ベントレーが“魔改造”コンチネンタルGT3を開発、2021年もパイクスピーク参戦へ

 2018年は市販車SUV部門で、2019年は市販車クラスでも大会レコードを樹立したベントレーは、2021年も6月27日にアメリカ・コロラド州で開催される“雲の上のレース”ことPPHICパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムに参戦すると発表。今回はベントレーが取り組む「持続可能性イニシアチブ」の一環として、再生可能エネルギーで精製されたバイオ燃料を使用し、GT3規定車両をベースに“改良”を施した『コンチネンタルGT3パイクスピーク』を開発。引き続き“KingoftheMountain(キング・オブ・ザ・マウンテン)”の称号を持つリース・ミレンのドライブで、タイムアタック1クラスの記録更新を目指す。

気になるニュースの詳細はこちら👇
詳しく記事の内容を見る

2021-04-13 14:53 160
AUTO SPORT webのニュースまとめ

ストーリー動画で見る

ベントレー
コンチネンタルGT
パイクスピーク
コンチネンタル