日産自動車は1月9日に2019年型のリーフを発表、待望の62kWhバッテリーを搭載した新グレード「e+(イープラス)」が登場しました。これまでのリーフが搭載していたバッテリーは最大40kWh、航続可能距離は322km(WLTCモード)でしたので、今回の62kWhの「e+」の458kmは、135kmも伸びたことになります。文/写真・吉川賢一

日産
リーフ

2019-01-09 16:21 154
CarMeのニュースまとめ
詳しく記事を読む