自動車ニュース

1968年式の初代フォード「マスタング」にフェラーリエンジンをブチ込んでみた【動画有】

2018-05-11 09:20 閲覧数:396 1968年式の初代フォード「マスタング」にフェラーリエンジンをブチ込んでみた【動画有】

先日、アメリカチューナーが初代フォード「マスタング」のエンジンに電気モータを搭載したハイブリッドモデル「Vicious Mustang」を公開しましたが、今回は同じ初代「マスタング」にフェラーリエンジンをドッキングしたクレイジーモデル「Project Corruptt」(Assy途中)が公開されています。 アメリカ・アリゾナ州フェニックスにて公開されている「Project Corruptt」は、フェラーリ「F430」に搭載されるV型8気筒自然吸気エンジンにターボキットを追加した特別なユニットをフロントボンネット下にセット、インテークマニホールドも搭載しています(具体的なエンジン出力は不明)。 ご想像の通り、エンジンスワップは多量のコンポーネントをゼロから設計する必要があるため、その工数もとんでもないことに。 トランスミッションは「F430」同様に6速MT T56トランスミッションを組合わせます。 フロントバンパーには、ヘッドライト下に3Dプリンタにて生成されたダクトの取入れ口が設けられ、ターボエンジンの冷却効果を高めます。 なお、この個体は今年の10月末に開催されるSEMAショー2018にて出展予定ですが、現時点ではまだまだ組立てが完了していない模様。 今夏以降にはその詳細が明らかになるとのことで、非常に楽しみな一台となっています。 【Corruptt Q&A】 Reference:CARSCOOPS これがハイブリッドモデルの初代「マスタング」だ! 関連記事:アメリカチューナーが初代・フォード「マスタング」を鬼カスタム。V8スーチャー&ハイブリッド搭載で1,000馬力発生、但しカスタム費用は・・・?(2018/5/9投稿) アメリカ・カリフォルニア州に拠点を置くチューニングメーカのTimeless Kustomsが、フォードの初代モデル「マスタング」をカスタム。 初代「マスタング」は、1959年にフォードが初めて販売した小型モデル。 同社「ファルコン」をベースとしたスポーツモデルで、スタイリングや性能等のトータルバランスと巧みな広告代理店の宣伝により瞬く間に大ヒットモデルとなりました。 そんな歴史ある初代「マスタング」のチューニングを施すべく、Timeless Kustomsが排気量5

元の記事を読む  Creative Trendのニュースまとめ

#フェラーリ #フォード #マスタング

 人気ランキング

関連する自動車・バイクニュース 関連ニュース

新着の自動車・バイクニュース 新着ニュース

良く読まれている自動車・バイク記事 良く読まれている車・バイクニュース

SNSフォローお願いします!

GooAutoのFacebookページ Facebook

GooAutoのTwitterページ Twitter