スーパーフォーミュラ・ライツ第1戦は緊迫の首位攻防戦を制し名取鉄平が嬉しい初優勝を飾る

 4月3日、2021年の全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権第1戦の決勝レースが富士スピードウェイで行われ、ポールポジションからスタートした名取鉄平(ByoubugauraB-MAXRacing320)が、佐藤蓮(TODAFIGHTEX)との緊迫のレースを制し、ポール・トゥ・ウインでスーパーフォーミュラ・ライツ初優勝を飾った。3位は日本での初レースとなったジュリアーノ・アレジ(TOM’S320)となった。

気になるニュースの詳細はこちら👇
詳しく記事の内容を見る

スーパーフォーミュラ第1戦(富士スピードウェイ)の関連記事まとめ

2021-04-03 17:55 130
AUTO SPORT webのニュースまとめ

ストーリー動画で見る

F1
スーパーフォーミュラ