自動車・バイクニュース

マツダCX-5News登場10年のトヨタ・ランクルがマツダCX-5より売れているナゾ。なぜランクルは世界で愛されるのか?

2018-06-14 390 Life in the FAST LANE

マツダCX-5News登場10年のトヨタ・ランクルがマツダCX-5より売れているナゾ。なぜランクルは世界で愛されるのか?

「トヨタ"ランクル"が世界中で愛される理由」という記事が掲載に。

ランクルとは言わずと知れた「ランドクルーザー」ですが、1955年からこの名称にて販売されており、同一車名にて販売されるクルマとしては日本でもっとも長い歴史がある、とのこと。

なお「ランドクルーザー」の名は、「ランドローバー(地上の海賊船)」をに対抗するという意味で「


さらに見る(外部サイトへ移動)
トヨタ マツダ cx-5

おすすめの自動車・バイクニュース

【モータースポーツ】ル・マン24時間レース初優勝に向けトヨタ自動車の豊田章男社長がコメント「改善に終わりはない」

2018-06-19 62 くるまにあ速報 【モータースポーツ】ル・マン24時間レース初優勝に向けトヨタ自動車の豊田章男社長がコメント「改善に終わりはない」	 写真・画像

1: 2018/06/18(月) 10:16:13.96 ID:CAP_USER9 2018年のル・マン24時間レースを制したトヨタ。
長年ル・マン24時間レースに挑んできたトヨタにとって、悲願の初優勝だった。
この優勝に際し、トヨタ自動車の豊田章男社長がコメントを発表した。
「思いっきり走ってく

トヨタ モータースポーツ 豊田章男 ルマン
続きを見る

50年前にあった幻のスーパーカー、マツダRX500とは?

2018-06-18 52 CarMe 50年前にあった幻のスーパーカー、マツダRX500とは? 写真・画像

1970年、モーターショーで発表されたマツダRX500は、流線形のボディに跳ね上げ式の扉、まさに「スーパーカー」というビジュアルで、大きな話題となりました。
50年経った2018年にも展示イベントが開催されるなど、ファンを中心に、未だ人気のあるクルマです。
今回は、RX500の魅力についてご紹介していきます。
文・吉川賢一

マツダ
続きを見る

地味なトヨタ「ハイエース」がずっと売れ続けている理由…

2018-06-18 18 乗り物速報 地味なトヨタ「ハイエース」がずっと売れ続けている理由… 写真・画像

“10年落ち”となっても流通価値を認められやすいなど、中古車市場でも高値で取引されている車種なのが、商用車としてロングセラーを誇るトヨタ自動車のハイエース。
同じようなタイプの競合車種が存在するにもかかわらず、なぜデザイン的に大人しいハイエースが長きにわたり圧倒的人気を維持して売れ続けているのか、立教大学経営学部教授の有馬賢治氏にマーケティングの観点から分析してもらった。

トヨタ ハイエース
続きを見る

トヨタ クラウン 新型、ブランド統合と先進技術搭載で内外装はどう進化した?

2018-06-18 106 レスポンス トヨタ クラウン 新型、ブランド統合と先進技術搭載で内外装はどう進化した? 写真・画像

トヨタ クラウン RS(プロトタイプ)すでに2018年4月下旬から新型車両の概要を明らかにして予約受注も開始している15代目となる新型『クラウン』。

6月26日全国7箇所で開催される 「The Connected Day」、これが新型クラウ...

トヨタ クラウン
続きを見る

トヨタの快挙をもう一度。J SPORTS、6月21日にル・マン24時間を再放送。スパ24時間も放送決定

2018-06-18 76 AUTO SPORT web トヨタの快挙をもう一度。J SPORTS、6月21日にル・マン24時間を再放送。スパ24時間も放送決定 写真・画像

 スポーツ専門放送局のJ SPORTSはトヨタ/TOYOTA GAZOO Racingが悲願の初優勝を遂げた第86回ル・マン24時間耐久レースの模様を6月21日(木)の15時から翌22日(金)の17時までに渡って再放送する。
またル・マンのハ...

トヨタ
続きを見る

トヨタがNASCARにスープラ投入とのウワサ。見てみたい気もするが「スープラとNASCARとは相性が悪い」

2018-06-18 56 Life in the FAST LANE トヨタがNASCARにスープラ投入とのウワサ。見てみたい気もするが「スープラとNASCARとは相性が悪い」 写真・画像

トヨタがNASCARへと新型トヨタ・スープラを参戦させる、というウワサ。
NASCARはアメリカでは大変に人気のあるレースで、現在トヨタは「カムリ」でこれに参戦しています。
ただし「カムリ」といえども車体はレース専用にパイプフレームで組まれたもので、エンジンも全く異なるものを採用し、ただ単に「外観がカムリっぽい」というだけのもの。
NASCAR参戦用の車両は

トヨタ スープラ
続きを見る

【ルマン24時間】中嶋一貴「長く待ち望んでいた優勝、言葉にならないほど嬉しい」…初優勝トヨタ祝談

2018-06-18 41 レスポンス 【ルマン24時間】中嶋一貴「長く待ち望んでいた優勝、言葉にならないほど嬉しい」…初優勝トヨタ祝談 写真・画像

ルマンを制した#8 トヨタの(左から)ブエミ、中嶋、アロンソ。
2018年ルマン24時間レース(16~17日決勝)で宿願の総合初優勝を1-2で成し遂げたトヨタ、その選手・チーム首脳からも喜びの声が届いた。
一昨年にはゴール目前で勝利を逃すなど、...

トヨタ
続きを見る

ル・マン24時間レースをトヨタが初制覇。日本人ドライバーと日本の自動車メーカーによる初の勝利【ニュース】

2018-06-18 99 Lawrence ル・マン24時間レースをトヨタが初制覇。日本人ドライバーと日本の自動車メーカーによる初の勝利【ニュース】 写真・画像

2018年6月16日に開幕したル・マン24時間レースで、トヨタ自動車(TOYOTA GAZOO Racing)のTS050 HYBRID 8号車/7号車がワンツーフィニッシュ、総合優勝を飾った。

トヨタ
続きを見る

WEC:トヨタでル・マン初制覇のブエミ、2016年の“悪夢”蘇り「ゴールまで半信半疑だった」

2018-06-18 83 AUTO SPORT web WEC:トヨタでル・マン初制覇のブエミ、2016年の“悪夢”蘇り「ゴールまで半信半疑だった」 写真・画像

 6月16~17日に行われた第86回ル・マン24時間耐久レースで、悲願のル・マン初制覇を成し遂げたTOYOTA GAZOO Racing。
中嶋一貴、フェルナンド・アロンソと組んで8号車TS050ハイブリッドをドライブして総合優勝を飾ったセバ...

トヨタ WEC
続きを見る

トヨタが86回目のル・マン24時間耐久レースにて悲願の初優勝。1位2位独占の圧倒的勝利だ

2018-06-18 45 Creative Trend トヨタが86回目のル・マン24時間耐久レースにて悲願の初優勝。1位2位独占の圧倒的勝利だ 写真・画像

6月15日より開催した第86回ル・マン24時間耐久レースにて、トヨタの「TS050ハイブリッド」を操作するフェルナンド・アロンソ選手、中嶋一貫選手、セバスティアン・ブエミ選手の8号車が開始スタートから1位の座を一切譲らぬ圧倒的な速さで悲願の初優勝を果たしました。
そのあとの2位には、マイク・コンウェイ選手、小林可夢偉選手、ホセ・マリア・ロペス選手の7号車

トヨタ
続きを見る

自動車メーカー特許『他社牽制力』ランキング…トップ3はトヨタ、日産、ホンダ

2018-06-18 13 レスポンス 自動車メーカー特許『他社牽制力』ランキング…トップ3はトヨタ、日産、ホンダ 写真・画像

自動車メーカー 他社牽制力ランキング2017 上位10社パテント・リザルトは6月18日、独自に分類した自動車メーカーを対象に、2017年の特許審査過程で他社特許への拒絶理由として引用された件数を企業別に集計した「自動車メーカー 他社牽制力ラ...

日産 ホンダ トヨタ
続きを見る

ルマン24時間 でトヨタ悲願の初V、豊田社長「思いっきり走ってくれて、ありがどう」[新聞ウォッチ]

2018-06-18 59 レスポンス ルマン24時間 でトヨタ悲願の初V、豊田社長「思いっきり走ってくれて、ありがどう」[新聞ウォッチ] 写真・画像

ルマン24時間耐久レースでトヨタが初優勝 (c) Getty Images気になるニュース・気になる内幕---今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析...

トヨタ
続きを見る

【ルマン24時間】初優勝トヨタ祝談…豊田社長「強さを得るためチームが辿り着いた考え方は、やはり『改善』でした」

2018-06-18 44 レスポンス 【ルマン24時間】初優勝トヨタ祝談…豊田社長「強さを得るためチームが辿り着いた考え方は、やはり『改善』でした」 写真・画像

トヨタが1-2でルマンを制した。
16~17日に決勝が実施されたルマン24時間レース(2018/19WEC第2戦)、悲願の総合初優勝を達成したトヨタ(TOYOTA GAZOO Racing)陣営から“祝談”があがってきている。

豊田章男トヨタ...

トヨタ
続きを見る

「思いっきり走ってくれて、ありがとう!」トヨタがル・マンにて悲願の初優勝を飾る

2018-06-18 26 Life in the FAST LANE 「思いっきり走ってくれて、ありがとう!」トヨタがル・マンにて悲願の初優勝を飾る 写真・画像

トヨタが悲願のル・マン24時間レース初優勝。
今回出場したのはこれまで(2016年に登場)と同じTS050ハイブリッド、そして2台。
7号車は小林 可夢偉、マイク・コンウェイ、ホセ・マリア・ロペス組、8号車は中嶋 一貴、セバスチャン・ブエミ、フェルナンド・アロンソ組となっており、このうち優勝したのは8号車。
スタートから1位を一度も譲らず、7号車も2位に入賞するという圧倒的な強さを見せています。

トヨタ
続きを見る