さて、新型クラウンの情報が徐々に解禁され、大手カーメディアでは試乗レポートも登場。 現段階ではプロトタイプのみの試乗となるようですが、「限り無く市販モデルに近い」と考えられ、レビューの内容はそのまま信じてもよさそうです。 なお、新型クラウンは昨年の発表以来大変な人気を呼んでおり、すでに受注が4万台を超えた、とも。 参考までに先代が2013年に登場した際は「1ヶ月で目標の4,000台を超える25,000台を受注」とアナウンスされています(当時のプレスリリースはこちら)が、今回の新型クラウンの正式先行受注開始は5月16日からなので、「先代の"倍"ほどのペース」で受注が推移している、といっても良さそう。

#トヨタ #クラウン

2018-06-12 11:00 434
Life in the FAST LANEのニュースまとめ
詳しく記事を読む