25歳のふたりが見せた名バトル。心を打った坪井翔の諦めない姿勢「『2位を守ろう』と言われてスイッチが入った」

 スーパーGT第1戦岡山で優勝した14号車ENEOSXPRIMEGRSupraを1秒差のギリギリまで追い詰めた36号車auTOM’SGRスープラ。後半スティントでENEOS山下健太と約30周に渡ってバトルを繰り広げ、2位表彰台を獲得することになったau坪井翔がレースを振り返る。

気になるニュースの詳細はこちら👇
詳しく記事の内容を見る

2021-04-13 15:40 120
AUTO SPORT webのニュースまとめ

ストーリー動画で見る