豊田章男とは?

豊田章男とは

豊田章男

豊田 章男(とよだ あきお、1956年5月3日 - )は、日本の実業家、経営者、レーシングドライバー。学位はMBA(バブソン大学・1982年)。トヨタ自動車株式会社代表取締役社長兼執行役員社長(第11代)、日本自動車工業会会長、東和不動産株式会社取締役会長。トヨタアルバルク東京株式会社代表取締役会長。

学校法人トヨタ東京整備学園理事長(第5代)、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会副会長、ニュー・ユナイテッド・モーター・マニュファクチャリング副社長、日本自動車工業会会長。また一人の車好きとして『モリゾウ』を名乗り、モータースポーツやマスメディアに登場することでも知られる。

豊田章一郎、博子の長男として愛知県名古屋市に生まれる。母博子は三井財閥一族の伊皿子家八代目、元三井銀行取締役三井高長の三女。

愛知教育大学附属名古屋中学校、慶應義塾高等学校を経て、慶應義塾大学法学部法律学科卒業。バブソン大学経営大学院修了(MBA)。

在学中にはアメリカ合衆国ハワイ州へ渡り、アメリカ合衆国大統領を輩出するを学んだ。慶應義塾大学法学部法律学科在学中にはホッケー部に在籍し、ホッケー男子日本代表にも選出されたが、モスクワオリンピックは日本のボイコットにより出場はならなかった。

大学卒業後は渡米。語学を目的としていたが、バブソン大学(マサチューセッツ州)のビジネススクールに入学し、1982年に経営学修士(MBA)を取得した。この頃の豊田はゴルフに夢中になっていた。

MBAを取得したのち、アメリカ合衆国の投資銀行()にて勤務した。しかし自分が豊田家の人間であるという周囲の目から悩みが増していき、上司の「同じ苦労をするなら、トヨタのため苦労したらどうなんだ?」という言葉に豊田の姓を受け入れることを決意。1984年金融機関を辞し、トヨタ自動車に入社した。トヨタ自動車への転職を決意した章男に対し、父である章一郎は「(章男を)部下に持ちたいと思う人間は今のトヨタにはいない」と戒めたうえで、特別扱いはしないと言い渡した。その為、章男はトヨタ自動車に対して履歴書を提出し、章一郎は社員としての入社を認めた。

入社後は、生産管理や国内営業などを担当した。係長から平社員への降格人事も経験したものの、販売部門への「カイゼン」活動の横展開などを通じ、販売部門の改革を主導した。1998年には、自動車関連の情報を総合的に提供するウェブサイト「GAZOO.com」を立ち上げた。その後、アメリカ合衆国カリフォルニア州にて、ゼネラルモーターズとの合弁企業「NUMMI」の副社長を務めた。

2000年に同社取締役、2002年に常務取締役、2003年に専務取締役、2005年に副社長に就任した。役員に就任以降は「GAZOO」や「G-BOOK」など情報事業、中国事業で第一汽車や広州汽車との合弁会社で社長や副社長、世界戦略として推進した「トヨタIMVプロジェクト」統括、調達部門、などで力量を発揮し、国内営業の担当役員に就任以降は自ら各地の自動車ディーラーへ飛び込み営業して各店で頭を下げて回るなど積極的に営業している。

2009年1月20日にトヨタ自動車は、豊田章男の社長昇格を含めた人事を発表し、記者会見で章男は「自動車業界が二十一世紀も必要とされるのか、今が瀬戸際」と危機感を表明し、人事案は6月の株主総会で承認される予定と発表した。人事は6月23日の株主総会で承認され、1982年の工販合併で現在のトヨタ自動車が誕生して以降で最も若く52歳で章男が社長に就任した。創業家である豊田家系の社長就任は、1995年8月に退任した豊田達郎以来14年ぶりである。

章男が社長に就任した当時は、2008年にリーマンショックで71年ぶりの連結営業赤字転落、2010年に世界規模でリコール問題(トヨタバッシング)、2010年はトヨタのマスターテストドライバーの成瀬弘が事故死、2011年は3月に東日本大震災と7月にタイ洪水被害による操業一時停止、歴史的な円高などでトヨタは危機的状況であった。章男は「原点回帰」を図り、渡辺社長までの急激な拡大路線を止めて緊急VA(価値分析)により原材料費削減や、トヨタF1チームやNUMMI撤退により経営を縮小。また経営幹部の人数を減らして意志決定を迅速化し、世界各地の消費者需要を詳細に把握して地域事情に適合した車種を投入することを決めた。一方で「もっといいクルマづくり」を謳い、モータースポーツの地域選手権には留まった他、2010年にレクサス・LFAを経営収支が赤字ながら発売した。

2012年は再び業績が向上し、2013年度はトヨタグループの世界販売台数が初めて1,000万台を超え、2014年3月期の決算で6年ぶりに最高益となり業績をV字回復させた。

2013年から、レクサスインターナショナル、第1トヨタ、第2トヨタ、ユニットセンターの4つの事業ユニットを各副社長とともに分担する新体制を開始し、章男はレクサスインターナショナルを担当する。

2015年には走りの質感を向上させた新プラットフォームのTNGAの採用を開始し、第一弾として4代目プリウスを投入した。

2018年にはモビリティサービスの分野で孫正義率いるソフトバンクと提携。時価総額日本1位と2位の企業の提携は世間を驚かせた。

自身の最高傑作を問われたチャールズ・チャップリンが「ネクスト・ワン(次の作品だよ)」と答えた話に因み、「ネクスト・ワン」を座右の銘とする。社長就任に際しては「現場に一番近い社長でありたい」との抱負を語り「『現地現物』で一つずつ問題を解決したい」との目標を掲げている。上野健彦・神奈川トヨタ自動車会長は「章男氏は現場をよく知り、言葉が通じやすい」、米国留学時代からの知り合いであるスパークス・グループの阿部修平社長は「人に上下の区別をつけない」と評している。

アメリカから帰国した後の2002年、社員の開発ドライバーの成瀬弘から「運転のことも分からない人に、クルマのことをああだこうだと言われたくない。」「このトヨタには、俺らみたいに命をかけてクルマをつくっている人間がいる。そのことを忘れないでほしい」と言われて車作りへの意識を改め、「自動車会社の一員として、評価の仕方を教えてほしい」と成瀬に頭を下げて指導を求めた。成瀬はトヨタグループの開発ドライバー数百名の中で頂点に立つマスターテストドライバー(「トップガン」)として知られ、1000分の1Gの違いを感じ取るセンスの持ち主であり、豊田は急ブレーキなどの訓練だけで2年をかけるなど成瀬の薫陶を受けた。

また成瀬に指導を受けている間、レクサス・LFAの開発にも初期(2003年)から関与。機会を見つけてはニュルブルクリンクでテストドライブをし続けた。86の開発責任者である多田哲哉は豊田を「テストドライバーとしては相当なレベル」と賞賛している。

現在もマスタードライバーとしてレクサス車の乗り味をチェックしている。また、自身のみならず社員にも積極的にステアリングを握らせており、社員100名以上に様々な道を体験させるために2014年から『五大陸制覇プロジェクト』を開始している。豊田も同行しグラベルを中心にドライブしており、その様子はGAZOO Racingの公式HPやYouTubeの「AKIO's Drive」で見ることができる。

若い頃は1600GT(RT55型)でスポーツドライビングを楽しみ、カーレースにも興味を持っていた。成瀬からドライブを教わる中で豊田自身も国際C級ライセンスを取得した。

豊田が副社長であった2007年、「もっといいクルマづくり」のために社員有志のアマチュアチーム「Team GAZOO」を自ら組織し、ニュルブルクリンク24時間レースに参戦した。当時は社内の反応も冷ややかで予算もなく、既に生産終了していた中古のアルテッツァを探し出し、改造して参戦した。ドライバーの8人中6人は自分を含め社員であった。本名では差し障りがあるため、愛知万博のマスコットキャラクターとして人気だった「モリゾーとキッコロ」にちなんで「MORIZO(モリゾウ)」というドライバーズネームを名乗るようになった。2010年に成瀬が事故死した後も、モータースポーツを「もっといいクルマづくり」「クルマファンづくり」の根幹に据え、その活動意義を積極的に発信している。

その後社長に就任してからもニュルに参戦・完走しており、2014年にはクラス優勝を果たしている。2016年は参戦のアナウンスは無かったが、予選1開始直前に豊田が現れ、練習なしでレクサス・RCに搭乗するサプライズがあった。夜の雨という最悪のコンディションであったが、無事に2周のアタックを完遂した。2011年にはニュル24の主催者であるADACから、モータースポーツの発展に貢献したとしてアストンマーチンCEOのウルリッヒ・ベッツとともに『モータースポーツ功労賞』を授与された。

2012年にニュル24時間に参戦できなかった時、全日本ラリー選手権王者の勝田範彦と足立さやかに声を掛けられたことがきっかけでラリーにものめりこむようになる。同年からTRDラリーチャレンジなどの国内ラリーにも参戦し始め、以降頻繁にラリーイベントに顔を出す様になった。2013年にTRDラリーチャレンジのクラスタイトル(豊田曰く皆勤賞)を獲得している。2014年からWRC王者トミ・マキネンから指導を受け始めるとドリフトも上達し、300馬力超えのWRカーでも華麗なドリフトを披露できるようになった。2016年には報道ステーションでテレビ朝日アナウンサーの板倉朋希を助手席に乗せて全開アタック、2017年にはTOYOTA GAZOO RacingのCMキャラクターである佐藤健をスバル インプレッサ WRX STIに乗せてドリフト走行を実演した。現在も時間を見つけてはラリーチャレンジや新城ラリーに参戦を続けている。またドライバー目線でトヨタのワークスマシンについて意見を言うこともある。

その他には2013年にデイトナ・インターナショナル・スピードウェイでNASCARスプリントカップ仕様のカムリを、2018年にはサハラ砂漠でダカール・ラリー仕様のランドクルーザーをテストドライブしたことがある

息子の大輔もドライバーを志しており、2018年のスーパー耐久にデビューしている。同年最終戦では豊田も大輔と同じチームにサプライズエントリーし、親子でのレース参戦が実現した。

なお豊田自身は、「私はレーシングドライバーではなく、あくまで車の味付けが分かるマスターテストドライバーである」と語っている。

豊田は営業・販売など非技術系の分野を手がけることが多かったが、技術畑にも関心が強い。前述の開発時の試乗テストに限らず、カーデザインについても熱心に取り組んでおり、モーターショーの際にはカーデザイナーとともにブースを巡って研鑽を積むのが恒例となっている。モーターショーでのデザインの勉強について、豊田は「東京モーターショーも、『クルマの味づくり』に向けたトレーニングの大切な場所」だと述べている。

トヨタ・86のデザインには豊田もデザイン部グループ長の古川高保から相談を受けながら進めており、フロントフェンダーの86マークとグリルのTメッシュは豊田に「ウンチクがない。こだわりと遊び心が無い」と言われたことがきっかけで作られた。

一方で50系プリウスを「格好悪い」と評しているものの、開発陣の自主性や議論の活発化を重視して自らは手を加えなかった。

自身もホッケーやゴルフに熱中したスポーツマンであるため、モータースポーツ以外のスポーツ振興にも積極的で、トヨタが事実上の親会社となっているJリーグ所属の名古屋グランパスの運営会社「株式会社名古屋グランパスエイト」の取締役を2010年7月より務めている。多忙の中でスタジアムに度々足を運んでおり、名古屋がJ1初優勝を決めた試合にもかけつけている。2015年にはグランパスの代表取締役会長に就任した。

またバスケットボールのBリーグでもプロ化の方針に理解を示し、エントリー名をトヨタ自動車からアルバルク東京へと変えさせた。

還暦を過ぎた現在もレース以外のスポーツにも積極的であり、トヨタ自動車所属の宇野昌磨の弟が高校のホッケー選手であることを知ると、かつての仲間たちと共に親善試合を行ったことがある。

一男一女

クリックで世界最大の辞書データベース「wikipedia」に記載されている「 豊田章男」の最新情報が見れます。


タグ  豊田章男

豊田章男の新着ニュースまとめ

「豊田章男」に関するニュースまとめ。記事から最新の情報がたくさんわかります。

豊田章男に関するよくある質問

ユーザーが疑問に感じている「 豊田章男」に関する質問集です。

豊田章男の知りたいことや、みんなが疑問に思っている 豊田章男に対する質問がたくさんあります。詳しい人からの回答もたくさん集まっているので 豊田章男への疑問が解消されます

GoAuto公式Twitter

安心と信頼のフォロワー8万人以上!
毎日車・バイク動画を投稿!
月間1000万のアクセス数!
車、バイク好きが集まる!
広告Tweet一切なし!

最新のレース情報や車・バイク好きの感性が上がる動画を毎日配信中です。ぜひフォローして応援してください。

新車情報、モータースポーツ、イベント情報など車・バイクで知りたいことがあれば、こちらから検索してみてください。