大トルク918kgmを発揮する。0-100km/h加速は3.8秒と同クラスオープンモデルとしてはトップクラスだ。

エンジンやエクステリアだけでなく、室内でもインテリアやインフォテイメントシステムをGTと共有するだろう。

ワールドプレミアは2018年3月のジュネーブモーターショーが有力で、2019年にはV8モデルやプラグインハイブリッドモデルの投入も予定されている。マイナス10度でも快適!ベントレー コンチネンタルGTC次期型、極寒でフルオープンの余裕 | Spyder7(スパイダーセブン)
マイナス10度でも快適!ベントレー コンチネンタルGTC次期型、極寒でフルオープンの余裕 | Spyder7(スパイダーセブン)
マイナス10度でも快適!ベントレー コンチネンタルGTC次期型、極寒でフルオープンの余裕 | Spyder7(スパイダーセブン)
マイナス10度でも快適!ベントレー コンチネンタルGTC次期型、極寒でフルオープンの余裕 | Spyder7(スパイダーセブン)
マイナス10度でも快適!ベントレー コンチネンタルGTC次期型、極寒でフルオープンの余裕 | Spyder7(スパイダーセブン)
マイナス10度でも快適!ベントレー コンチネンタルGTC次期型、極寒でフルオープンの余裕 | Spyder7(スパイダーセブン)
マイナス10度でも快適!ベントレー コンチネンタルGTC次期型、極寒でフルオープンの余裕 | Spyder7(スパイダーセブン)
マイナス10度でも快適!ベントレー コンチネンタルGTC次期型、極寒でフルオープンの余裕 | Spyder7(スパイダーセブン)


powerd bySpyder7


ベントレー コンチネンタルGT スパイダー コンチネンタル コンチネンタルGTC

おすすめの自動車・バイクニュース

コンチネンタル、次世代ヘッドアップディスプレイの開発強化…AR表示も可能に

2018-05-18 23 レスポンス コンチネンタル、次世代ヘッドアップディスプレイの開発強化…AR表示も可能に 写真・画像

コンチネンタルの次世代ヘッドアップディスプレイコンチネンタルは5月17日、米国のデジレンズ社への出資を拡大し、次世代ヘッドアップディスプレイ(HUD)の開発を強化すると発表した。

デジレンズ社は、米国カリフォルニア州シリコンバレーに本拠を置...

コンチネンタル レイ
続きを見る

ロールスロイス「カリナン」とベントレー「ベンテイガ」を並べてみた。見た目はやはり「カリナン」が大柄、数字で見てみると…?

2018-05-18 67 Creative Trend ロールスロイス「カリナン」とベントレー「ベンテイガ」を並べてみた。見た目はやはり「カリナン」が大柄、数字で見てみると…? 写真・画像

先日発表されたばかりのロールスロイス初となるSUVモデル「カリナン」と、ベントレー初のSUV"市販"モデル「ベンテイガ」。
各モデルが、カタールにて並べられている姿がインスタグラムにて投稿されています。
何れもラグジュアリーSUVモデルとして、大きくピックアップされており、ライバル車両同士としても熱い注目を受けていますが、こうしてライバル同士

ベントレー ロールスロイス ベンテイガ
続きを見る

ベントレー「コンチネンタルGTC」の開発車両をキャッチ。「ベンテイガ」譲りのV8モデルもラインナップ予定

2018-05-16 25 Creative Trend ベントレー「コンチネンタルGTC」の開発車両をキャッチ。「ベンテイガ」譲りのV8モデルもラインナップ予定 写真・画像

ベントレーの2ドアスポーツ・オープンクーペ「コンチネンタルGTC(コンバーチブル)」の開発車両をドイツ・ニュルブルクリンクにてキャッチ。
ベントレーは以前に次期クーペモデル「コンチネンタルGT」とオープンクーペモデル「コンチネンタルGTC」の開発を同時進行で進めていましたが、先にリリースされたのはクーペタイプで、その派生モデルとして後に販売される

ベントレー コンチネンタルGT コンチネンタル ベンテイガ コンチネンタルGTC
続きを見る

アヴェンタドールSVJ、新型イヴォーク、718ケイマンGT4/ボクスター・スパイダーなど。最新スパイ動画まとめ

2018-05-16 374 Life in the FAST LANE アヴェンタドールSVJ、新型イヴォーク、718ケイマンGT4/ボクスター・スパイダーなど。最新スパイ動画まとめ 写真・画像

まだまだランボルギーニは「アヴェンタドールSVJ(スーパーヴェローチェ・イオタ)」をニュルブルクリンクでテスト中。
白黒カモフラージュ、そしてオレンジの入ったカモフラージュを身にまとう二台が走行していますが、白黒カモのほうはロールケージが張り巡らされていることが確認済み(オレンジの方は内装が見えず、どうなっているのかはわからない)。
おそ


アヴェンタドール ケイマン ボクスター スパイダー 718ケイマン
続きを見る

【ベントレー コンチネンタルGT 海外試乗】ラグジュアリーGTの究極を再定義した…山崎元裕

2018-05-14 75 レスポンス 【ベントレー コンチネンタルGT 海外試乗】ラグジュアリーGTの究極を再定義した…山崎元裕 写真・画像

ベントレー コンチネンタルGTベントレーのラグジュアリーグランドツアラー、『コンチネンタルGT』がニューモデルへと進化した。
コンチネンタルGTは、ベントレーが1998年にドイツのVWグループに収まってから、初の新型車として市場に投じられたモ...

ベントレー コンチネンタルGT コンチネンタル
続きを見る

「ベンテイガ」の前に既に登場していた!ブルネイ王室特注のベントレーSUV「ドミネーター」が、若干ロールスロイス「カリナン」に似てる件

2018-05-13 364 Creative Trend 「ベンテイガ」の前に既に登場していた!ブルネイ王室特注のベントレーSUV「ドミネーター」が、若干ロールスロイス「カリナン」に似てる件 写真・画像

先日発表されたばかりのロールスロイス初のSUVモデル「カリナン」。
SUV史上最もラグジュアリーなモデルと言われるほどに注目が集まっている一台ですが、このモデルの最も競合とするモデルがベントレー初のSUVモデル「ベンテイガ」なのですが、実はベントレーは過去に一度だけ特注モデルとなる最高級ラグジュアリーSUV「ドミネーター(意味:支配者)」と言われるモ


ベントレー ロールスロイス ベンテイガ
続きを見る

ベントレー フライングスパー 新型をスクープ! セダン初のPHVはEV航続50km

2018-05-13 56 レスポンス ベントレー フライングスパー 新型をスクープ! セダン初のPHVはEV航続50km 写真・画像

ベントレー フライングスパー 次期型スクープ写真ベントレーの4ドアセダン『フライングスパー』新型が、ニュルブルクリンクで高速テストを開始した。

2ドアクーペ『コンチネンタルGT』の4ドア版となる「フライングスパー」だが、捉えた開発車両を見る...

ベントレー フライングスパー クー
続きを見る

ポルシェが918スパイダーに6度目のリコール。今回も足回りの強度不足

2018-05-13 64 Life in the FAST LANE ポルシェが918スパイダーに6度目のリコール。今回も足回りの強度不足 写真・画像

ポルシェ918スパイダーが六度目のリコール。
今回はリアサスペンション(コネクティングシャフトとコントロールアーム)が継続的なストレスで"亀裂が入る可能性がある"というもの。
現時点でこれに起因する実際の問題はなく、しかし長期的に見るとこれは918スパイダーの信頼性を落とすことになりかねず、そこでポルシェはリコールに踏み切ったようですね。

ポルシェ スパイダー
続きを見る

これは欲しい!過激カスタムされたフェラーリ「488スパイダー」がeBayにて約4,500万円で販売中

2018-05-12 80 Creative Trend これは欲しい!過激カスタムされたフェラーリ「488スパイダー」がeBayにて約4,500万円で販売中 写真・画像

インターネットオークションサイトeBayにて、フェラーリのV8ツインターボミドシップモデル「488スパイダー」をベースに、アメリカの自動車スタイリング会社・Creative Bespokeによるカスタムモデル「488スパイダー・SVR Aero Edition」が約4,500万円から販売されています。
今回販売されている「488スパイダー・SVR Aero Edition」は、2017年式の「488スパイダー」をベースに、フロント

フェラーリ スパイダー 488スパイダー
続きを見る

コンチネンタル、自動運転や電動化技術を「人とくるまのテクノロジー展2018」で紹介

2018-05-10 92 レスポンス コンチネンタル、自動運転や電動化技術を「人とくるまのテクノロジー展2018」で紹介 写真・画像

人とくるまのテクノロジー展2018 コンチネンタル 出展概要説明会コンチネンタル・オートモーティブは5月23日からパシフィコ横浜で開催される人とくるまのテクノロジー展2018で、「モビリティを素晴らしい空間へ」をコンセプトに、自動運転、電動...

コンチネンタル
続きを見る