近年のマツダに対する評価は非常に高く、とくにそのデザイン言語、内装のフィニッシュ、高い環境性能を持つエンジンについては国内外から称賛の声が上がるほど。 ただ、その高い評価と販売とはシンクロしないようで、2019年3月期においては前期比で43.3%の減益を記録しています。 ただ、これは2018年4月~2019年3月の数字なので、マツダ3はじめとする新しい世代の製品群へと切り替わるにつれ、その内容も評価に連動した、高いものへと変わってくるのかもしれません。

マツダ
スピード
ビート
技術

2019-07-17 00:17 124
Life in the FAST LANEのニュースまとめ
詳しく記事を読む