MotoGP第2戦ドーハGP:ルーキーのマルティンがポール獲得。2列目までをドゥカティとヤマハが占める

 MotoGP第2戦ドーハGPの予選がロサイル・インターナショナル・サーキットで行われ、ホルヘ・マルティン(プラマック・レーシング)がポールポジションを獲得した。ルーキーのマルティンは、第2戦にしてMotoGPクラスで初めてポールシッターとなった。中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)はQ1で6番手となり、16番手から決勝レースを迎える。  フリー走行3回目は強風と砂ぼこりにより路面状況が悪く、このためセッション中盤を過ぎてもピットにとどまったり、または数周走っただけでピットに戻ったライダーもいた。  タイムを確認すると、中盤にトップに立ったジョアン・ミル(チーム・スズキ・エクスター)が1分56秒450。前日のフリー走行2回目のタイムと比べても2秒以上の開きがあり、タイムの更新が難しい状況であることがうかがえる。  最終的にこのセッションをトップで終えたのはファビオ・クアルタラロ(

気になるニュースの詳細はこちら👇
詳しく記事の内容を見る

2021-04-04 03:15 117
AUTO SPORT webのニュースまとめ

ストーリー動画で見る

MotoGP