田辺TD初日会見:「ホンダの名前に恥じない結果を出さないと」“身の引き締まる思い”で迎えたF1開幕戦は好スタート

 2021年F1開幕戦バーレーンGP初日フリー走行は、トップタイムを叩き出したマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)を筆頭に、ホンダパワーユニット(PU)搭載車のドライバー4人がトップ10内に入った。角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)のFP2終盤の不具合を除けば、深刻なトラブルもなく順調に周回を重ねた。そんな初日をホンダF1の田辺豊治テクニカルディレクターは、「いい感じで終えられた」と総括した。

気になるニュースの詳細はこちら👇
詳しく記事の内容を見る

F1第1戦バーレーンGP(サクヒール)の関連記事まとめ

2021-03-27 15:40 122
AUTO SPORT webのニュースまとめ

ストーリー動画で見る