米国スズキに関連する自動車・バイクニュース

XL7。米国スズキのSUVで、日本ではグランドエスクードのことです。 | Carcast[カーキャス]

2015-12-16 46 Carcast XL7。米国スズキのSUVで、日本ではグランドエスクードのことです。 | Carcast[カーキャス] 写真・画像

XL7をご存知でしょうか?最新モデルは日本にはないスズキの米国生産SUVです。
今回はXL7の生い立ちや歴史、派生車種や価格まで調べてみます。
海外の中古車掲載サイトへもアクセスし、中古車の価格も調べてみます。
ご一緒に見に行きませんか・・・?!

スズキ RC エスクード クー グランドエスクード 米国スズキ
続きを見る

「米国スズキ」に関連するTwitter

「米国スズキ」に関連する質問

TPPに加入すると日本の軽自動車は厳しくなりますか? 軽自動車を利用する人が日本で減りますか? そんな記事がある。
↓ TPP参加 庶民の足 軽自動車が無くなっちまうゾ! 【政治・経済】 2013年2月27日 掲載 米国が「税制優遇」撤廃を要求 日本がTPPに参加すれば、この国から「軽自動車」が消えるかもしれない。
TPPに関する日米首脳の共同声明には、「自動車と保険が両国の懸案事項」とあった。
両分野に日本独自のルールがあり、それが「非関税障壁」だというのが米国の長年の主張だ。
日本がTPPに参加する気なら、非関税障壁を改善しろ、と突きつけているのだが、自動車分野のターゲットのひとつはズバリ、軽自動車の税制優遇の見直し。
「普通車より軽の税金が安いから、日本で米国車が売れない」と言いたいらしい。
「普通車は自動車税が年間2万9500円以上なのに対し、軽自動車は7200円。
クルマを購入する際、この差は大きい。
軽自動車は車両価格も維持費も割安です。
交通の便の悪い地方では、1人1台、軽を保有している家庭も少なくありません」(自動車メーカー関係者) さらに軽は高速代が普通車の8割で済む。
保険料も安い。
人口10万人未満の地方の自治体などでは車庫証明も不要だ。
だから人気なのに、米国のご機嫌取りのため、軽の優遇措置がなくなれば、利益率の低さを理由に自動車メーカーはわざわざ製造・販売しなくなる。
「バブル期に軽自動車不要論が出たことがありましたが、今は逆。
非正規雇用など普通車では高くて買えない人たちのニーズが高まっています。
高齢者も大きな車は運転しづらいと、軽に回帰している。
軽のジャンルがなくなったら、庶民には痛いですね。
ダイハツやスズキなど軽メーカーは死活問題です」(経済ジャーナリストの井上学氏) 26日のスズキの新車発表会で鈴木修会長は米側の言い分に対し「こじつけだ」と反論。
「(米メーカーが軽自動車を)造って輸出しても結構だ」と激怒していたが、安倍首相は米国追従。
オバマにシッポを振って、庶民の足を“抹殺”しかねない。
. 日刊ゲンダイ http://gendai.net/articles/view/syakai/141176

回答を見る
スズキのハスラー。
どう思います?何点くらいですか?私はデザイン、低燃費など中々いいと思いますが。
スズキも、やっと本気を出してきたなと。
ただ、軽ブームは増税鑑みても続くとして。
これから(当面)の軽は「軽さ」「低燃費」「小ささ」「低価格」「高デザイン」が重要ポイントになると予測しています。
アベノリスク(物価高、消費増税、格差拡大)で庶民は経済的に当面は地獄なんで。
私的にはトヨタの「IQ(http://gazoo.com/car/newcar/salespoint/Pages/iQ_200810_page01.aspx)」のような後部座席小さめの4人乗り。
でSMARTやスバルR1?みたいな軽自動車を期待しています。
ハスラーじゃ少し大きすぎです。
なので80点くらいですかね。
※ちなみに、「小型車のほうが燃費いい」とかの役人、自動車メーカ系工作員の都市伝説レベルのアホアホ理論は期待していませんのであしからず。
検証結果「小さく軽く」すれば軽自動車圧勝だし。
いまの技術はすごいから事故にも強くできてるのよ軽自動車でも。
基本、軽自動車批判してる連中は。
自動車メーカ、役人系の連中ですから。
自動車メーカは大きい車のほうが材料代とか、なんだかんだ利益率高くなるんでガッポリできるし。
悪徳役人は悪徳役人で大きい車のほうが税金ガッポリとれるからね。
役人系政党もしかり。
米国自動車企業も逆恨みから軽憎しだし。
売り手は材料費やら無駄買いしてくれたほうが儲かるからなぁと。
庶民にやさしい軽自動車。
材料とかで環境にもやね。

回答を見る
国産バイクの発動機の外観について。
国産バイクの発動機はどうしてあんなにつまらないものなのでしょう。
まるで洗濯機のようです。
イタリヤや米国ものはさすがに素晴らしいです。
イタリヤ物は芸術センスを感じますし、米国物は機能美です。
国産やドイツ物はまったくダサイです。
特に伝統的にスズキと最近のホンダはひどすぎる。
国産バイクの発動機で外観がすばらしいと思えるのは唯一CB750kシリーズくらいです。
バイクの発動機なんて性能だけで外観なんてデザインしないんですかね。

回答を見る
日本の中年二輪隊の主力二輪車CB1300の車体の老朽化が深刻化している! 米国中年軍では1980年からFLHTCを導入しているが、その多くのFLHTCから車体に亀裂が発見されて、運用を停止して車体の検査が行われている。
事実上アメリカ中年軍の主力戦闘機であるFLHTCが運行停止に追い込まれているのである。
中年軍の検査の結果、製造から20年を経過している殆どの中年の体に深刻な腰痛が生じている事が判明しているのだ。
そしてローンで購入している日本の中年隊のCB1300でも当然同じ問題を抱えていると見て間違いない。
そこで米国政府はトライグライド ウルトラの開発製造を加速させる必要に迫られたのである。
そしてその巨額の購入費の捻出の為に超高額なMV アグスタの調達に見切りを付ける必要があったという事である。
日本ではポンコツ中古の中型車問題が取りざたされているが、実はオッサンは本当は主力二輪車のスペイシー125の予想以上の老朽化によりCB1300以降の最新鋭の二輪車を探しているのである。
だからXJR1300に最後の最後まで執着する訳である。
実際CB1300が導入されない中年は老朽化が激しいスペイシー125で若者の最新鋭のNINJA400やWR250R、或いはスズキのGSR400に対抗しなければならなくなり、一挙にこれまでの自宅周辺のホームグランドを失う事になったのである。
まさに中年危うしですかぁ! ?

回答を見る
燃費競争激化で、ついに三菱自動車の燃費不正が発覚しました。
他にもやってそうな軽自動車メーカーはあると思いますか? 今回の三菱の手口として台上計測機は公的検査場で行う為、タイヤが受ける路面抵抗と車体形状が受ける空気抵抗の数値について、結果が有利となる米国方法で算出したと公表されました。
各社の車体のこれら数値を検証されれば判明すると思いますが、日本車の不信を生む可能性もありますけど。


軽自動車のタイヤの空気圧が尋常じゃないほど超高圧で大事故(高速走行でパンクの可能せいでしょうね)になるのでは?と警鐘を鳴らしていた記事もありましたし、個人的にはスズキとダイハツの低燃費競争の2トップは怪しそうですが。
なかでもSエネチャージによって低燃費を公称しているスズキに対して、巻き返しを計っているダイハツは特に怪しいですね。

回答を見る