【F1第1戦無線レビュー】順位変更に納得いかなかったフェルスタッペン「5秒なんて簡単に築くことができたはず」

 2021年開幕戦バーレーンGPの決勝レースは、フォーメーションラップ中にセルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)がコース上でストップし、波乱の幕開けを迎えた。スタート直後のニキータ・マゼピン(ハース)のクラッシや、角田裕毅とチャンピオン経験者たちとのバトル、ルイス・ハミルトン(メルセデス)マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)による優勝争いなど、各ドライバーらのやり取りを無線で振り返る。

気になるニュースの詳細はこちら👇
詳しく記事の内容を見る

2021-04-05 10:00 145
AUTO SPORT webのニュースまとめ

ストーリー動画で見る