自動車・バイクニュース

ポルシェネタ|伝統のル・マン24時間レース2017、ポルシェが辛くも総合優勝を獲得

2017-06-19 139 MOTOR CARS

ポルシェネタ|伝統のル・マン24時間レース2017、ポルシェが辛くも総合優勝を獲得

WEC世界耐久選手権、第3戦ル・マン24時間(開催地:フランス、サルト・サーキット、開催期間:6月15~18日)の決勝レースが、現地時間6月17日(土曜日)から18日に掛けて開催された。

さらに見る(外部サイトへ移動)
ポルシェ

おすすめの自動車・バイクニュース

独・ポルシェの第3世代カイエン、各国テストを経て8/29のワールドプレミアへ

2017-08-22 81 MOTOR CARS 独・ポルシェの第3世代カイエン、各国テストを経て8/29のワールドプレミアへ 写真・画像

独・ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト 社長:オリバー・ブルーメ)のカイエンは2002年の登場以来、76万台の販売台数を突破した。
そして同社によると今回、第3世代を担う新型カイエンが一連の厳しい試験を終え、リリースに向けてのスターティングブロックに着いたと云う。

ポルシェ カイエン プレミア
続きを見る

ポルシェ・パナメーラ ターボS E-ハイブリッド(4WD/8AT)【海外試乗記】

2017-08-22 52 WebCG ポルシェ・パナメーラ ターボS E-ハイブリッド(4WD/8AT)【海外試乗記】 写真・画像

「ポルシェ・パナメーラ」のトップグレード「ターボS E-ハイブリッド」に試乗。
プラグインハイブリッドシステムは燃費性能のみならず、サルーンとしての快適性やポルシェ車としてのスポーツ性能も大きく進化させていた。
カナダ・バンクーバー島からのリポート。

ポルシェ ターボ パナメーラ
続きを見る

新型BMW M5発表。4WD+600馬力、しかも軽量化。0-100キロ加速はポルシェ911GT3と同じタイム

2017-08-22 402 Life in the FAST LANE 新型BMW M5発表。4WD+600馬力、しかも軽量化。0-100キロ加速はポルシェ911GT3と同じタイム 写真・画像

エンジンは4.4リッターMツインパワー・ターボ。
出力は600馬力(ライバルのメルセデスAMG E63 4MATIC+の612馬力よりはちょっと控えめ)、トランスミッションは8速AT(マニュアル・トランスミッションの設定はない)。
BMWは8速DCTを持たないので「トルコン式」だと思われますが、BMWは8はかねてより「マニュアルよりも、DCTよりもトルコン式のほうが優れる」としており、今後この傾向は拡大しそうですね。


BMW ポルシェ
続きを見る

ポルシェ、網組みカーボン製ホイール発表…自動車メーカーで世界初

2017-08-22 63 乗り物速報 ポルシェ、網組みカーボン製ホイール発表…自動車メーカーで世界初 写真・画像

ポルシェは8月18日、自動車メーカーとしては世界初となるブレイデッドカーボンファイバー製の軽量ホイールを発表した。
CFRP(カーボンファイバー強化プラスチック)製のホイールは、基本的に2つのコンポーネントで構成。
ホイールセンターはカーボンファイバーファブリック製で、生産時には200以上のコンポーネントを切り出し、組み立てる作業が行われる。

ポルシェ タイヤ 輸入車 ドイツ車
続きを見る

新型ポルシェ・カイエン発表が秒読みに。オフィシャルでプロトタイプ画像/動画が公開

2017-08-22 94 Life in the FAST LANE 新型ポルシェ・カイエン発表が秒読みに。オフィシャルでプロトタイプ画像/動画が公開 写真・画像

ポルシェは新型カイエンをフランクフルト・モーターショーにて発表し、プレビューとして8/29にはオンラインで発表があると言われますが、今回オフィシャルにてテスト風景を画像/動画にて公開。
ドバイの砂漠、灼熱のデスヴァレー、極寒のアラスカでテストする様子が見られ、見るからに過酷なテストを行ってきたことがわかります。

ポルシェ カイエン
続きを見る

ポルシェ カイエン 新型、プロトタイプ車両を公開

2017-08-22 99 乗り物速報 ポルシェ カイエン 新型、プロトタイプ車両を公開 写真・画像

新型カイエンは3世代目モデル。
歴代モデルは、ポルシェならではの運動性能とプレミアム性を備えたSUVとして、成功を収めてきた。
2002年に登場した初代モデル以来、世界累計販売台数は76万台を超えている。
新型カイエンのプロトタイプは、外気温がマイナス45度からプラス50度という世界各地の過酷な気候条件の下で、開発テストを実施。
ポルシェによると、開発車両の累計走行距離は、およそ440万kmに達するという。

ポルシェ カイエン 輸入車 ドイツ車 新型車 モデルチェンジ
続きを見る

ポルシェが毎年発表する「見る角度によって色の変わる」ペイント。なんとオプション価格(塗装だけ)1050万円だった件

2017-08-22 75 Life in the FAST LANE ポルシェが毎年発表する「見る角度によって色の変わる」ペイント。なんとオプション価格(塗装だけ)1050万円だった件 写真・画像

マクラーレンP1でもこういったカラー(純正カスタム)が見られたものの、ポルシェの場合驚くべきはその価格で、なんと「ペイントだけで」1050万円ほど。
ブガッティ・シロンやランボルギーニ・チェンテナリオの「エクスポーズド・カーボン(カーボン柄が見える)外装」のオプション価格が2500万円くらいの設定で「非常に高価」と話題になりましたが、それらは実際

ポルシェ
続きを見る

【技術】ポルシェ、網組みカーボン製ホイール発表…自動車メーカーで世界初

2017-08-22 94 くるまにあ速報 【技術】ポルシェ、網組みカーボン製ホイール発表…自動車メーカーで世界初 写真・画像

1: 2017/08/22(火) 06:14:44.55 ID:CAP_USER92017.8.22 Tue 2:00 ポルシェは8月18日、自動車メーカーとしては世界初となるブレイデッドカーボンファイバー製の軽量ホイールを発表した。
CFRP(カーボンファイバー強化プラスチック)製のホイールは、基本的に

ポルシェ ホイール カーボン
続きを見る

ポルシェの知られざる15の事実。「ポルシェは1899年に最初の電気自動車をすでに作っていた」ほか

2017-08-23 408 Life in the FAST LANE ポルシェの知られざる15の事実。「ポルシェは1899年に最初の電気自動車をすでに作っていた」ほか 写真・画像

ポルシェは比較的波乱の道を歩んできた会社ではありますが、現在はフォルクスワーゲン・アウディグループに吸収されています。
もともとポルシェはフォルクスワーゲンと関わりが深く、そしてフォルクスワーゲンを買収しようとして失敗し「逆に」フォルクスワーゲンに買収されてしまったという逆転劇も記憶に残るところ。
さて、ここでその「知られざる15の事実」を見てみましょう。


ポルシェ
続きを見る

超箱型ボディ!ポルシェ911と互角の速さのEVトラックに世界が大注目!

2017-08-21 32 CarMe 超箱型ボディ!ポルシェ911と互角の速さのEVトラックに世界が大注目! 写真・画像

2017年7月27日にあるEVが発表されました。
その最高出力は360hp、0-60マイル加速はポルシェ911カレラと互角の4.5秒!どんなスポーツカーかと思いきや、レトロチックな箱型トラックということで、世界中から注目が集まっています。

ポルシェ
続きを見る

ポルシェ 新型 カイエン フルモデルチェンジ 3代目 新しいMLB Evoプラットフォームを採用し約200kg減量 2017年内発売する!!

2017-08-23 69 最新自動車情報 ポルシェ 新型 カイエン フルモデルチェンジ 3代目 新しいMLB Evoプラットフォームを採用し約200kg減量  2017年内発売する!! 写真・画像

ポルシェは3代目となる新型カイエンのフルモデルチェンジを行い2017年内に発売する。
2017年8月29日に世界初公開される。
3代目となる新型カイエンはマイナス45℃からプラス50℃まで世界各地の極端な条件下で試験を実施。
プロトタイプとプリプロダクションモデルは計約440万kmの試験で、ポルシェが設定した最高品質の要件を満たすことを証明した。
Weltweiter Härtetest für den neuen Cayenne from Porsche AG on Vimeo.ポル...


ポルシェ カイエン
続きを見る

ポルシェ 新型 カイエン フルモデルチェンジ 3代目 新しいMLB Evoプラットフォームを採用し約200kg減量 2017年内発売する

2017-08-24 365 自動車最新情報 ポルシェ 新型 カイエン フルモデルチェンジ 3代目 新しいMLB Evoプラットフォームを採用し約200kg減量 2017年内発売する 写真・画像

ポルシェは3代目となる新型カイエンのフルモデルチェンジを行い2017年内に発売する。
2017年8月29日に世界初公開される。
3代目となる新型カイエンはマイナス45℃からプラス50℃まで世界各地の極端な条件下で試験を実施。
プロトタイプとプリプ


ポルシェ カイエン
続きを見る

谷口信輝の新車試乗――ポルシェ・パナメーラ ターボ(前編)

2017-08-24 94 WebCG 谷口信輝の新車試乗――ポルシェ・パナメーラ ターボ(前編) 写真・画像

SUPER GTで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「ポルシェ・パナメーラ ターボ」に試乗する。
550psの4リッターV8ツインターボエンジンを積み、4WDと4WSを備えるスーパーサルーンを、谷口はどう評価する?

ポルシェ ターボ パナメーラ
続きを見る

自動車メーカーで世界初!ポルシェが網組みカーボン製ホイール発表

2017-08-24 64 Spyder7 自動車メーカーで世界初!ポルシェが網組みカーボン製ホイール発表 写真・画像

ポルシェは8月18日、自動車メーカーとしては世界初となるブレイデッドカーボンファイバー製の軽量ホイールを発表した。

ポルシェ
続きを見る

良くある質問

#ポルシェに関する質問
中古のポルシェは年収どれくらいで買うことができますか?将来は一級建築士をとり、大手に就職することです!大雑把な質問で申し訳ないです メリットと、デメリット教えてください

回答がこちら
10年以上前までですが、ボクスターに乗っていました。
ヤフーの中古車情報を見たら、2001年モデルが本体69.9万円、乗出89.9万円というのがありました。
これくらいの自動車ですと、 年収はそんなに高くなくても購入する人はいると思います。
水冷ポルシェは、きちんとメンテされていれば、 そんなに壊れやすい車ではありませんから、中古のポルシェの 年式が古いもので、いい程度のものをキチンと探すことをオススメします。
ポルシェからポルシェに乗り換える人もいるので、 ポルシェの正規ディーラーに、メンテされていればどんなに古くても良いので ボクスターを探していると伝えれば、条件に合うものが出てくるかもしれません。
メリットとデメリットですが、 私が乗っていたのは、1997年式のボクスターでした。
エンジンをミッドシップに搭載し、その当時のモデルでも、 本当に運転が楽しいクルマでした。
メリットは、トランクが前後についていることで、旅行のトランクや、 剣道の防具、小さめのゴルフバッグなど、積んでドライブができる、日常の使い勝手も優れた点がメリットでした。
デメリットは、メンテの費用がそれなりにかかること。
ブレーキもタイヤも、オイルも、消耗品の交換だけでも、かなりの金額です。
オイルは、8リットル前後だったと思います。
タイヤも結構高いので、安価な輸入タイヤの「ナンカンタイヤ」などをつけていた時期もあります。
(公道を常識的な速度で走る分にはナンカンでも十分でした) 97年式など古いモデルになると、幌の窓が樹脂でできていて、オープンにする度に折れ目がついたり、寒い日にオープンにする時に変な曲がり方をして樹脂の窓が割れて裂けてしまったり、というデメリットがありましたが、ガラス窓の年式を選べば問題は解消されています。
(樹脂の窓でも「プレクサス」という樹脂保護用のスプレーと、オープンにする際に途中で止めて水平チョップをすることでリスクはかなり回避出来ましたが、面倒なのでデメリットです) 燃費も人によってはデメリットかもしれません。
乗り方次第ですが、街乗りで8km/リットル、前後でした。
ガソリンはハイオク指定で高かったです。
とはいえ、ポルシェの中では、コスト面では維持しやすい方だと思います。
今はカイエンGTSに乗っていますが、ボクスターの方が、 よりポルシェらしさが色濃く、いろいろなデメリットはあるかもしれないですが、 一度所有しておいて損はない、そんな素敵なクルマだと、 手放して何年も経った今でも、強くそう思います。
結婚して、子どもができたら、 なかなか2シーターは維持出来ませんので、 若いうちに、ぜひ! とにかく、運転が楽しいクルマなので、 一度、ディーラーに試乗に行くと良いと思います。
時速20kmで、はじめの交差点を普通に曲がるだけでも、 すごい快感があります。
クルマ全体が、くるりと、自分を中心に向きを変えてくれるような、 そんな、不思議な快感。
私も安物タイヤを履かせたりと、四苦八苦しながら 維持しましたが、本当に、本当に、ボクスターは素敵なクルマですよ。
一級建築士、大手への就職、そのモチベーションになるといいですね。
また、思い描いた進路でなくても、ボクスターのある人生を進む、 というのも、素敵なことだと思います。
長文になってしまいましたが。
オススメです。
ちなみに、画像は、私が昔乗っていたボクスターです。


#ポルシェに関する質問
ポルシェ ケイマン918 のリセールについて 中古 ポルシェケイマン981ノーマル 年式2014 白 走行2万キロ 右ハンドル PDK オプションPASM スポーツテールパイプ を600万で買ったとして3年後走行3.5万キロで売却したらいくらくらいで売れると思いますか? 皆さんのだいたいの予想が知りたいです。

回答がこちら
ざっくり半値+α しかし最近ケイマンの中古価格上がったね。
私が987の2.7MT3年落ち2.2万キロ買ったときは 総額450万円だった。
5年乗って4万キロ210万円で売れました。


#ポルシェに関する質問
ポルシェ純正アロイホイルで14インチ5.5jってありますか?

回答がこちら
なかなか出回ってないので、入手は困難ですが 14×5.5Jといったサイズは存在します。


#ポルシェに関する質問
1962年のポルシェ356を買いました。
フロントのウインカーが白、リアのウインカーが赤いですが車検通るのでしょうか?アメリカ中古平行で初度登録は昭和63年です。

回答がこちら
過去に車検が通っているのでしたら大丈夫でしょう もし安全面で気になるなら、前後とも欧州仕様のオレンジが入ったものに変えるのも一つの手段です 356でしたらリプロやレプリカ部品などもいっぱいあります


#ポルシェに関する質問
MT-09トレーサーとポルシェ911 どちらが速いですか?

回答がこちら
加速はMT-09で最高速は911です。


#ポルシェに関する質問
ポルシェのフラグシップはなんですか? 911なのかパナメーラなのかどちらでしょうか?

回答がこちら
ポルシェは小型スポーツのカテゴリーを貫く特殊なメーカーです。
メーカー史的に昨日今日ラインナップされたパナメーラが フラグシップにはなりえません。
リセールの際の値落ち具合にもはっきりと表れてます。


#ポルシェに関する質問
ポルシェはどうしてフラット8を作らなかったのですか? RRと同じ理由でしょうか?

回答がこちら
仮にフラット8を作ったとして、それをどこに搭載するかです。
フロントは無理です。
横幅の広い水平対向エンジンを搭載すればフロントサスペンションが無茶苦茶な設計になってしまいます。
ポルシェの水平対向エンジンは、かなり凝った構造なのでスバルのものより、幅広です) また、リアにも無理です。
後ろが重たくなりすぎです。
唯一の可能性はミッドシップです。
しかし、V8の方が水平対向エンジンと同等に低重心であり、かつ高性能です。
あと、自動車用の水平対向エンジンはクランクアームの強度を高く取れないために構造的に高出力に向きません。
かつてのスバルやポルシェの水平対向エンジンも、だから、実は180度のv12です。


#ポルシェに関する質問
ゴルフのブレーキダストはなぜリアの方が多いのか? VW/ゴルフ5GTIに乗っていて、ずっと気になっていることがあります。
ゴルフってブレーキダストが国産に比べたら多いですよね? それはいいのですが、どうも、フロントよりもリアの方がボディにたくさんのブレーキダストが付着しているのですね。
もちろんゴルフはFFですから、前が重いし(たぶん)、ブレーキ時にはフロント荷重になるので、前の方がブレーキパッドの減りが多くなるはず…。
なのに、ブレーキダストは後ろの方が多い。
謎です。
ちなみに、ポルシェ (RR)、BMW(FR)とゴルフを所有している友人に尋ねると、ポルシェもBMWもブレーキダストは前が多く、ゴルフは後ろが多いそうです。
ハッチバックだから後ろが重いのか?とも考えましたら、トゥーラン乗りに聞くと、前の方が多いそうです。
どなたか、理由をご存知でしたら教えていただけないでしょうか?

回答がこちら
同じゴルフ5GTIに乗っています。
前後とも社外のパットに変えていますがやはりリヤのダストが多めですね。
この車はドライバーのブレーキング以外にもリアブレーキを使って ロールの制御を行っているためリアのダストが多いのかと思います。
個人的にはリアの巻き込む動きが欲しいので ダスト量よりロール制御の介入をなくしたいですね。


#ポルシェに関する質問
ポルシェ911GT3のRS、それも2015年のジュネーブモーターショーでデビューし、2015年の3月から日本でも受注が始まったモデルについての質問です。
※一応記載しておくと全車PDKのみの設定で後輪 駆動、自然吸気のモデルですね。
1、この年式のモデルを識別するのには何と呼べばいいのでしょうか? 前期型? 2015年モデル? 2、このモデルの後継機は今年2017年に出るとか言われているものがそうでしょうか? つまりこの質問2の意図は、現在のモデルは2015年からいつ頃までのものを指すのかを知りたいのです。
3、このモデルの白のカラーリングの正式名称はキャララホワイトメタリックでいいのでしょうか? 4、PDKというシステムがいまいちよく解りません。
ツインクラッチらしいのですが、ステアリングのどこをどう操作したらシフトチェンジ出来るのでしょうか? またセンターコンソールにAT車のようなシフトレバーがあるのですが、それとの兼ね合いはどうなっているのでしょう? 5、ドアの開閉はストラップと聞きましたが、あのオレンジ色のヒモを引っ張る事でドアの開け閉めを行うのでしょうか? ちなみに窓はパワーウィンドウで開けられるのでしょうか? 項目が多くて申し訳ありませんがご存じの方、宜しくお願いします。

回答がこちら
コードネームは991型で、その前期型と一般的には呼ばれます。
ポルシェは毎年小変更が加わりますので、●●年モデルというのはモデルイヤーという細かな仕様の違いをいう場合に使われます。
このモデルの後継モデルは991型の後期型で、3月のジュネーブショーで発表になっています。
今月から予約開始になったばかりで、最初の納車は数ヶ月後になると思いますが、それまでの3.8リッターのエンジンを搭載したモデルまでが前期型になるでしょう。
あなたがご覧になったGT3がどれなのか分からないので色は答えようがないですが、キャララホワイトはメタリックではありません。
PDKは一般的なAT車と全く同じで、センターコンソールにあるATセレクターでも操作出来ますし、コラムにあるいわゆるパドルというものでも操作出来ます。
開閉の時にストラップを使用するのではなく、ドアを開けるときにストラップを引きますが、閉めるときに引いてしまうと閉まりません。
閉めるときは他のモデルと同じようにドアハンドルを引きます。
ドアウィンドウはパワーウィンドウですのでスイッチ操作です。


#ポルシェに関する質問
フォルクスワーゲンのビートルについての質問です。
1番かっこいいビートルはどれですか? 私はポルシェ356Aに憧れがありましてそれに似たものであればより嬉しいです。
そして、その車の新車価格と中古価格を教えていただきたいです よろしくお願いいたします

回答がこちら
インターメカニカのくるまは、だめですか? http://www.intermeccanica.co.jp/im_index.html


スポンサードリンク

中古車情報