自動車・バイクニュース



❗❗❗いいねのご協力お願いします ❗❗❗


みんなよろこぶ!見て楽しめる!情報をシェアしよう!

おすすめの自動車・バイクニュース

【ランボルギーニ】前期型のディアブロでドリフトに挑戦!!

2017-06-22 379 Vehicle Mania 【ランボルギーニ】前期型のディアブロでドリフトに挑戦!! 写真・画像

前期型のランボルギーニ ディアブロでドリフトに挑戦。
今回ドリフトに挑戦するロケーションはお決まりの高級車向け放水トラックだ。
前期型のランボルギーニ ディアブロでドリフトに挑戦!!       今回ディアブロでドリフトに挑戦する場所は高級車のタイヤ保護のため一面に放水されたツルツルのトラック。
  [...]


ランボルギーニ ディアブロ
続きを見る

ランボルギーニチェンテナリオロードスター世界第1号車がビバリーヒルズに到着

2017-06-22 9 ferrarilamborghininews ランボルギーニチェンテナリオロードスター世界第1号車がビバリーヒルズに到着 写真・画像

昨年、カリフォルニア州モントレーで初公開された世界限定20台のランボルギーニチェンテナリオロードスターの第1号車で初公開のカラーリングがビバリーヒルズに納車されました。
スペックはクーペと同じく後輪操舵システムを搭載し6.5L V12自然吸気エンジン770馬力を発揮し、アヴェンタドールロードスターと同じく脱着式のカーボン製ルーフを搭載し車重1570キロ、0-100km/hは2.9秒で到達し、最高速度350km/hまで到達します。
...

ロードスター ランボルギーニ
続きを見る

ランボルギーニ ウラカン スパイダーが過激に変身!860馬力の「N-Largo」誕生

2017-06-22 71 Spyder7 ランボルギーニ ウラカン スパイダーが過激に変身!860馬力の「N-Largo」誕生 写真・画像

ドイツのチューニングメーカー「ノビテック ロッソ」は、過激チューニングで有名な「N-Largo」シリーズに、ランボルギーニ ウラカン スパイダーを新たに加えた。

ランボルギーニ ウラカン スパイダー
続きを見る

ランボルギーニ「ウラカン・ペルフォルマンテ」の見積もり取得。約4,000万円、冷静に考えるとやはり高額

2017-06-22 84 Creative Trend ランボルギーニ「ウラカン・ペルフォルマンテ」の見積もり取得。約4,000万円、冷静に考えるとやはり高額 写真・画像

先日、ランボルギーニ大阪さんを訪問した際に、「ウラカン・ペルフォルマンテ」の見積もりを取得し、具体的なオプションとコンフィギュレータ(シミュレーション)による車体確認を実施しました。
関連記事①:ランボルギーニ大阪さんにて、「ウラカン・ペルフォルマンテ」を見てきました【エクステリア編】 関連記事②:ランボルギーニ大阪さんにて、「ウラカン

ランボルギーニ ウラカン
続きを見る

【ランボルギーニ】水色のセンテナリオが到着!木箱から開封し搬入する貴重映像

2017-06-22 135 Vehicle Mania 【ランボルギーニ】水色のセンテナリオが到着!木箱から開封し搬入する貴重映像 写真・画像

まぶしい水色が特徴的なランボルギーニ センテナリオ。
木箱に収められたセンテナリオを開封し搬入する。
水色のランボルギーニ センテナリオが到着!木箱から開封し搬入する貴重映像               センテナリオが収められた状態の木箱を数人がかりで手作業で慎重に開封する。
  [...]


ランボルギーニ
続きを見る

ランボルギーニウルス、12月4日にデビューする事が決定!ミウラも復活!

2017-06-22 78 ferrarilamborghininews ランボルギーニウルス、12月4日にデビューする事が決定!ミウラも復活! 写真・画像

以前の記事でアジア太平洋地区代表のアンドレア・バルディ氏が「ランボルギーニウルスは12月にデビューする」と紹介しましたが、12月4日にグローバルデビューする事が判明しました。
既にスペックは発表済みで、4.0リッターV8ツインターボエンジンが採用され600馬力以上になる事が判明しています。
ステファノ・ドメニカリCEOは2025年~2030年迄には4人乗りのスポーツカーを構想しており、21世紀のミウラの計画もあるが少なくとも今...


ランボルギーニ
続きを見る

2億円の限定車「ランボルギーニ・センテナリオ」が「トランスフォーマー/最後の騎士王」のロンドンプレミアに登場!

2017-06-23 363 idea web tools 2億円の限定車「ランボルギーニ・センテナリオ」が「トランスフォーマー/最後の騎士王」のロンドンプレミアに登場! 写真・画像

ロンドンで行われたトランスフォーマーシリーズの最新作「トランスフォーマー/最後の騎士王(Transformers: The Last Knight)」のグローバルプレミアで、劇中に「ホット・ロッド」として登場しているスーパーカー「ランボルギーニ・センテナリオ」がレッド・カーペットに登場しました。


ランボルギーニ プレミア
続きを見る

ランボルギーニウルス、12月4日にデビューする事が決定!ミウラや新モデルの登場も

2017-06-23 395 ferrarilamborghininews ランボルギーニウルス、12月4日にデビューする事が決定!ミウラや新モデルの登場も 写真・画像

以前の記事でアジア太平洋地区代表のアンドレア・バルディ氏が「ランボルギーニウルスは12月にデビューする」と紹介しましたが、12月4日にグローバルデビューする事が判明しました。
既にスペックは発表済みで、4.0リッターV8ツインターボエンジンが採用され600馬力以上になる事が判明しています。
ステファノ・ドメニカリCEOは2025年~2030年迄には4人乗りのスポーツカーを構想しており、21世紀のミウラの計画もあるが少なくとも今...


ランボルギーニ
続きを見る

ランボルギーニ「ウルス」が12月4日にデビュー。2018年中頃から納車スタート

2017-06-23 13 Creative Trend ランボルギーニ「ウルス」が12月4日にデビュー。2018年中頃から納車スタート 写真・画像

ランボルギーニの新型SUVモデルとなる「ウルス」が、半年後の12月4日に世界デビューすることが明らかとなりました。
オートモーティブ・ニュース・ヨーロッパ・コングレスによれば、ランボルギーニCEOのステファノ・ドメニカリ氏曰く、「ウルス」の最短納車は来年の中ごろになるいわれています。
なお、ランボルギーニは現在、「ウルス」の生産性を向上させるため

ランボルギーニ
続きを見る

【今宵のスーパーカー】ランボルギーニチェンテナリオロードスター

2017-06-23 364 ferrarilamborghininews 【今宵のスーパーカー】ランボルギーニチェンテナリオロードスター 写真・画像

昨日紹介しましたビバリーヒルズに納車されたばかりのランボルギーニチェンテナリオロードスター第一号車。
クーペと同じく限定20台のみ作られ合計40台のチェンテナリオシリーズが作られ1台1台異なるカラーリングになります。
1台2億5600万円もするスーパーカーでランボルギーニのレーシングカーや限定車など沢山持っている人に優先的に購入権が与えられます。
...


ロードスター ランボルギーニ
続きを見る

羨ましっ!日ハムの中田翔選手が2本塁打でランボルギーニ「ウラカン」をゲット

2017-06-23 153 Creative Trend 羨ましっ!日ハムの中田翔選手が2本塁打でランボルギーニ「ウラカン」をゲット 写真・画像

本日のプロ野球・公式戦である日本ハム vs 楽天にて、楽天に勝利した日本ハムの中田翔選手が、試合中に2本塁打を決めるという試合に。
しかも、この日の試合では、中田翔選手にゲームスポンサーである中古車買い取り業者の「ティーバーティーガレージ」より、ランボルギーニ「ウラカンLP610-4・クーペ」がプレゼントされるというとんでもない企画も開催されていま


ランボルギーニ ウラカン
続きを見る

ランボルギーニ大阪さんにて、「アヴェンタドールS」を見てきました。オプションだけで驚愕の約900万円

2017-06-24 57 Creative Trend ランボルギーニ大阪さんにて、「アヴェンタドールS」を見てきました。オプションだけで驚愕の約900万円 写真・画像

先日、ランボルギーニ大阪さんにて、「ウラカン」のハイパフォーマンスモデルとなる「ウラカン・ペルフォルマンテ」の展示車両を拝見&見積もり取得を目的に訪問しましたが、併せて展示されていた「アヴェンタドールS」も拝見させていただきました。
この日は、別件にて用事もあったため、あまり長居はできなかったものの、友人からのご紹介も頂いていたという

ランボルギーニ アヴェンタドール
続きを見る

19歳の美女がランボルギーニ「アヴェンタドールSV」を乗り回す。かなり気合の入ったカスタム込【動画有】

2017-06-24 355 Creative Trend 19歳の美女がランボルギーニ「アヴェンタドールSV」を乗り回す。かなり気合の入ったカスタム込【動画有】 写真・画像

19歳の美少女が、自身の所有するランボルギーニ「アヴェンタドールSV・クーペ」にて街中を乗り回す動画が公開に。
本動画を投稿した本人でもあるユーチューバ―兼モデルのSofia Shamimiさんですが、若干19歳でありながらも、ランボルギーニ「アヴェンタドールSV」だけでなくフェラーリ「488スパイダー」やマセラティ「クアトロポルテ」といったスーパースポーツも所有


ランボルギーニ アヴェンタドール
続きを見る

良くある質問

#ランボルギーニに関する質問
ランボルギーニに乗れる私はエリートですか? https://chiebukuro.yahoo.co.jp/my/myspace_quedetail.php?writer=lokiblessw

回答がこちら
ランボルギーニ乗れるからってエリートじゃないよ。
ただ金持ってるだけだろw 閉鎖病棟へ。


#ランボルギーニに関する質問
中古車業界について。
庶民の皆さんが乗るような車。
いわゆる軽自動車や高くても500、600万くらいの車がありますが中古車を取り扱っている店(中古車販売店)は相手の納得がいく金額で買い取り、利益を得るために少しでも上乗せして売り出す。
こういった形でいいんでしょうか? そして、一番気になるのがランボルギーニ、フェラーリと言ったスーパーカーを取り扱う店がありますよね?どう見ても走行距離2桁3桁で新車だろと思うようなタマもあります。
それもちょっとしか乗ってない人から買い取ってるんですか? また、新車で取り寄せてるんですか? それなりの高い車を扱ってるわけだから高額なお金を払い自分の店に置いてるんですか? 庶民的な車から高級車まで幅広いですが中古車販売店の中古車仕入れ方法を知りたいです。
また、スーパーカーだけ取り扱ってたりスーパーカーがやたらと多い店はかなり儲かってるわけですか?

回答がこちら
中古車販売と言っても、いろんな業者さんがいますから人規模のお店ほど、仕入れや販売スタイルも雑な感じです。
中古車を買い取っても色々と調べると不具合が見つかり修理代で修理。
その分、仕入れ値があがり少しでも上乗せする。
ごく当たり前の事です。
一部の高級外車は儲かるのではないでしょうか?


#ランボルギーニに関する質問
新車購入を考えています。
ランボルギーニ、フェラーリ、ポルシェ、アルトワークスで迷ってます。
どれがいいでしょうか。
優柔不断の私の背中を押してください。

回答がこちら
迷っている時が1番楽しい時です


#ランボルギーニに関する質問
GTRって何が凄いのでしょうか?他のフェラーリ、ランボルギーニの方が最高速は上回ってたと思いますが、何が評価されてるのか分かりません。
アスファルトっていうレーシングゲームではGTRはそんなに速くなかった気が するのですが... グリップもあまり効かずコーナリングで障害物にぶつけてばかりいました。
これはゲームの中だけの設定なのですか?

回答がこちら
ゲームだとしてもあなたの運転がうまくないからかもね GTRがすごいのは、ヘタでも早く走れること 直線にかぎらずね。


#ランボルギーニに関する質問
5.2リッターv10naエンジンがニュルブルクリンクで一番速いとは!ランボルギーニは横幅がポルシェより広いのですか?ターボやハイブリッドは遅いという事ですか?

回答がこちら
ニュル北、レンタカーで走ったことあるけどあそこは足のセッティングでスピード出せるか出せないか決まる。
とにかく細かい起伏が多いから足は車高高め・サス柔らかめといったスピード出すのとは真逆のセッティングになるはずだよ。
サーキットみたいにカチカチに堅くはしない。
だからニュルのタイムアタックってあまり当てにしないほうがいいと思いますけどね。
なんか最近は大ブームになってますが。


#ランボルギーニに関する質問
フェラーリ、ポルシェ、ランボルギーニ等の高級車に乗ったことがある方に質問です。
乗り心地は、やはり最高ですか?

回答がこちら
フェラーリ、ランボルギーニは、知り合いの車で、助手席に乗りました。
乗り心地は、最低です。
ポルシェは、ケイマン→911と乗り継いでいます。
同じく、乗り心地は最低です。


#ランボルギーニに関する質問
フェラーリやランボルギーニは、中古車になってもあまり値下がりしないのに、ベントレーとかが下がるのは何故でしょうか? 希少性ならベントレーも中古市場に沢山出てくる車でもないですよね

回答がこちら
フェラーリやランボルギーニはブランド力があります。
ア-トというか芸術というか 型落ちした車でもまだ人気があります。
それはブランド力が半端ないからです。
ベントレ-はフェラーリやランボルギーニほどの ブランド力とア-ト力がないからです。


#ランボルギーニに関する質問
カーセンサーを見ていてランボルギーニ ウラカン2016年モデルの中古車は販売店及びディーラーの保障ありとなっているのに対し、フェラーリ488の2016年モデルはほとんどが保障なしとなっているの はなぜですか? 一年落ちなのでディーラー保障中だと思うのですが。
よろしくお願い致します。

回答がこちら
中古車のフェラーリ488の2016年モデルで 保証ないのは並行モデルだからです。
フェラ-リは458から正規ディ-ラ-で購入したのは 全部保証があります。
保証が付くようになりました。
最高で12年ぐらいです。
認定中古車でも保証を継承できます。
458以降の中古フェラ-リで保証がないのは全部並行物です。
並行物には保証が付きません。
ス-パ-カ-は正規代理店で購入しないと保証がないですよ。


#ランボルギーニに関する質問
ランボルギーニアヴェンタドールSVの排気バルブと吸気バルブの口径を教えてくださいよろしくお願いいたします。

回答がこちら
メーカーが知っているでしょう。


#ランボルギーニに関する質問
世界最強ドリフターこと斎藤大吾選手は、今までに数々のマシンを製作していますよね。
私が知っているだけでも、 jzx90マーク2 2004〜2007 d1gp参戦用 2007年富士で川畑真人とのクラッシュで廃車 jzx100マーク2(1台目) 2007〜2013 d1gp参戦用 2008年d1gpチャンピオンマシン 火事で焼失という噂だが、アマンディオ号(緑&黒)に似ているので、もしや…? jzx100チェイサー(1台目) 2007〜2012 d1gp・ d1sl参戦用、 d1gpのアメリカラウンド用、また本チャン機マーク2のスペアマシン。
2013年はインドネシアのエマニエル・アマンディオ選手に売却し、カラーリングも赤黒から緑黒となり、彼のd1gpマシンとなる。
jzx90クレスタ(100チェフェイス) イベント用、ドリフトマッスル用?もう売却されたかも? uzz40 sc430 2012〜2014 本場フォーミュラドリフト参戦用。
2012年は初シーズンでチャンピオンを獲得したマシンで、パワーはなんと前代未聞の1400馬力という、いい意味で暴力的かつアメイジングかマシンである。
現在はイベントもしくはフォーミュラドリフトジャパン用? sc430はもしかして2台ある? sxe10アルテッツァ 2011 フォーミュラドリフトアジア参戦用 現在は外国人選手が買い取ってアキレスカラーから黄緑色になっている gse20系 isコンバーチブル 2012〜 フォーミュラドリフトアジア参戦用。
2012年、フォーミュラドリフトUSAシリーズと同様チャンピオン獲得。
また、2014年前半はd1gp参戦用となる。
jzx100マーク2(2台目) 2014〜2016前半 d1gp参戦用 1台目のマーク2は不明、1台目のチェイサーはアマンディオ号となったので、ニューマシンとして製作。
1000馬力車重1トンすなわちパワーウエイトレシオ1、アルミブロックの2jzをフロントミドシップに搭載、ドラポジはかなり後方と、モンスターマシンとして話題になった。
しかしエンジン搭載位置が後方過ぎ、2016年d1gp第3戦からのレギュレーションに適合しなくなったため、2016年からはイベント用、またキングオブネイションズ参戦マシンとなっている。
jzx100チェイサー(2台目) 2016年〜 d1gp参戦用 2015年までは斎藤大吾自身がロシアのドリコンに参戦していたマシンであった?が、先述のようにレギュレーション不適合となったマーク2に変わるマシンとして、2016年第3戦よりd1gpに投入。
2016シーズンはマーク2とこのチェイサーで7戦中5勝という偉業を成し遂げシリーズチャンピオンとなる。
元は某ショップのデモカーであり、ロールケージはそのまま使用、ミッションはなんとgフォース4速のHパターン、パワーはt04zタービンでおそらく800馬力程度、車重は1200キロとマーク2より200キロも重いものの、それでも他のd1選手と一線を画す走りを見せた。
2017年シーズンのd1gpは斎藤大吾と同期の畑中慎吾が乗り参戦する。
ランボルギーニ ムルシエラゴ 元はリバティウォークの顧客の所有車であったが、オーナーが病気で亡くなり、そのオーナーの「自分の死後、このムルシエラゴは好きなようにしてくれ」という遺言のもと、同社加藤社長を通じて斎藤大吾の手によって、世界初のランボルギーニのドリ車として生まれ変わったという感動的なストーリーを持つマシンである。
2015年のd1gpお台場エキシビジョンのデビュー以来、主にイベント用のマシンとして活躍。
最近では2016年WTAC併催のドリコンに出走した。
ダッヂ チャレンジャー 元々アメリカ在住のスウェーデン人ドライバーであるサム・ヒュビネットがフォーミュラドリフトUSAシリーズで乗っていたダッヂワークスのマシンであったが、サムが2011年いっぱいでフォーミュラドリフトUSAから引退したことをキッカケに、斎藤大吾が買い取ったマシン。
しかし斎藤大吾自身はほとんど使っていないようで、2016年のフォーミュラドリフトジャパンのエビスラウンドに出走したぐらいなので、ファットファイブレーシングのマシンとしては脇役的存在となっている。
R35 GTR 2015年よりHKSとタッグを組み、フォーミュラドリフトUSAシリーズに参戦しているマシンである。
こちらもパワーは1300馬力と、前マシンのsc430同様かなりのモンスターマシンである。
2016年シーズンは日本でリメイク&リセッティングし、2017年より参戦再開。
先日のお台場ドリフト超天国やHKSプレミアムデイに出走し、カラーリングも変更され、話題となった。
今年の活躍が楽しみな一台でもある。
c6 コルベットz06 gt3 2017〜 d1gp参戦用 今年からd1gpに投入されたマシン。
ベースは2012年頃にスーパーgt300クラスに参戦していたFIA-GT3マシンである。
LS7エンジンはNAで約800馬力を発生し、外装もほとんどをカーボンパーツとし、アルミフレームも相まって車重は900キロとかなり軽量である。
先日の2017d1gp開幕戦&第2戦時点ではまだ煮詰まっていない様子だったが、期待のマシンである。
彼はやはりかなりの金持ちなのでしょうか?

回答がこちら
スポンサー協力だから、チューニング・年俸・人件費など全部、彼につくスポンサーが支払っています。


中古車情報< /h3>