レクサス専門サイト、「LEXUS Enthusiast(レクサス・エンスージアスト)」が報じたところによると、「レクサスがミニバンを投入するのは時間の問題」とのこと。 この流れとしては、まずレクサス・マニラ(フィリピン)のトップであるレイモンド・ロドリゲス氏がレクサス本社に「ミニバンの投入要請」を行い、その結果を持って「投入が期待できる」とカーメディアに語ったところにはじまっているようです。 なお、フィリピンではアルファードなどミニバン需要が高く、メルセデス・ベンツのミニバンも高い人気を誇っているようで、レクサスブランドのミニバンがあれば、そのマーケットを囲い込めるとレクサス・マニラは考えている模様。 具体的にはアルファードやヴェルファイアをレクサス向けにアレンジして発売、ということをイメージしているようですね。

#レクサス #ミニ

2018-10-12 16:00 68
Life in the FAST LANEのニュースまとめ
詳しく記事を読む