マセラティのエントリーモデルであり、中型スポーツセダンの「ギブリ」がフェイスリフトモデルとして大幅に改良され、更に新たな車名として「ギブリ・グランルッソ」としてデビューすることが判明しました。 この「ギブリ・グランルッソ」は、明日より開催となる中国・成都モーターショー2017にてデビューすることが確定しているとのことです。 今回のフェイスリフトにより、新しくなったフロントバンパーやクロムメッキが加飾されたグリル、そしてボディカラーと同色のサイドスカート、フロントフェンダーには"GranLusso"のバッジが付けられることに。 また、リヤ部は新たなデザインのリヤバンパーとリヤエクストラクターが取り付けられ、前モデルよりもシャープな外観を確保。 スタイリングの変更は控えめではあるものの、空気抵抗は(具体的な数値は不明ですが)大幅に改善されており、フロントヘッドライトにはマトリクスハイビームやアダプティブLEDヘッドライトが標準装備となっています。 なお、今回のフェイスリフトにより、マセラティ初の技術ともいえる自動運転技術が搭載となり、ドライバの負担を大幅に軽減することが可能となっています。 なお、パワートレインは前モデルからキャリーオーバーすることが予想され、排気量3.0L V型6気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力350psを発揮するガソリンエンジンと、新開発の排気量3.0L V型6気筒ディーゼルエンジンを搭載した、最高出力275psを発揮するディーゼルモデルが登場する可能性が高いとのことです。 Reference:CARSCOOPS

#マセラティ #ギブリ #セラ

2017-08-25 12:20 176
Creative Trendのニュースまとめ
詳しく記事を読む