MotoGP2021 プラマック・レーシングが2021年型デスモセディチGP21を発表!チームはザルコとマルティン

プラマック・レーシングが2021年のMotoGP体制を発表。2021年型の「デスモセディチGP21」を初公開。チーム体制は、ヨハン・ザルコとMoto2クラスからステップアップしたホルヘ・マルティン

プラマック・レーシングがMotoGP2021年チーム体制を発表

GoAutoコメンター
2月25日にプラマック・レーシングが2021年のチーム体制を発表❗️
GoAutoコメンター
2021年型の「ドカティ・デスモセディチGP21」を発表。カラーリングも初公開

プラマックレーシングが2021年のMotoGPチーム体制と2021年型のマシン「ドカティ・デスモセディチGP21」を発表

2月25日プラマック・レーシングが、
2021年シーズンのロードレース世界選手権MotoGPへの参戦体制を発表

2021年のライダーは刷新され、
エスポンソラーマ・レーシングから移籍したヨハン・ザルコ
Moto2クラスからステップアップしたホルヘ・マルティン
の2名のライダーで戦う

2020年シーズンは、ヨハン・ザルコがドカティのマシンで
第4戦チェコGPの予選ではポールポジション
決勝でも3位表彰台に入っている

プラマック・レーシングは、ドカティのサテライトチームで
今シーズンで20年目を迎える
ドカティのマシンは、2005年から使用している

2021年型のMotoGPマシン
『デスモセディチGP21』を初公開
カラーリングは、赤、青、白のトリコロールカラーで昨年から大きな変更はないが
レーシングスーツのデザインは変更されている

ヨハン・ザルコ
「プラマック・レーシングで走れることは感情が高ぶっていてモチベーションは高い。
レベルは毎年高くなっている。常に改善が必要だが、全力を尽くす。」

ホルヘ・マルティン
「エキサイティングでハッピー。
MotoGPクラスに上がるために何年も努力してきた。
ドゥカティとプラマック・レーシングで走れることはハッピー。
一日も早く戦闘モードになれるようにチャレンジしていく」

今後の予定は、3月上旬にテスト走行を開始する予定
ホルヘ・マルティンは、3月5日からのシェイクダウンテスト
ヨハン・ザルコは3月6日からのオフィシャルテスト

MotoGP 2021 新型マシン発表 プラマックレーシングチームの関連記事まとめ

2021-02-26 07:12 1025 気になる車・バイクニュースのニュースまとめ

ストーリー動画で見る

MotoGP
#ドカティ