アウディは先日、初の量産EVとなる「e-tron quattro」を発表したところですが、ソフトウエアにバグが見つかり、ショールームへの到着が4週間遅れる、とのこと。 これはアウディが発表したもので、「開発段階において修正すべき問題が見つかった」としており、ひとまずは物理的なものではない模様。 ちなみに、ぼくがBMW i3を所有していた間もトラブルが出ていたのは機械的な部分よりも「ソフトウェア」だったので、EVにおける制御はかなり難しいのかもしれません(ポルシェもそこに言及しているほど)。

#アウディ

2018-10-28 18:00 閲覧数: 65
Life in the FAST LANEのニュースまとめ
詳しく記事を読む