自動車・バイクニュース

ランボルギーニアヴェンタドールNews【ランボルギーニ】純正でも素晴らしい!アヴェンタドールSの加速サウンド!

2017-06-18 473 Vehicle Mania

ランボルギーニアヴェンタドールNews【ランボルギーニ】純正でも素晴らしい!アヴェンタドールSの加速サウンド!

TTサーキットにて目撃されたアヴェンタドールSの加速サウンド。

純正マフラーながら荒々しいサウンドを披露した。

純正でも素晴らしい!アヴェンタドールSの加速サウンド!         当サイトでも紹介したオランダTTサーキットのスーパーカーが大集合したイベントより、参加した車の中から1台にスポットをあてた動画が続々と紹介されている。

  [...]


さらに見る(外部サイトへ移動)
ランボルギーニ アヴェンタドール

おすすめの自動車・バイクニュース

ランボルギーニ「ウルス」のプラグインハイブリッド版は1年半以内に発売。エンジンはV8ツインターボがベースに

2018-04-26 65 Creative Trend ランボルギーニ「ウルス」のプラグインハイブリッド版は1年半以内に発売。エンジンはV8ツインターボがベースに 写真・画像

ランボルギーニの最新SUVモデルで主力製品にもなっている「ウルス」ですが、早くもこのモデルのプラグインハイブリッド(PHV)モデルが登場予定となっています。
ランボルギーニの最高技術責任者であるMaurizio Reggiani氏によると、PHVモデルの「ウルス」は今後1年半(18か月)以内に登場予定となっているとのことで、パワートレインとしては、現在の100%ガソリンエンジンモ

ランボルギーニ ターボ ツイン
続きを見る

目標は年間50台販売。南アフリカでもランボルギーニ正規ディーラオープンへ

2018-04-25 85 Creative Trend 目標は年間50台販売。南アフリカでもランボルギーニ正規ディーラオープンへ 写真・画像

ランボルギーニの年間販売台数が密かに増加している南アフリカにおいて、ポルシェSA(South Africa)CEOを務めるToby Venter氏がLSMディストリビューターの販売ブランドにランボルギーニ・ブランドを追加することがわかりました。
南アフリカでは、ランボルギーニの正規ディーラが存在せず、販売代理店としてインペリアル・グループから購入する必要がありましたが、この度

ランボルギーニ
続きを見る

ブランパンGT、ランボルギーニ陣営の批判を受けBoP変更理由を説明

2018-04-25 114 AUTO SPORT web ブランパンGT、ランボルギーニ陣営の批判を受けBoP変更理由を説明 写真・画像

 ブランパンGTシリーズを運営するSROモータースポーツグループは4月25日に声明を発表。
4月20~22日に行われたブランパンGTシリーズ・エンデュランスカップ第1戦モンツァでランボルギーニ・ウラカンGT3に追加のBoP(性能調整)を施した...

ランボルギーニ
続きを見る

何これヤバイ。「ラ・フェラーリ」やランボルギーニ「チェンテナリオ」等の次世代コンセプトキーがカッコ過ぎた件【動画有】

2018-04-23 102 Creative Trend 何これヤバイ。「ラ・フェラーリ」やランボルギーニ「チェンテナリオ」等の次世代コンセプトキーがカッコ過ぎた件【動画有】 写真・画像

フェラーリモデルで唯一ハイブリッドパワートレインを搭載する「ラ・フェラーリ」専用の次世代コンセプトキーが公開され、その使用例の動画が公開されています。
このコンセプトキーは、タッチパチネルにてエンジンスタートが行えるとのことで、その前に車両のID番号等を登録することで、その車両をターゲットにエンジンスタートを行えるという代物。
実際に使

フェラーリ ランボルギーニ
続きを見る

【試乗車?】オランダにて、早くランボルギーニ「ウラカン・ペルフォルマンテ・スパイダー」が目撃に

2018-04-23 11 Creative Trend 【試乗車?】オランダにて、早くランボルギーニ「ウラカン・ペルフォルマンテ・スパイダー」が目撃に 写真・画像

オランダにて、ランボルギーニのハイパフォーマンスオープンモデル「ウラカン・ペルフォルマンテ・スパイダー」が早くも目撃されています。
ボディには一切偽装やカモフラージュが施されていないことから、開発車両でないことは確かだと思うのですが、もしかするとディーラの試乗車なのかもしれません(正式なデリバリーは今夏)。
ボディカラーはパール系ホワイ

ランボルギーニ ウラカン スパイダー
続きを見る

1971年のミウラSVがモチーフ。ワンオフのランボルギーニ・アヴェンタドールSVが公開

2018-04-23 28 Life in the FAST LANE 1971年のミウラSVがモチーフ。ワンオフのランボルギーニ・アヴェンタドールSVが公開 写真・画像

通常のアヴェンタドールSVであればマット仕上げのカーボンファイバーとなる部分、サテンブラック仕上げとなるパーツもボディカラー同色にペイントされていて、かなり特別感のある仕上がりに。
インテリアについてはさらに特別感が高く(詳細の画像がないのが残念)、シート、センターコンソール、ダッシュボード、ルーフ内張りなどが(もちろんミウラをイメー

ランボルギーニ アヴェンタドール
続きを見る

ランボルギーニ・ムルシエラゴをデザインした現ヒュンダイのデザイナー「金太郎飴はつまらない」

2018-04-22 49 Life in the FAST LANE ランボルギーニ・ムルシエラゴをデザインした現ヒュンダイのデザイナー「金太郎飴はつまらない」 写真・画像

ヒュンダイは「金太郎飴戦略はとらない」と明言。
これはヒュンダイのデザイン部門責任者、ルク・ドンカーヴォルケ氏がメディアに語ったもので、「年末か年始に登場する一連の新型車はそれぞれ独立したキャラクターを持っている」とのこと。
ただ、ヒュンダイについて事情が異なるのは、ヒュンダイの主なマーケットは「韓国」で、すでに韓国では当然のことなが

ランボルギーニ ムルシエラゴ ヒュンダイ
続きを見る

ランボルギーニのプラグインハイブリッドモデルが2020年代初頭に登場へ。15年~20年先には水素燃料技術も?!

2018-04-21 74 Creative Trend ランボルギーニのプラグインハイブリッドモデルが2020年代初頭に登場へ。15年~20年先には水素燃料技術も?! 写真・画像

ランボルギーニの最終ハードコアモデル「アヴェンタドールSVJ」の開発車両がピックアップされていますが、次期ハイブリッドモデルについても新たな情報がキャッチされています。
ランボルギーニとトップギアとのやり取りにて、ランボルギーニCEOであるステファノ・ドメニカリ氏が「アヴェンタドール」と「ウラカン」の置換えモデルの検討が進む中、更にプラグイ

ランボルギーニ
続きを見る

【納屋じゃないぞ!】岡山にて、埃・砂まみれのワイスピ仕様「スカイライン」、トヨタ「スープラ」、ランボルギーニ「カウンタック」が放置?

2018-04-21 33 Creative Trend 【納屋じゃないぞ!】岡山にて、埃・砂まみれのワイスピ仕様「スカイライン」、トヨタ「スープラ」、ランボルギーニ「カウンタック」が放置? 写真・画像

岡山県倉敷市の中古車販売店「GOOD MOTORS(グッドモータース)」さんにて、何とも希少な輸入車・国産車が埃・砂まみれにて展示(放置?)されている模様。
パッとみた感じでは、ワイスピ仕様にカスタムされた日産「スカイラインGT-R R34」のC-WESフルボディキットのデモカーや、逆輸入されたと思われるトヨタ「スープラ TRD3000GT」のフルボディキット装着モデル、更にはイエ

トヨタ スカイライン ランボルギーニ スープラ
続きを見る

まさかのロールケージ装着!ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJの内装が激写される

2018-04-21 82 Life in the FAST LANE まさかのロールケージ装着!ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJの内装が激写される 写真・画像

先日に引き続き、ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ(イオタ=Jota)のテストカーが目撃。
異なるタイプのカモフラージュが施された二台が見られますが、おそらくこれらは異なるパッケージでテストしているものと思われ、その差を把握しやすくするためにカモフラージュ用シートのカラーを変えているのでは、と考えています。
目撃されたのはどこかの駐車場で

ランボルギーニ アヴェンタドール
続きを見る

イタリアンフェスティバル「アモーレミオ」…道端アンジェリカも登場、ランボルギーニ・ジャパンがプラチナスポンサー 4月21-22日

2018-04-20 50 レスポンス イタリアンフェスティバル「アモーレミオ」…道端アンジェリカも登場、ランボルギーニ・ジャパンがプラチナスポンサー 4月21-22日 写真・画像

ランボルギーニ ウラカンペルフォルマンテ(左)とアヴェンタドールSロードスター(右)在日イタリア商工会議所が主催する日本最大級のイタリアンフェスティバル『イタリア・アモーレ・ミオ2018』が、4月21日から22日にかけて天王洲アイル/キャナ...

ランボルギーニ フェスティバ
続きを見る

まさかのロールケージ?!ランボルギーニ「アヴェンタドールSVJ」の内装を遂にキャッチ。

2018-04-19 9 Creative Trend まさかのロールケージ?!ランボルギーニ「アヴェンタドールSVJ」の内装を遂にキャッチ。 写真・画像

これまで幾度となくキャッチされてきたランボルギーニの最終限定モデル「アヴェンタドールSVJ(スーパーヴェローチェ・イオタ)」ですが、今回初となるインテリアが遂にキャッチされました。
間近での確認ではありませんが、センターコンソールの下部が大きくカモフラージュされていて、助手席側のダッシュボードの下からはたくさんのワイヤーが露出し、はっきり

ランボルギーニ アヴェンタドール
続きを見る