自動車ニュース

あっぶな!パガーニ「ウアイラBC」が加速初めでスリップ、ダッジ「ヴァイパー」はクラッシュ【動画有】

2017-12-07 16:50 閲覧数:406 あっぶな!パガーニ「ウアイラBC」が加速初めでスリップ、ダッジ「ヴァイパー」はクラッシュ【動画有】

アメリカ・ロサンゼルスのカーイベントにて、世界限定20台のみ販売されたパガーニ「ウアイラBC」が加速の立ち上がりにより軽くスピンするというハプニングが発生。 「ゾンダ」の後継モデルとして登場したのが「ウアイラ」となりますが、この個体を軽量サーキット仕様とするため、フロントリップスポイラーやサイドスカート、大型リヤウィング、リヤディフューザーを追加し、更にはエアロダイナミクス性能を向上させることで走行性能を大幅アップ。 パワートレインは、排気量6.0L AMG製V型12気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力800ps/6,200rpm、最大トルク1,100Nmまでチューンアップ。車体重量は1,218kgと「ウアイラ」よりも132kg軽量化し、トランスミッションはXtrac製7速ATを搭載。 駆動方式は後輪駆動(MR)となるため、今回発生したハプニングは、強力な出力とトルクが後輪にダイレクトにかかり、しかもハンドルをある程度切った状態からストレートに戻そうとした際にフルスロットルにて加速しているため、後輪のタイヤが空転してしまったのかもしれませんね。 ちなみにこの個体は、世界限定20台のみ製造され、価格にして約2.8億円。「ウアイラ」という名称は南米の先住民族が信仰する神の名を意味。なお、"BC"はパガーニの最初の顧客の名前がベニー・ケイオラ(Benny Caiola)氏という人物であったことから、彼のイニシャルを取って「ウアイラBC」となりました。 【4M€ PAGANI HUAYRA BC DRIFT!!】 Reference:CARSCOOPS お次はシャレにならないレベルのクラッシュとなったダッジ「ヴァイパー」。 アメリカ・テキサス州ヒューストンにて開催されたイベントにて、数多くのスーパーカーなどが登場する中、ダッジ「ヴァイパー」が急加速を行ったところ、車体は完全にコントロールを失ってしまい180度回転しながら縁石にヒットするという事態に。 これにより、タイヤが外れかけていることからフロントサスペンションは損傷し、フロントバンパーやサイドスカートには大きな擦り傷が残ることに。 なお、クラッシュした「ヴァイパー」はすぐさまけん引されましたが、この動画の撮影者が、クラッシュした「ヴァイパー」を見て周りも含め嘲笑してしまったことが原因となり大炎上。

元の記事を読む  Creative Trendのニュースまとめ

#ダッジ #パガーニ #ラッシュ #アイ

 人気ランキング

関連する自動車・バイクニュース 関連ニュース

新着の自動車・バイクニュース 新着ニュース

良く読まれている自動車・バイク記事 良く読まれている車・バイクニュース

SNSフォローお願いします!

GooAutoのFacebookページ Facebook

GooAutoのTwitterページ Twitter