ランボルギーニがニュル市販車最速返り咲き?! ランボルギーニの最終ハードコアモデル「アヴェンタドールSVJ」が、ドイツ・ニュルブルクリンクでの市販車最速記録となるポルシェ「911GT2RS」の6分47.3秒より僅かに2秒程速い、6分45秒を記録した模様。 この記録はあくまで速報値となりますが、正式ラップタイムは近日中に公開されると思います。 ほぼほぼ「ウラカン・ペルフォルマンテ」のかたき討ち ランボルギーニのハイパフォーマンス限定モデルとして登場した「アヴェンタドールSV」で6分59.73秒、更には「ウラカン・ペルフォルマンテ」で6分52.01秒をマークし、一気にニュル市販車最速記録を樹立。 しかし、宿敵ともいえるポルシェ「911GT2RS」にすぐさまコースレコードを破られることとなりましたが、今回の「アヴェンタドールSVJ」の記録は、ある意味「ウラカン」のかたき討ちとして行われた結果なのかもしれません。 そんなに凄いの?「アヴェンタドールSVJ」 この個体は、「アヴェンタドールS」のハードコアモデルとして登場する最終限定モデルで、排気量6.5L V型12気筒自然吸気エンジンはそのままに、最高出力770ps~800psを発揮する、ランボルギーニモデル史上最強の一台と言われていて、来月の8月に開催されるペブルビーチにて世界デビューすることが決定しています。 どうやったら「アヴェンタドールSVJ」を購入できるの? これは某ディーラにてお聞きした情報ではありますが、「アヴェンタドールS」を"新車"にて購入していることが前提条件となっています(ランボルギーニ本社に「アヴェンタドールS」購入したオーナーの名前を周知させるため)。 つまりは、「アヴェンタドールS」を購入することが条件なのであれば、一見さんであっても「SVJ」を問題なく購入することが可能なので、お得意様限定ということはまず無いそうです(っというか一見さんでSVJを購入したいオーナーも相当に多い模様)。 価格帯としては、「セストエレメント」や「レヴェントン」のように億超えとなることは無いものの、車両本体価格だけでも6,000万円~7,000万円になる可能性は十分に有り得そうですね(残念ながら、現時点で価格帯も生産台数もわかっていない)。 ☆★☆「アヴェンタドールSVJ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

#ポルシェ #ランボルギーニ #アヴェンタドール

2018-07-07 08:01 閲覧数: 84
Creative Trendのニュースまとめ
詳しく記事を読む