2019年には「アルファロメオ・レーシング」として参戦することが発表され、それが今回公表されたエントリーリストに反映され確定に

アルファロメオ・レーシングのF1復帰が承認



FIA(国際自動車連盟)が2019年F1(フォーミュラ1)世界選手権のエントリーリストを公表。
ザウバーのチーム名称・シャシー名称ともにアルファロメオに変更されることが確定。

ザウバーの名称に終止符が打たれ、今期からは、アルファロメオがタイトルスポンサーとなり、
アルファロメオ・レーシングとしてレースに参戦することとなる。
チームの母体は「ザウバー・モータースポーツAG」で登録されており、この部分のみにザウバーの名称が残ることになった。

2018年は、アルファロメオ・ザウバー・F1レーシングとして8位の結果となるも、
2019年シーズンは、ザウバーの名称が消える。

スポンサーが変更されただけでなく、
アルファロメオらしくマシンも大胆にデザインが施されたマシンとして復活。
1923年以来最速のアルファ ロメオ・モデルの象徴となってきた、由緒ある四つ葉のクローバーの紋章が彩られるに違いない。

2019年のアルファロメオのF1マシンの発表は、
2月18日(月)スペインのバルセロナで行われる予定
アルファロメオ・レーシング「C38」
 C38はフェラーリのパワーユニットを搭載

2007年世界チャンピオンのキミ・ライコネン
イタリアの若手ドライバーのアントニオ・ジョヴィナッツィ
がドライバーとして参戦

特設ページも用意され、アルファロメオ・レーシングの最新情報がこちらから確認できる
公式ページ

こちらは、2018年のアルファロメオ・ザウバーF1チームのC37


Alfa Romeo Sauber F1 Team C37 Unveiling



フレデリック・バスール、アルファ ロメオ レーシングチーム代表 :
われわれが「アルファ ロメオ レーシング」というチーム名で2019年F1世界選手権に参戦することを発表できることを喜ばしく思います。タイトル・スポンサーであるアルファ ロメオと2018年に提携を開始して以来、われわれのチームは技術面、商業面、そして競技面で素晴らしい進歩を遂げてきました。これにより、トラックサイドでも、スイスの本部でも、チームメンバー一人ひとりのモチベーションは大きく高まっています。それは、費やした努力が結果に表れているからです。レーシング、テクノロジー、そしてデザインに対するわれわれの情熱を、自らが前進する原動力としつつ、チームのあらゆる領域を発展させ続けることを目指しています。」

マイク・マンリー FCA最高経営責任者(CEO):
「アルファ ロメオ レーシングは、新たな名前のチームであると同時に、F1において長い歴史を持つチームでもあります。われわれはザウバーと協力して、卓越した技術とイタリアの風格を備えたアルファ ロメオの伝統を、モータースポーツの頂点へと昇華できることを誇りに思います。キミ・ライコネンとアントニオ・ジョヴィナッツィをピットウォールに、アルファ ロメオとザウバーの専門知識をもう一方に置き、われわれは戦うためにここにいるのです。」

引用:


アルファロメオのF1参戦の歴史



33年ぶりにF1に帰ってきたアルファロメオ。
33年前にF1に参戦していたアルファロメオの歴史を振り返ってみよう

Aifa Romeo 179C&182 アルファロメオF1 V12サウンド


Alfa Romeo 179 F1. Bruno Giacomelli. 1980 USA East



2019年F1エントリーリスト(2019年2月発表)



44 ルイス・ハミルトン
メルセデスベンツ・グランプリ・リミテッド メルセデス-AMG・ペトロナス・モータースポーツ メルセデス
パワーユニット:メルセデス

77 バルテリ・ボッタス
メルセデスベンツ・グランプリ・リミテッド メルセデス-AMG・ペトロナス・モータースポーツ メルセデス
パワーユニット:メルセデス

5 セバスチャン・ベッテル
フェラーリSPA スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ フェラーリ
パワーユニット:フェラーリ

16 シャルル・ルクレール
フェラーリSPA スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ フェラーリ
パワーユニット:フェラーリ

33 マックス・フェルスタッペン
レッドブル・レーシング・リミテッド アストンマーチン・レッドブル・レーシング
パワーユニット:レッドブル・レーシング ホンダ

10 ピエール・ガスリー
レッドブル・レーシング・リミテッド アストンマーチン・レッドブル・レーシング
パワーユニット:レッドブル・レーシング ホンダ

3 ダニエル・リカルド
ルノー・スポール・レーシング・リミテッド ルノーF1チーム ルノー
パワーユニット: ルノー

27 ニコラス・ヒュルケンベルグ
ルノー・スポール・レーシング・リミテッド ルノーF1チーム ルノー
パワーユニット:ルノー

8 ロマン・グロージャン
ハース・フォーミュラLLC リッチ・エナジー・ハースF1チーム ハース
パワーユニット:フェラーリ

20 ケビン・マグヌッセン
ハース・フォーミュラLLC リッチ・エナジー・ハースF1チーム ハース
パワーユニット:フェラーリ

55 カルロス・サインツJr.
マクラーレン・レーシング・リミテッド マクラーレンF1チーム マクラーレン
パワーユニット:ルノー

4 ランド・ノリス
マクラーレン・レーシング・リミテッド マクラーレンF1チーム マクラーレン
パワーユニット:ルノー

11 セルジオ・ペレス・メンドーザ
レーシング・ポイントUKリミテッド レーシング・ポイントF1チーム レーシング・ポイント
パワーユニット:メルセデス

18 ランス・ストロール
レーシング・ポイントUKリミテッド レーシング・ポイントF1チーム レーシング・ポイント
パワーユニット:メルセデス

7 キミ・ライコネン
ザウバー・モータースポーツAG アルファロメオ・レーシング アルファロメオ・レーシング
パワーユニット:フェラーリ

99 アントニオ・ジョビナッツィ
ザウバー・モータースポーツAG アルファロメオ・レーシング アルファロメオ・レーシング
パワーユニット:フェラーリ

26 ダニール・クビアト
スクーデリア・トロロッソS.P.A レッドブル・トロロッソ・ホンダ スクーデリア・トロロッソ(STR14)
パワーユニット:ホンダ

23 アレクサンダー・アルボン
スクーデリア・トロロッソS.P.A レッドブル・トロロッソ・ホンダ スクーデリア・トロロッソ(STR14)
パワーユニット: ホンダ

63 ジョージ・ラッセル
ウイリアムズ・グランプリ・エンジニアリング・リミテッド ウイリアムズ・レーシング ウイリアムズ
パワーユニット:メルセデス

88 ロバート・クビカ
ウイリアムズ・グランプリ・エンジニアリング・リミテッド ウイリアムズ・レーシング ウイリアムズ
パワーユニット:メルセデス

#F1 #アルファロメオ

2019-02-07 20:44 480
Go Autoのニュースまとめ