【レース結果速報】インディカー開幕戦テキサス:ディクソンが優勝。佐藤琢磨は未出走

【レース結果速報】インディカー開幕戦テキサス:ディクソンが優勝。佐藤琢磨は未出走

掲載日 2020-06-07 20:34

【レース結果速報】インディカー開幕戦テキサス:ディクソンが優勝。佐藤琢磨は未出走

2020年6月6日、テキサス・モータースピードウェイで行われたインディカーレース開幕戦テキサス300。圧倒的な強さでスコット・ディクソン(チップ・ガナッシ)が優勝。佐藤琢磨は予選でクラッシュしたマシンの修復が間に合わずに未出走。

インディカー2020 GENESYS300 レース結果

佐藤琢磨が参戦中のインディカー・シリーズ2020がテキサス・モータースピードウェイで開幕。 開幕戦となったテキサス300のレース結果とレースの模様をまとめてお届けします。

レース概要

テキサス300

レース日:2020年6月6日(日)

コース:テキサス・モータースピードウェイ(オーバル)

天候:ドライ

テキサス300

レース結果

優勝:#9 スコット・ディクソン(チップ・ガナッシ)

2位:#22 シモン・パジェノー(チーム・ペンスキー)

3位:#1 ジョセフ・ニューガーデン(チーム・ペンスキー)

4位:#26 ザック・ビーチ(アンドレッティ・オートスポート)

5位:#20 エド・カーペンター(エド・カーペンター・レーシング)

佐藤琢磨:未出走(予選でクラッシュしたマシンの修復が間に合わず)

テキサス300レース結果

ポイントランキング

53pt:#9 スコット・ディクソン(チップ・ガナッシ)

40pt:#22 シモン・パジェノー(チーム・ペンスキー)

37pt:#1 ジョセフ・ニューガーデン(チーム・ペンスキー)

33pt:#26 ザック・ビーチ(アンドレッティ・オートスポート)

30pt:#20 エド・カーペンター(エド・カーペンター・レーシング)

インディカー 開幕戦テキサス300ハイライト動画

インディカー開幕戦テキサス300。レースは動画で見て楽しむことが一番。公式のYouTubeで配信されるハイライト動画

5分にまとめられたインディカー テキサス300のハイライト映像

インディカー 開幕戦テキサス300レース展開

2020年6月6日(土)に開幕したNTTインディカー・シリーズ開幕戦「ジェネシス300」。テキサス・モータースピードウェイのオーバルコースで行われた開幕戦。 1.5マイルのオーバルコースを200周するレース。
2020年の初戦で優勝したのは、スコット・ディクソン(チップ・ガナッシ)。

無観客で行われた開幕戦、レースが追わればすぐさま、マスクを装着して感染対策を十分に行っての記念撮影

開幕戦のインディカーテキサス300。ドライコンディションの中レースがスタート。

予選トップからポールスタートを決めたジョセフ・ニューガーデンがテキサス・モータースピードウェイを走行するオンボード映像。オーバルコースだけにスピード感が半端ない映像

開幕戦でトラブルに見舞われたのは、ホンダエンジンを搭載したマシン。エンジンを制御するECUのトラブルが発生しレース後方に交代してしまい、初戦から出遅れる結果に。

静寂したレース展開のまま30周が終わるレース展開。32周目レースが動き、スコット・ディクソンがトップのニューガーデンをパスしトップに浮上する

38周目、コーナリングの最中にバランスをくじしたリーナス・ヴィーケイ(エド・カーペンター)がマシンコントロールを失いウォールにヒット。壁に弾かれたマシンはイン側へ向かいアレックス・パロウ(ディルコインwithチームゴウ)に激突。レースはイエローコーションとなった

77週目。2度目のイエローコーション。複数のマシンが一気にピット作業を行う、ピットストップラッシュ。ピットレーンが慌ただしい状態になる中 トップのスコット・ディクソンがポジションを2つ落とし3番手に後退。ニューガーデンがトップ、2番手にフェリックス・ローゼンクビト。
86週目のリスタートに合わせ、スコット・ディクソンがローゼンクビストを交わして2位に浮上
その数週後にアウトからニューガーデンをパスしてトップに浮上。
119週目にニューガーデンはローゼンピストにも抜かれ3位に。

インディカー 開幕戦テキサス300 予選

開幕戦の予選で起きてしまったのは、佐藤琢磨選手のクラッシュ。予選でクラッシュしたマシンの修復が間に合わずに決勝レースへの参戦も不可能となった

マシンコントロールを失いそのまま、マシンがスピンしウォールへ突っ込んでしまう。昨年ポールを獲得しただけに相性の良いサーキットだったはずが、開幕戦から雲に見放される結果となってしまったようだ

予選終了後の佐藤琢磨のコメント

今回のクラッシュの結果に本当に残念だとコメント。練習走行まではマシンの仕上がりも順調で、ラップタイムもまずまずにマシンのバランスを上げ、予選は楽しみにしていたという。 予選でおきたクラッシュについては、佐藤琢磨も全く予期することができなかったとの事。
予選のセッティングを少し攻めすぎたところが原因なのかもしれないと語った。

予選は、昨年のウィナーのジョセフ・ニューガーデン(チーム・スペンスキー)がポールポジション。スコットディクソンが2番。3番手にシモン・パジェノーが予選を上位で突破して決勝レースへ

インディカー 開幕戦テキサス300レース結果

順位 No ドライバー チーム
19スコット・ディクソンチップ・ガナッシ
222シモン・パジェノーチーム・ペンスキー
31ジョセフ・ニューガーデンチーム・ペンスキー
426ザック・ビーチアンドレッティ・オートスポート
520エド・カーペンターエド・カーペンター・レーシング
659コナー・デイリーカーリン
788コルトン・ハータアンドレッティ・ハーディング・スタインブレナー
828ライアン・ハンター=レイアンドレッティ・オートスポート
97オリバー・アスキューアロウ・マクラーレンSP
1014トニー・カナーンA.J.フォイト・レーシング
114チャーリー・キンボールA.J.フォイト・レーシング
125パトリシオ・オワードアロウ・マクラーレンSP
1312ウィル・パワーチーム・ペンスキー
1498マルコ・アンドレッティアンドレッティ・ハータ
1527アレキサンダー・ロッシアンドレッティ・オートスポート
1660ジャック・ハーベイマイヤー・シャンク・レーシング
1715グレアム・レイホールレイホール・レターマン・ラニガン
1829ジェームズ・ヒンチクリフアンドレッティ・オートスポート
198マーカス・エリクソンチップ・ガナッシ
2010フェリックス・ローゼンクビストチップ・ガナッシ
2118サンティノ・フェルッチデイル・コイン・レーシング
2221リーナス・ヴィーケイエド・カーペンター・レーシング
2355アレックス・パロウデイル・コイン・レーシング
2430佐藤琢磨レイホール・レターマン・ラニガン

インディカー
Indycar
インディ
インディカー・シリーズ
#TEXAS300

2020-06-07 20:34 571 GoAutoのニュースまとめ

ストーリー動画で見る

関連ニュース

この記事に関連する乗り物ニュースまとめ

バズっている話題の乗り物ニュース

SNSで話題になっている乗り物ニュース

記事をもっと見る

乗り物ニュース速報

最新の自動車・バイクニュース一覧

記事をもっと見る

GoAuto公式Twitter

安心と信頼のフォロワー8万人以上!
毎日車・バイク動画を投稿!
月間1000万のアクセス数!
車、バイク好きが集まる!
広告Tweet一切なし!

最新のレース情報や車・バイク好きの感性が上がる動画を毎日配信中です。ぜひフォローして応援してください。

新車情報、モータースポーツ、イベント情報など車・バイクで知りたいことがあれば、こちらから検索してみてください。