ホンダ、両セッションでトップ3。角田のPU部品交換は「データに気になる部分があったため」と田辺TD/F1第2戦金曜

 2021年F1エミリア・ロマーニャGPの金曜、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンはフリー走行1=3番手/2=14番手、セルジオ・ペレスはフリー走行1=16番手/2=6番手だった。スクーデリア・アルファタウリ・ホンダの角田裕毅はフリー走行1=20番手/2=7番手、ピエール・ガスリーはフリー走行1=5番手/2=3番手となり、FP1、FP2ともにホンダ勢がトップ3に入った。

気になるニュースの詳細はこちら👇
詳しく記事の内容を見る

F1第2戦エミリア・ロマーニャGP(イモラ)の関連記事まとめ

2021-04-17 07:59 115
AUTO SPORT webのニュースまとめ

ストーリー動画で見る

ホンダ
F1
タタ
TD