自動車ニュース

人気ユーチューバーが世界限定5台ゼンヴォのハイパーカー「TSR-S」をレビュー【動画有】

2018-04-24 07:41 閲覧数:407 人気ユーチューバーが世界限定5台ゼンヴォのハイパーカー「TSR-S」をレビュー【動画有】

超人気ユーチューバーのShmee150氏が、世界限定僅か5台の超希少モデル・ゼンヴォ「TSR-S」をレビュー。 2014年にトップギアにて、前モデル「TS1」が炎上事故を起こしてしまったことでも有名なゼンヴォですが、今回のモデル「TSR-S」はこれまでにない過激且つアクティブなハイパースポーツモデルとなります。 この個体は、トラックモデルでありながらも公道モデル(TSR-Sの"S"は"Street"を意味)としても活用できるハイパフォーマンスモデルで、前モデルとなる「TS1GT」に匹敵する走行性能を持ちます。 デザインとしては、ヘッドライトが小型六眼式と大型単眼式のLEDを採用(しかもヘッドライト周りのハウジングはカーボンファイバを使用)し、フロントデザインは「屈強なライオン」をイメージしてのシンプルかつダイナミックさを再現。 プラットフォームについては、軽量スチールとアルミ製セミモノコック(スチールのフロント&リヤサブフレームカーボンファイバボディ)を使用しており、前モデルとなる「TS1GT」のデザインとスタイリングを大きく踏襲。 外観において、最も注目すべきところが全く新たな技術となるCentripetalウィング。 これは、2つの軸間にて回転でき、水平位置にて持ち上げられた時にエアブレーキを作用。 コーナリング中に車両の縦軸に対して回転し、グリップと安定性が更に向上するスタビライザのように機能し、更にはピポット点が高い為、余分なアンチロールバーのように動作してリヤエンドの安定性を高めます。 文章で説明するのは中々難しいですが、「とにかくアクティブに色んな方向に動きまくるリヤウィング」といった方が良さそう。 最新モデル「TSR-S」からは、走行モードが追加されています。 最大出力700ps程度に収めることのできる"Minimum"モードや、最大出力1,193psまで発揮可能な"Maximum"モード、そして最後は、タイヤのけん引力を継続的に測定し、それに応じてパワーを調整するトラクションコントロールと、ロードドライブのノウハウを蓄積したレーシング走行主体の"Clever"モードの3種類を準備。 パワートレインとしては、排気量5.8L V型8気筒スーパーチャージャーエンジンを搭載し、最高出力1,193ps、最大トルク1

元の記事を読む  Creative Trendのニュースまとめ

#レビュー

関連する自動車・バイクニュース 関連ニュース

新着の自動車・バイクニュース 新着ニュース

良く読まれている自動車・バイク記事 良く読まれている車・バイクニュース

SNSフォローお願いします!

GooAutoのFacebookページ Facebook

GooAutoのTwitterページ Twitter