自動車ニュース

スターテックがマセラティ「レヴァンテ」を極悪カスタム。ブラックをメインにレッドのアクセントがポイント

2017-10-12 19:20 閲覧数:337 スターテックがマセラティ「レヴァンテ」を極悪カスタム。ブラックをメインにレッドのアクセントがポイント

ドイツ・ボトロップに拠点を置き、ジャガーやランドーローバーをメインに手掛けるチューナーのスターテックが、マセラティ「レヴァンテ」を極悪カスタム。 スターテックは、今年開催されたフランクフルトモーターショー2017にて、数多くのカスタム式高級SUVを披露。その中でも一番の注目を受けたのがベントレー「ベンテイガ」とのことですが、今回スターテックは「ベンテイガ」よりも更に激しいモデルとしてマセラティ「レヴァンテ」をチョイスしたとのこと。 このカスタムされた「レヴァンテ」にて大きなインパクトを与えているのはフロントエンドで、追加のカーボンファイバ製フロントバンパーはもちろんのこと、全体的にブラックカラーで統一させることで全体を引き締め、ダースベーダ風の極悪且つ迫力ある一台となっています。 リヤデザインは全体的にシンプルまとめられていますが、カーボンファイバ製リヤディフューザーを装着し、両サイドツインだしマフラはマットブラックに追加塗装することで、全体の引き締め感を強化。 足回りについては、専用のスポーツサスペンションを装着することで若干ローダウンし、更には21インチのレッドのアクセントを加えたモノスターMホイールを装着することで、ブラックとのメリハリとアクセントを加えていますね(加えてブレーキキャリパカバーもレッド)。 Reference:autoevolution

元の記事を読む  Creative Trendのニュースまとめ

#マセラティ #レヴァンテ #セラ

関連する自動車・バイクニュース 関連ニュース

新着の自動車・バイクニュース 新着ニュース

良く読まれている自動車・バイク記事 良く読まれている車・バイクニュース

SNSフォローお願いします!

GooAutoのFacebookページ Facebook

GooAutoのTwitterページ Twitter