2019年の世界ラリークロス第5戦ノルウェーRX。勝者は、N.グロンホルム(ヒュンダイi20)。接触ありの格闘レースならではのレース結果を動画でおとどけ。動画で見るから伝わるレースの面白さ。


世界ラリークロス(WRX)2019第5戦ノルウェーRXレース結果



世界ラリークロス(WRX)2019第5戦ノルウェーRX
ノルウェー ヘル

6月15日(土)から6月16日(日)に行われたラリークロス ノルウェーRX

優勝は、ヒュンダイi20をドライブしたN.グロンホルム




レース結果は
1位 #68 N.グロンホルム(ヒュンダイi20)
2位 #71 K.ハンセン(プジョー208)
3位 #6 J.バウマニス(フォード Flesta)
4位 #24 K.アブリング(スコダ fabia)
5位 #33 L.ドゥラン(Audi S1)
DSQ #92 A.マークリュード(ルノー メガーヌ RS)

公式リザルト

ドライバーズランキングは
1位 107pt
#21 T.ハンセン(プジョー208)

2位 106pt
#71 K.ハンセン(プジョー208)

3位 92pt
#13 A.バッケルー(Audi S1)


■ FIA World RX のファイナルレースハイライト







決勝レースは、雨が降った後のウェットコンディションでスタート

今回接触が多発した1コーナーの分岐は、アウトコースの3台とインコースの3台が綺麗に分かれ順調なスタート
フォードのバウニマスが大外からドリフト走行でかぶせるものの弾かれ最後尾に

トップは、スコダのアブリングが逃げきる形で差を広げ独走

2位争いは、3番手のヒュンダイのグロンホルムが2番手のプジョーのK.ハンセンのバンパーを押して猛プッシュ。

後方グループの3台もバンパーが接触されるほど激しいバトルを繰り広げる

5周目トップのアブリングがジョーカーラップを選択し5位で復帰、バウニマスにも抜かれ最後尾へ

最終ラップでトップの2台がジョーカーラップを選択し2位、3位で復帰
トップは、マークリュード



■ FIA World RX のQ3-Q4ハイライト

レースコンディションは、ドライ。

予選3では、ジョーカーラップの合流で接触したり、1コーナーの飛び込みでのコース選択で接触するなど激しいバトルが繰り広げられた

予選4もドライコンディション。
1コーナーの飛び込みで大きく接触するなど、ドライバーのテクニックに反して大波乱のレース展開、スタート直後の1コーナーを綺麗に抜けられるかがヘルを制するポイントとなりました。



■ FIA World RX のQ1ーQ2ハイライト

マシンが横転してしまうなど激しい1コーナー争いが続出
マシンの接触も多くダメージをおうマシンも多数。
激しいレース展開に






世界ラリークロス(WRX)2019第5戦ノルウェーRXレース結果詳細



World RX のノルウェーRX。

Q1結果は
1位 #68 N.グロンホルム(ヒュンダイi20)
2位 #13 A.バッケルー(Audi S1)
3位 #7 T.タイマザノフ(GRX Taneco)

Q1公式リザルト

World RX Rd4 ノルウェー 予選1フル動画



Q2結果は
1位 #68 N.グロンホルム(ヒュンダイi20)
2位 #44 T.シャイダー(セアト・イビサ)
3位 #7 T.タイマザノフ(GRX Taneco)

Q2公式リザルト

World RX Rd4 ノルウェー予選2フル動画



Q3結果は
1位 #21 T.ハンセン(プジョー208)
2位 #71 K.ハンセン(プジョー208)
3位 #7 T.タイマザノフ(GRX Taneco)

Q3公式リザルト

World RX Rd4 ノルウェー予選3フル動画



Q4結果は
1位 #68 N.グロンホルム(ヒュンダイi20)
2位 #21 T.ハンセン(プジョー208)
3位 #13 A.バッケルー(Audi S1)

Q4公式リザルト

World RX Rd4 ノルウェー予選4フル動画



ファイナル結果は
1位 #68 N.グロンホルム(ヒュンダイi20)
2位 #71 K.ハンセン(プジョー208)
3位 #6 J.バウマニス(フォード Flesta)


ファイナルのフル動画



ラリー
ヒュンダイ
世界ラリークロス選手権

世界ラリークロス 第5戦ノルウェー( ヘル)の関連記事まとめ

2019-06-18 22:51 586
Go Autoのニュースまとめ
ストーリー動画で見る