メルセデス・ベンツがかねてより予告していたとおり、1937年のW125"シルバーアロー"へのオマージュとなる「EQシルバーアローコンセプト」をモンタレー・カーウィークにて公開。 W125は元祖シルバーアロー「W25」の後継モデルで、1937年に登場しています。 5.7リッター直列8気筒エンジンを搭載し、なんと646馬力を発生。 車体重量は750キロ程度とされるのでとんでもなく速い車であったと考えられ、しかもサスペンションやタイヤ、エアロダイナミクスも今ほど発達していなかったはずなので、相当に運転が難しかったクルマだったのかもしれません。

#F1 #メルセデス・ベンツ

2018-08-26 00:10 閲覧数: 77
Life in the FAST LANEのニュースまとめ
詳しく記事を読む