トヨタ、ハイパーカー時代初レースを8号車が制す「一筋縄ではいかない戦いだった」と中嶋一貴/WECスパ

 ル・マン・ハイパーカー(LMH)規定がトップカテゴリーに採用された2021年シーズンのWEC世界耐久選手権が5月1日、スパ・フランコルシャン・サーキットでの第1戦スパ6時間レースで開幕し、同規定下に新設されたハイパーカークラスに参戦するTOYOTAGAZOORacingは8号車トヨタGR010ハイブリッド(セバスチャン・ブエミ/中嶋一貴/ブレンドン・ハートレー組)が初レースで優勝をするとともに、ポールポジションからスタートした僚友7号車トヨタGR010ハイブリッド(マイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ-マリア・ロペス組)も3位となり、デビューレースでワン・スリー・フィニッシュを果たした。

気になるニュースの詳細はこちら👇
詳しく記事の内容を見る

2021-05-02 11:35 131
AUTO SPORT webのニュースまとめ

ストーリー動画で見る