先日、マクラーレンのスポーツモデル「570S」のハイパフォーマンスロングテールモデルのティーザー映像が公開されましたが、今回新たなティーザー映像が公開され、恐らく車両名称も「600LT」(車名の数字は馬力を意味するため、スペックとしても600ps発揮)になるのではないかと思います。 今回公開されている「600LT」のティーザー映像では、「570S」に配置されていた両サイド1本出しのエキゾーストパイプから、アルティメットシリーズ「マクラーレン・セナ」のようなセンター出しタイプへとレイアウト変更されています。 ロングテールモデルは、マクラーレンのスーパーシリーズ「650S」のハードコアモデルとして「675LT」が登場しましたが、このモデルはクーペが500台、オープン仕様のスパイダーが500台にて限定販売。 恐らく、今回の最新モデルとなる「600LT」も、限定モデルとして登場するのでは?と考えられています(台数は不明)。 改めてティーザー映像を確認してみると、「570S」よりも明らかにカーボンファイバーの比率が大きく、同社のカーボンファイバパッケージよりも優れた装備になるのではないかと予想。 本映像の最後には、発表日時の6月28日が表記されていましたが、何だかんだであと2週間しかありません。 マクラーレンのTrack22事業計画の下で5番目に発表される今回のモデルは、7月12日に開催されるグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードにて世界デビュー予定となっています。 【New McLaren: More secrets revealed...】 【関連記事】 ・マクラーレン・スーパーシリーズにもハードコアモデル!「570LT」のティーザー映像が公開に【動画有】(2018/6/7投稿) ・マクラーレンが累計15,000台の製造に到達。記念すべきモデルは「570Sスパイダー」(2018/5/27投稿) ・マクラーレンが北米だけで累計5,000台販売。ちなみに5,000台目の車両は?(2018/4/27投稿) ・マクラーレンが強く主張「SUVはスポーティでも実用的でも無い、スポーツカーが実用的ではないと誰が決めた?」(2018/4/18投稿) ・マクラーレンが3部門に分かれるために企業再編を行う模様。ザック・ブラウン氏がレーシング部門の新CEOに(2018/4/12投稿)

#マクラーレン

2018-06-14 07:50 閲覧数: 491
Creative Trendのニュースまとめ
詳しく記事を読む