日本自動車輸入組合が2018年12月の輸入車登録ランキングを発表。 何かと「明暗」が別れた状況となっていますが、まず気になるのは「アウディが沈んでいる」ということ。 ジャーマンスリーとしては、メルセデス・ベンツが前年比119%、BMWが120%、ほか上位ブランドだとフォルクスワーゲンが129.3%、ミニが105.7%という中、アウディだけが79.4%と大きく前年に比べて落ちている、という状況です。

#ランボルギーニ #マクラーレン #ブガッティ #アストンマーティン

2019-01-11 00:06 135
Life in the FAST LANEのニュースまとめ
詳しく記事を読む