【角田裕毅を海外F1ライターが斬る】デビュー編:インパクト十分だが、大幅順位アップは当然の成り行き。もっと上を目指せた

 2021年に7年ぶりに日本人F1ドライバーが登場した。アルファタウリ・ホンダからF1にデビューした角田裕毅だ。極めて高い評価を受け、大きな期待を担う角田を、海外の関係者はどう見ているのか。今は引退の身だが、モータースポーツ界で長年を過ごし、チームオーナーやコメンテーターを務めた経験もあるというエディ・エディントン(仮名)が、豊富な経験をもとに、忌憚のない意見をぶつける。

気になるニュースの詳細はこちら👇
詳しく記事の内容を見る

F1第2戦エミリア・ロマーニャGP(イモラ)の関連記事まとめ

2021-04-11 07:35 156
AUTO SPORT webのニュースまとめ

ストーリー動画で見る

F1