2019年WRC第8戦ラリー・イタリアのハイライト動画。優勝は、ソルド(ヒュンダイ)、2位スニネン(フォード)、3位ミケルセン(ヒュンダイ)。気になるトヨタGazooRacing勢はタナックが5位ミークが8位。ラトバラが19位。モータースポーツの面白さは動画でないと伝わらない

動画で見る2019WRC第8戦ラリー・イタリア



動画で見る2019WRC
第8戦ラリー・イタリア

総合リザルト

1位
#6 ダニ・ソルド(ヒュンダイi20クーペ WRC)
2位
#3 テーム・スニネン(フォード・フィエスタWRC)
3位
#89 アンドレアス・ミケルセン(ヒュンダイi20クーペ WRC)





トヨタ勢は、
タナックが5位
ミークが8位
ラトバラが19位

気になるポイントランキングは

1位 タナック 150ポイント
2位 オジェ 146ポイント
3位 ヌービル 143ポイント


20のSSで戦われたWRC第8戦ラリー・イタリア。

トヨタのタナックがドライバーズランキングで首位に!

ハイライト動画で見る2019WRC第8戦ラリー・イタリア



6月13日〜6月16日に開催されるWRC第8戦ラリー・イタリア

■ ヤリスWRC ハイライト Day1

FIA世界ラリー選手権第8戦となるラリー・イタリアは、アルゲーロ近郊の街イティリでスーパーSSが行われてスータート。
タナック3位
ミーク4位
ラトバラ10位
でスタート。

シェイクダウンステージは、全長3.92km
タナックが2位
ミークが5位
ラトバラが7位でシェイクダウンを終えラリー本番へ

2台のマシンが同時にスタートするスーパーSSからラリーはスタート。
全長2kmのステージは
タナックが3位
ミークが4位
ラトバラが10位。



■ ヤリスWRC ハイライト Day2

2日目は、4本のステージを各2回走行します。
気温は40度をこすコンディションの中、出走順位が早いドライバーとマシンは不利な条件になる。
砂利も残っている状況で疾走するとなればパンクのリスクも高くなる。

2番手出走となったタナックは、SS4でベスト、SS5でセカンドベストタイムを叩き出すなど高いドライビングテクニックをみせ総合3位でフィニッシュ。

ミークは、午後のステージでペースをあげて総合6位

ラトバラは、オープンステージから連続で2番手、3番手のタイムを叩き出し、SS4では首位にたつ快走を見せるも、
SS6ではオーバースピードで転倒してしまう。
さらにSS9ではステアリングの不具合でコースアウトをきして、デイリタイア。



■ ヤリスWRC ハイライト Day3

3本のステージを各2回走行する全6ステージ
走行距離は、142.42kmと最長

タナックは、タイヤ選択が功を奏し午前中の3本のSS全てでベストタイム。
SS10で総合2位まで順位をあげ、SS12では首位を獲得しました。
午後も好調で全てのSSでベストタイム。
総合2位に25.9秒の大差をきづいて総合首位に。

ミークは、午後のステージまで順調にペースをあげて総合4位まで浮上したものの
残念ながらSS15でタイヤの空気が抜けてしまいタイヤ交換をして2分のタイムロス。総合8位まで順位を落としデイ3を終えました。

ラトバラは、前日デイリタイアで総合49位からのスタート。
マシンも前日に横転したマシンを修復したマシンでの出走。
不利な前方スタートにも関わらず、順調なペースでSSを走りきり総合22位まで順位を挽回し終了



■ ヤリスWRC ハイライト Day4

総合首位でスタートしたタナック
序盤の3ステージでは、安定のペースで走行するも、最終のパワーステージで、ステアリングにトラブルが発生。
パワステが聞かずにサイドブレーキをこドライバーに任せるなど困難な状況で2分以上のタイムロスをきしてしまい総合5位

ミークは、総合8位
ラトバラは、安定した走りで順位をあげるも総合19位でラリーを終えました。



■ WRC SS1 ハイライト



■ WRC Stage1-5 ハイライト

Stage5を終了した時点で
1位 ラトバラ(TOYOTA)
2位 タナック(TOYOTA)
3位 ソード(ヒュンダイ)



■ WRC Stage6 ハイライト

Stage6を終了した時点で
1位 ソード(ヒュンダイ)
2位 タナック(TOYOTA)
3位 スニネン(フォード)



■ WRC Stage10-12 ハイライト

Stage12を終了した時点で
1位 タナック(TOYOTA)
2位 ソード(ヒュンダイ)
3位 スニネン(フォード)



■ WRC Stage13-14 ハイライト

Stage14を終了した時点で
1位 タナック(TOYOTA)
2位 ソード(ヒュンダイ)
3位 スニネン(フォード)



■ WRC Stage15-17 ハイライト

Stage17を終了した時点で
1位 タナック(TOYOTA)
2位 ソード(ヒュンダイ)
3位 スニネン(フォード)



■ WRC Stage18-19 ハイライト

Stage19を終了した時点で
1位 ソード(ヒュンダイ)
2位 スニネン(フォード)
3位 ミケルセン(ヒュンダイ)




WRC 2019 シーズンカレンダー



第8戦 ラリー・イタリア 以降のレーススケジュールはこちら

2019-08-01から2019-08-04
WRC第9戦ラリー・フィンランド

2019-08-22から2019-08-25
WRC第10戦ラリー・ドイッチェランド

2019-09-12から2019-09-15
WRC第11戦ラリー・ターキー

2019-10-03から2019-10-06
WRC第12戦ラリー・GB

2019-10-24から2019-10-27
WRC第13戦ラリー・エスパーニャ

2019-11-14から2019-11-17
WRC第14戦ラリー・オーストラリア

WRC
ラリー
ヒュンダイ
世界ラリー選手権

GAZOO
セバスチャン・オジェ
オット・タナク
ヤリ=マティ・ラトバラ
2019-06-17 22:33 634
Go Autoのニュースまとめ
ストーリー動画で見る