ランボルギーニとは

ランボルギーニ

ランボルギーニ(Lamborghini)は、イタリアの高級スポーツカーメーカーである。正式名称はヌオーヴァ・アウトモービリ・フェルッチオ・ランボルギーニ SpA(Nuova Automobili Ferruccio Lamborghini SpA)。1999年以降フォルクスワーゲングループに属する。

本社、製造工場、ランボルギーニミュージアムはボローニャ県サンターガタ・ボロニェーゼにある。

創業者であるフェルッチオ・ランボルギーニは、第二次世界大戦後、イタリアにトラックが不足していることに目を付け、軍が放出するトラックを民生向けに改造し販売することで富を得た。大戦中、ロドス島にて兵器のメンテナンスに当たっていた彼の経験が活かされるかたちとなった。1947年、当時から自動車好きであった彼は、これを元手に小さなチューニングショップを開いた。

1948年、彼は友人と共にミッレミリアに参戦した。車両はフィアット・トポリーノで、自作のOHVヘッドが載せられていた。しかし途中で友人が運転を誤り、レストランに突っ込んでしまう。この際、彼は友人と共に車外に投げ出され、大ケガを負った。後に彼がレース界から距離を置くようになったのは、この経験が一因であるとされている。

その後、彼はトラックに続いてトラクターの自社開発に取り組み、1949年にランボルギーニ・トラットリーチ SpAを設立した。当初はただ同然で手に入れた軍放出車両のモーリスエンジンを用いた一般的なものであったが、後に自ら開発した排気熱で軽油を気化するイン・パボリザトーレというシステムを使って高性能なトラクターを作った。これは当時高価であったガソリンをエンジンの始動と暖気に使うだけで済み、後は安価な軽油で充分に動かせたため、大ヒットに繋がった。また1960年にはランボルギーニ・ブルチアトーリ SpAを設立し、ボイラーとエアコンの製造販売を手掛け、これも成功を収めた。

巨万の財を築いた彼はエキゾチックカーを収集するようになる。しかし、どの車も暑すぎたり、スピードが十分でなかったり、狭すぎたりしたため、フェルッチオを満足させるものではなかった。のちにエキゾチックカーの生産に乗り出したフェルッチオは、「助手席に座るレディのメイクアップが(汗で)落ちないような快適な車を作りたい」と語ったという。やがて彼は富の象徴、フェラーリのオーナーとなるが、当時のフェラーリにはクラッチに決定的欠陥があった。所有するフェラーリの度重なるクラッチ故障に頭を痛めた彼は、自社のトラクター工場でフェラーリを修理することを思いつく。いざクラッチを分解してみると、使われていたのはなんと自社のトラクター用パーツと同型のボーグ&ベック製のクラッチ板であり、しかも全く同一のパーツにフェラーリはトラクター用の十倍の値段を付けていた。

元々は優秀なメカニックでもあった彼は、クラッチ修理と同時にフェラーリに装着されていたウェーバー製のダウンドラフト型キャブレターをサイドドラフト型の物に改め、シリンダーヘッドをオリジナルのSOHCから当時は市販のフェラーリに採用されていなかったDOHCに改造した。完成した車は公道でのテスト走行中の新型フェラーリを「カモ」にできるほど速かったという。

既存のエキゾチックカーに少なからず不満を抱いていた彼は、これがきっかけで自動車ビジネスに乗り出す決意をしたといわれる。前述のフェラーリのパーツに見られるような高額な価格設定に触れ、「この商売は儲かる」と踏んでもいた。フェルッチオはこのとき、有望なビジネスモデルとして高級車業界を見ており、スポーツカーへの愛情とその財力を背景にアウトモービリの創設を決意した。

この1963年トリノショーに出品された350GTVは非常に目を引く独創性にあふれたフランコ・スカリオーネのデザインによるボディラインを持ち、性能面や上質なインテリア等で一定の評価を得たが、居住性やGTとしての使い勝手で酷評を受ける。
この評を受けてすぐにフェルッチオは根本的な改修を指示、翌年カロッツェリア・トゥーリングにより手直しを受けたボディを纏った市販車としての第一号350GTをロールアウト。ここに市販車メーカーとしてのアウトモービリ・ランボルギーニの歴史は幕を上げた。

当初こそ、伝統のあるマセラティやフェラーリを引き合いに出されてはトラクターメーカーとしての出自を揶揄されたが、翌年に後継の400GTがロールアウトされる頃になると独創的なスタイルと快適性の高次での両立がエグゼクティブの間で話題となり、350GTは130台以上、400GTでは250台以上、当時の超高級GTとしては非常に良好なセールスを記録している。この後1966年のランボルギーニ・ミウラ、1971年のランボルギーニ・カウンタック(クンタッシ)とあまりにも有名な名車を次々と送り出し、押しも押されもせぬ世界的スーパースポーツの代名詞ともいえるブランドとなった。

トラクターの他にヘリコプターも作ったが、認可が下りず、結果的に、プロトタイプの2台しか現存していない。

イタリア・モデナにあるトニーノ・ランボルギーニ・ムゼオにフェルッチオが関わったランボルギーニ製品が展示されている。
2006年の総納車台数は2,087台、2007年では2,580台、2015年の年間世界販売台数が3,245台だった。
現在の正規輸入販売はアウディ・ジャパンの事業部として2001年に設立された「ランボルギーニ・ジャパン」(Automobili Lamborghini Japan、東京都・世田谷区)が行っている。ランボルギーニ・ジャパンの設立以降は本格的に正規ディーラー網を整備し、サービス品質の向上や全店統一CIの導入などにより、日本でのブランド再構築を進めている。

2006年の年間販売台数は、176台(統計資料、JAIA日本自動車輸入組合)。2007年3月には、ランボルギーニ大阪を経営する光岡自動車の顧客情報がインターネット上に公開されてしまう事件が起きた。
ちなみに、ランボルギーニトラクターも日本国内で販売されており、かつてフェラーリの輸入元であったコーンズの関連会社である株式会社コーンズエージーが販売を行っている。

エンブレムにちなみ、ほとんどが闘牛に関連した車名である。

かつては創業者のフェルッチオが「レースには出ない」ことを社是としていた。これは「当時のフェラーリがレースを本業として市販車はそのための資金稼ぎと位置づけ、ユーザーをないがしろにしていたことに対し反発したため」「フェルッチオの息子が反対を押し切る形でレースに夢中になっており、刺激しないため」「フェルッチオ自身がレース中の事故により大ケガを負った経験によるもの」など様々な説があったが、会社から正式なアナウンスは出ていない。

クライスラー傘下に入った後の1989年、ラルースチームへのエンジン供給の形で、F1グランプリ参戦を開始した。

1990年に、メキシコで結成されたチーム「グラスF1」向けにF1マシンを含めて製作を行っていた。エントリーが認められたものの、グラスF1設立を提言したメキシコ人の富豪が資金を持ち逃げしたこともあり、資金が底をつき参戦困難となった。これによる参戦キャンセルによる違約金支払を回避するために、ランボルギーニが実質的なワークス・チーム、モデナに再編成して参戦した。しかし、マウロ・フォルギエリが設計したマシンは時代遅れもはなはだしいもので、目立った成績をあげることはなく、同年に撤退した。エンジンのレイアウトはV12で、独特な高音の排気音であり、それについては同じV12エンジンを搭載したフェラーリへの評価を上回るものだった。

1993年にはエンジンを再設計し大幅にパワーアップ(親会社のクライスラー名義)、翌年のエンジン供給を考慮して、コスワースHBエンジンの非力さに苦しみ、ルノーエンジンに匹敵するパワーのあるエンジンを求めていたマクラーレンがテストを実施したものの、マクラーレンはプジョーとの提携を選び、この結果ランボルギーニはF1を去ることとなった。テストでステアリングを握ったのはミカ・ハッキネンで、同時に彼がランボルギーニエンジン搭載車の最後のドライバーとなっている。

なお鈴木亜久里が日本グランプリで日本人としてはじめて3位入賞を飾ったローラ・LC90もランボルギーニ製ユニットを搭載していた。
SUPER GTには、JLOC(Japan Lamborghini Owner's Club)より、全日本GT選手権の初期から参戦している。当初は漫画家の池沢さとしがドライバーを務めた。参戦時のマシンはカウンタックだったが、1995年~2004年にディアブロ、2004年からはムルシエラゴ、2007年からガヤルド、2016年からウラカンにて参戦している。これにランボルギーニも全面的に協力しており、このレースのためにディアブロ以降のマシンをワンオフ作成している。2005年からはGT300クラスにエントリーし2006年第1戦にて初優勝した。ランボルギーニがFIAの国際格式レースで優勝したのはこれが初めてのことだった。

ランボルギーニのレース部門である。各国のサーキットを転戦するワンメイクレース「ブランパン・スーパ-・トロフェオ」シリーズは、2009年にヨーロッパで始まり、2012年にはアジアで、翌年から北米でも開催されている。

同社の歴史的モデルに関するレストアや鑑定を行う部門として2015年春に新設。
記念すべき最初のプロジェクトでレストアされたのは、シャシーナンバー「4846」を与えられたグリーンの1971年式「ミウラSV」である。

ポロ・ストリコのアーカイブ専門部署。歴代モデルについて使用されたパーツやその技術に至るまで、全てをデジタル化しアーカイブしている。

2006年に開始され、2013年から規模を拡張。同社のモデルを個別にカスタマイズしたいという顧客に対応するスタジオである。
ランボルギーニ製造施設内に設置された同スタジオでは、新車購入時にカラーリングやインテリアトリムなどを思い通りに仕上げたいという顧客の要望に応えるため、エキスパートスタッフが個別対応する。

クリックで世界最大の辞書データベース「wikipedia」に記載されている「ランボルギーニ」の最新情報が見れます。

ランボルギーニに関するよくある質問

ユーザーが疑問に感じている「ランボルギーニ」に関する質問集です。

ランボルギーニの知りたいことや、みんなが疑問に思っている ランボルギーニに対する質問がたくさんあります。詳しい人からの回答もたくさん集まっているので ランボルギーニへの疑問が解消されます

に関する質問

どうしてもミッション車に乗りたくて、新車で買えるランボルギーニのMT車を探しているのですが、今買えるランボルギーニのMT車はなんですか?

タイヤ・タイヤ交換に関する質問

新車で購入できるランボルギーニのMT車は 中古車で購入できるMT車はこちら 6MT ガヤルド
6MT ムルシエラゴ
6MT ガヤルドスパイダー
6MT ムルシエラゴロードスター
5MT ディアブロ

に関する回答

ランボルギーニに関する質問

ランボルギーニに乗れる私はエリートですか? https://chiebukuro.yahoo.co.jp/my/myspace_quedetail.php?writer=lokiblessw

ランボルギーニ に関する質問

ランボルギーニ乗れるからってエリートじゃないよ。
ただ金持ってるだけだろw 閉鎖病棟へ。

ランボルギーニに関する回答

ランボルギーニに関する質問

5.2リッターv10naエンジンがニュルブルクリンクで一番速いとは!ランボルギーニは横幅がポルシェより広いのですか?ターボやハイブリッドは遅いという事ですか?

ランボルギーニ に関する質問

ニュル北、レンタカーで走ったことあるけどあそこは足のセッティングでスピード出せるか出せないか決まる。
とにかく細かい起伏が多いから足は車高高め・サス柔らかめといったスピード出すのとは真逆のセッティングになるはずだよ。
サーキットみたいにカチカチに堅くはしない。
だからニュルのタイムアタックってあまり当てにしないほうがいいと思いますけどね。
なんか最近は大ブームになってますが。

ランボルギーニに関する回答

ランボルギーニに関する質問

ランボルギーニアヴェンタドールSVの排気バルブと吸気バルブの口径を教えてくださいよろしくお願いいたします。

ランボルギーニ に関する質問

メーカーが知っているでしょう。

ランボルギーニに関する回答

ランボルギーニに関する質問

世界最強ドリフターこと斎藤大吾選手は、今までに数々のマシンを製作していますよね。
私が知っているだけでも、 jzx90マーク2 2004〜2007 d1gp参戦用 2007年富士で川畑真人とのクラッシュで廃車 jzx100マーク2(1台目) 2007〜2013 d1gp参戦用 2008年d1gpチャンピオンマシン 火事で焼失という噂だが、アマンディオ号(緑&黒)に似ているので、もしや…? jzx100チェイサー(1台目) 2007〜2012 d1gp・ d1sl参戦用、 d1gpのアメリカラウンド用、また本チャン機マーク2のスペアマシン。
2013年はインドネシアのエマニエル・アマンディオ選手に売却し、カラーリングも赤黒から緑黒となり、彼のd1gpマシンとなる。
jzx90クレスタ(100チェフェイス) イベント用、ドリフトマッスル用?もう売却されたかも? uzz40 sc430 2012〜2014 本場フォーミュラドリフト参戦用。
2012年は初シーズンでチャンピオンを獲得したマシンで、パワーはなんと前代未聞の1400馬力という、いい意味で暴力的かつアメイジングかマシンである。
現在はイベントもしくはフォーミュラドリフトジャパン用? sc430はもしかして2台ある? sxe10アルテッツァ 2011 フォーミュラドリフトアジア参戦用 現在は外国人選手が買い取ってアキレスカラーから黄緑色になっている gse20系 isコンバーチブル 2012〜 フォーミュラドリフトアジア参戦用。
2012年、フォーミュラドリフトUSAシリーズと同様チャンピオン獲得。
また、2014年前半はd1gp参戦用となる。
jzx100マーク2(2台目) 2014〜2016前半 d1gp参戦用 1台目のマーク2は不明、1台目のチェイサーはアマンディオ号となったので、ニューマシンとして製作。
1000馬力車重1トンすなわちパワーウエイトレシオ1、アルミブロックの2jzをフロントミドシップに搭載、ドラポジはかなり後方と、モンスターマシンとして話題になった。
しかしエンジン搭載位置が後方過ぎ、2016年d1gp第3戦からのレギュレーションに適合しなくなったため、2016年からはイベント用、またキングオブネイションズ参戦マシンとなっている。
jzx100チェイサー(2台目) 2016年〜 d1gp参戦用 2015年までは斎藤大吾自身がロシアのドリコンに参戦していたマシンであった?が、先述のようにレギュレーション不適合となったマーク2に変わるマシンとして、2016年第3戦よりd1gpに投入。
2016シーズンはマーク2とこのチェイサーで7戦中5勝という偉業を成し遂げシリーズチャンピオンとなる。
元は某ショップのデモカーであり、ロールケージはそのまま使用、ミッションはなんとgフォース4速のHパターン、パワーはt04zタービンでおそらく800馬力程度、車重は1200キロとマーク2より200キロも重いものの、それでも他のd1選手と一線を画す走りを見せた。
2017年シーズンのd1gpは斎藤大吾と同期の畑中慎吾が乗り参戦する。
ランボルギーニ ムルシエラゴ 元はリバティウォークの顧客の所有車であったが、オーナーが病気で亡くなり、そのオーナーの「自分の死後、このムルシエラゴは好きなようにしてくれ」という遺言のもと、同社加藤社長を通じて斎藤大吾の手によって、世界初のランボルギーニのドリ車として生まれ変わったという感動的なストーリーを持つマシンである。
2015年のd1gpお台場エキシビジョンのデビュー以来、主にイベント用のマシンとして活躍。
最近では2016年WTAC併催のドリコンに出走した。
ダッヂ チャレンジャー 元々アメリカ在住のスウェーデン人ドライバーであるサム・ヒュビネットがフォーミュラドリフトUSAシリーズで乗っていたダッヂワークスのマシンであったが、サムが2011年いっぱいでフォーミュラドリフトUSAから引退したことをキッカケに、斎藤大吾が買い取ったマシン。
しかし斎藤大吾自身はほとんど使っていないようで、2016年のフォーミュラドリフトジャパンのエビスラウンドに出走したぐらいなので、ファットファイブレーシングのマシンとしては脇役的存在となっている。
R35 GTR 2015年よりHKSとタッグを組み、フォーミュラドリフトUSAシリーズに参戦しているマシンである。
こちらもパワーは1300馬力と、前マシンのsc430同様かなりのモンスターマシンである。
2016年シーズンは日本でリメイク&リセッティングし、2017年より参戦再開。
先日のお台場ドリフト超天国やHKSプレミアムデイに出走し、カラーリングも変更され、話題となった。
今年の活躍が楽しみな一台でもある。
c6 コルベットz06 gt3 2017〜 d1gp参戦用 今年からd1gpに投入されたマシン。
ベースは2012年頃にスーパーgt300クラスに参戦していたFIA-GT3マシンである。
LS7エンジンはNAで約800馬力を発生し、外装もほとんどをカーボンパーツとし、アルミフレームも相まって車重は900キロとかなり軽量である。
先日の2017d1gp開幕戦&第2戦時点ではまだ煮詰まっていない様子だったが、期待のマシンである。
彼はやはりかなりの金持ちなのでしょうか?

ランボルギーニ に関する質問

スポンサー協力だから、チューニング・年俸・人件費など全部、彼につくスポンサーが支払っています。

ランボルギーニに関する回答

ランボルギーニに関する質問

日本にランボルギーニ チェンテナリオが1台あると聞いたのですが本当にありますか?

ランボルギーニ に関する質問

GACKTと諸星が買ったとの噂があります。
GACKT分は外国にあるかもしれませんが諸星分は日本に入っていると思います。

ランボルギーニに関する回答

ランボルギーニに関する質問

ランボルギーニアヴェンタドールカーボナードGTのホイールはランボルギーニアヴェンタドールSVにそのまま取り付け可能でしょうか?

ランボルギーニ に関する質問

無理です。
カーボナードGTは5穴ロックですが、アヴェンタドールSVはセンターロックです。

ランボルギーニに関する回答

ランボルギーニに関する質問

ラウンボルギーニはAUDIなしでは全く車を造れないのですか? ウラカンはAUDI製のV10エンジンをもとに改良したエンジンなのですか? バーチャルコックピットと操作デバイスは全てAUDI製ですよね? 車の根幹部分はAUDIから部品供給されたものを使って造るのでしょうか? ポルシェは911はシャシーもエンジンも根幹部分はほぼ自社制作ですがランボルギーニはそうはいかないのでしょうか? MINIがBMWなしで車が造れにようなものでしょうか? ウラカンとR8は同じエンジン、ナビを使いつつも設計思想は全く違うのでしょうか? ランボルギーニの企業哲学とか部品への拘りはあるのでしょうか?

ランボルギーニ に関する質問

そうでしょうね。
ランボルギーニは何回も親会社が変わってますし、名前が生き残っているだけでも大したもんです。
それに親会社と子会社の関係は、万国共通ですよ。
親も子もどっちも儲からないと、お互い困る訳ですから、流用できるブランド力や部品や販売経路は双方でシェアしあって当然でしょう。
でもランボルギーニらしい車を出すし立派です。
大変でしょうね。

ランボルギーニに関する回答

ランボルギーニに関する質問

よくグラサンを引っ掛けた男とチャラい女がBMWのオープンカーに乗って粋がっているが,ランボルギーニに乗ってその横を擦れ違ったら怖じ気を付くと思う?ソッコーで屋根もクローズをするかね?ランボルギーニがでーじ欲しい。

ランボルギーニ に関する質問

残念ながらBMWの方が羨ましいです。

ランボルギーニに関する回答

ランボルギーニに関する質問

他でですが、アヴェンタドールSVのナンバープレートの取付けについて思案されていましたが、このような取付け方法は如何でしょうか。
取引先の社長様がアヴェンタドールSVを所有されており、ユニークな取付け方をされてましたので、参考になればと思います。
しかし、私の車と同じランボルギーニとは思えない迫力で羨ましい限りです(笑)

ランボルギーニ に関する質問

ありがとうございます! これは、フロントガラスの内側ということでしょうか?

ランボルギーニに関する回答

【動画】車・バイクニュース

【動画だから100倍楽しめる】YouTube車・バイク動画(すべて見る)

見て楽しむニュース

【動画だから100倍楽しめる】見て楽しむ車・バイクニュース(すべて見る)

【速報】車・バイクニュース

完全無料で話題の車・バイクニュースがすぐに読める(すべて見る)

【話題】今話題の動画

SNSで1000いいね!以上の話題の動画(すべて見る)