ガスリーに無関心なレッドブルF1。2022年ドライバーを検討中のアルピーヌが状況を注視

 ピエール・ガスリーは、スクーデリア・アルファタウリに所属しながら、レッドブル・ホンダに昇格される可能性はゼロという特異な状況に置かれている。2019年と2020年のチームメイト、ダニール・クビアトは、レッドブル陣営から離脱した後、F1レースシートを見つけることができず、今年はアルピーヌのリザーブドライバーを務めている。しかしガスリーの場合は、彼を欲しがるチームがあるだろうことから、レッドブル/アルファタウリとの契約を終えることになっても、F1キャリアを続けていくことができるだろう。

気になるニュースの詳細はこちら👇
詳しく記事の内容を見る

F1第2戦イタリアGP(イモラ)の関連記事まとめ

2021-04-08 08:06 159
AUTO SPORT webのニュースまとめ

ストーリー動画で見る

F1
ノア
アルピーヌ