FCA(フィアット・クライスラー)が突如、CEOであるセルジオ・マルキオンネ氏の離脱を発表。 もともと同氏は2019年には退任の意向を示していたものの、7月21日に突如として体調を崩し、「今後の業務遂行は不可能になった」とのこと。 マルキオンネ氏は66歳ですが、「数時間前までには予想しなかった」体調の変化によって急遽手術を受け、幸いなことに現在は快方に向かっているようですね。

#フェラーリ

2018-07-22 09:00 33
Life in the FAST LANEのニュースまとめ
詳しく記事を読む