【角田裕毅F1第2戦密着】赤旗後のスピンで入賞逃す。走り出しは「無理せず慎重に、集中力を維持したい」と重要性を痛感

 レースを終えて、ジャーナリストたちが待つ『メディア・ペン』の取材エリアにやってきた角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)は、木曜日までの笑顔はまったくなかった。それは、次のような第一声からもわかる。

気になるニュースの詳細はこちら👇
詳しく記事の内容を見る

2021-04-19 12:47 129
AUTO SPORT webのニュースまとめ

ストーリー動画で見る

F1