【角田裕毅F1バーレーンGP密着】初日は僚友ガスリーを上回る7番手。無線では思わず怒りの叫び

 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)が2021年のF1にデビューした。日本人ドライバーがF1の公式セッションに参加するのは、2019年の山本尚貴(トロロッソ・ホンダ)以来、2シーズンぶり。またフル参戦ドライバーとして開幕戦でF1マシンを走らせるのは、2014年の小林可夢偉(ケータハム)以来、7年ぶりのことだった。

気になるニュースの詳細はこちら👇
詳しく記事の内容を見る

F1第1戦バーレーンGP(サクヒール)の関連記事まとめ

2021-03-27 09:49 143
AUTO SPORT webのニュースまとめ

ストーリー動画で見る

F1
#ワズ