【F1第2戦無線レビュー(1)】「マシンの感触がよくない」スタートの攻防で接触、首位の座を失ったハミルトン

 2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGPは、ウエットコンディションからドライコンディションへと変化する難しい状況でのレースとなった。路面が濡れている区間とほとんど乾いている区間が混在していたため、スタート前からアクシンデントが相次いだ。各チームともトラブルやタイヤ選択などに苦労していたが、そんな各ドライバーらのやり取りを無線で振り返る。

気になるニュースの詳細はこちら👇
詳しく記事の内容を見る

F1第3戦ポルトガルGP(ポルティモア)の関連記事まとめ

2021-04-23 07:45 150
AUTO SPORT webのニュースまとめ

ストーリー動画で見る

F1
#レビュー